[ページ移動][投稿]

旧魔王軍

[152] ジルフィード 2019年2月16日 12:34

そうか。では問題はなさそうだな…

(こちらは淫紋の効果が出てきたか確認したかっただけなので他のことについては興味を示すことすらせず、また相手を犯そうと服を脱ぎ始め)

[151] リリアンヌ 2019年2月15日 22:23

っ…
………身体が、痛い…

(威圧的な声に腹を立てながらも支配下の小娘として怒りを殺し、身体が痛むことと空腹を感じてきたこと、あと風呂に入りたいとボソボソ呟いて)

[150] ジルフィード 2019年2月15日 22:06

聞かれたことに答えろ…

(無言で目をそらす相手に少し威圧的な口調で同じ質問をして)

[149] リリアンヌ 2019年2月15日 21:00

………

(憎たらしい笑みに内心腹わたが煮え繰りかえりながらも表情には出さず、今は耐えろと自分に言い聞かせながら目を逸らして)

[148] ジルフィード 2019年2月15日 20:58

おはよう。体調はどうかな?

(こちらを見る相手に憎たらしい笑みを浮かべながら体調に変化はないかと尋ね)

[147] リリアンヌ 2019年2月15日 20:42

〜っ!

(突然剣が引き抜かれると思わず飛び起き、反射的に睨みそうになるのを咄嗟に抑えながら相手を見上げて)

[146] ジルフィード 2019年2月15日 20:33

お寝坊さんだなぁ…ほらっ!

(今度は相手が寝ていても御構い無しに力ずくで剣を引き抜いて)

[145] リリアンヌ 2019年2月14日 14:34

っ…

(地下の牢屋には朝も夜もなく、時間の感覚が無いのと散々犯されて疲れ果てたせいで未だに剣を咥え込んだまま眠っていて)

[144] ジルフィード 2019年2月14日 14:02

(翌朝、いつものように牢屋を訪れて相手は起きているだろうかと中を覗いて)

[143] リリアンヌ 2019年2月14日 13:57

(またもや剣を挿入されると流石に反応するが、今までで一番疲れ果てたのかそのまま泥のように眠ってしまい)

[142] ジルフィード 2019年2月14日 11:31

完成が楽しみだな…

(呪術師が淫紋を描き終えれば肉棒を引き抜き、また剣の柄を栓代わりに挿入して立ち去り)

[141] リリアンヌ 2019年2月13日 20:33

(全身ドロドロになりながらぐったりとしていて、身体に淫紋が刻まれていってもぴくりとも反応せず)

[140] ジルフィード 2019年2月13日 16:52

ククク…おい、始めろ

(相手が気絶すれば肉棒を引き抜いてから仰向けにさせ、部下の呪術師を呼べば相手の下腹部に淫紋を描かせて)

[139] リリアンヌ 2019年2月13日 13:19

おっ…ほおぉぉぉぉ!!

(躊躇なくぶちまけられる熱い精に全身を跳ねさせながら潮を噴き出して、強烈な快楽を味わい絶頂しながら気絶してしまって)

[138] ジルフィード 2019年2月13日 12:52

おおぉっ…!

(そのまま絶頂を迎えると溢れんばかりの勢いと量の精液を放っていき)

[137] リリアンヌ 2019年2月13日 12:47

おッおほッおぉんッ…!!

(涙と涎と汗と潮で全身をぐちゃぐちゃにしながらただ快楽を貪り続け、最早相手の声など聴こえておらずに肉棒を締め付けて精を搾り取ろうとするだけで)

[136] ジルフィード 2019年2月13日 11:30

うおおぉおぉっ!このまま出すぞっ!

(時折弱点を外しつつ凄まじい勢いで突いていき、絶頂が近い事も告げて)

[135] リリアンヌ 2019年2月12日 12:45

んぉっ!おッおおぉっ!

(一番感じる弱点を的確に突き上げられるとまた潮を噴き出しながら絶頂し、もう何も考えられずにただただ獣の交尾のように下品な声を上げながら腰を振りまくって)

[134] ジルフィード 2019年2月12日 09:30

ククッ、いいだろう…そらぁ!

(プライドも何もないような相手のねだり方に笑みをこぼし、今度は的確に弱点へ肉棒を叩きつけ)

[133] リリアンヌ 2019年2月11日 22:41

っ…

(ぼんやりとした脳に相手の声が響き、これは相手を油断させるためなんだ、仕方ないんだと自分に言い聞かせるように言い訳を重ねて口を開き)

ち…ちんぽで、めちゃくちゃにっ…きもちよく、してくださぃぃ…!

[132] ジルフィード 2019年2月11日 13:44

ならその思いをしっかり言葉にして聞かせろ…今の貴様にふさわしい言い方でな…

(頷いても相手の要望には応えず、快楽と引き換えに誇りを寄越せと言いたげに要求し)

[131] リリアンヌ 2019年2月11日 09:30

ぁ…ぁっ…

(頭の芯まで痺れる快楽が欲しくて腰をくねらせながら相手の言葉を理解するとこくこくと頷いて)

[130] ジルフィード 2019年2月10日 23:21

欲しいのか…?リリアンヌ…

(腰をくねらせる相手に刺激が欲しいかと尋ねながらここで初めて名前を呼んで)

[129] リリアンヌ 2019年2月10日 22:18

あっ、あぁ…やぁぁ…

(いやらしく腰をくねらせながら刺激が欲しくてねだるような吐息を吐き、真っ白になった頭でもっと欲しいと欲望だけが浮かんで)

[128] ジルフィード 2019年2月10日 21:54

ククク…

(少しずつ腰の動きを緩めていき、ついにこちらは動かずにいれば一人で腰を動かす相手を見て笑みをこぼし)

[127] リリアンヌ 2019年2月10日 13:52

ん、んぅ…!

(急に弱くなった快楽に我慢出来ずつい自ら腰を振ってしまうが、先程とは比較にならないもので困惑してしまい)

[126] ジルフィード 2019年2月10日 12:38

っ、フフ…

(相手が自ら腰を動かしたのを見逃さず、途端に弱点以外を弱く突いていき)

[125] リリアンヌ 2019年2月10日 08:17

あへっおおんっ!おッ…おぉぉッ!!

(最早殺意も屈辱も考えられず獣のような声を上げながら潮を噴いて絶頂を繰り返すだけで。舌と涎を垂らしながら肉棒を締め付け、微かに自らも腰を振ってしまって)

[124] ジルフィード 2019年2月10日 01:19

フッハッハッハッ!いい声を出すじゃないか!ほら、もっとやれ!

(相手の下品な喘ぎ声に興奮し、弱点を執拗に攻め立てながらもっと喘げと促し)

[123] リリアンヌ 2019年2月9日 20:02

〜っ!!お、おぉんっ!あへぇぇっ…!

(肉棒が一点を擦り上げる度に目の前に火花が飛び頭が真っ白になるようで。快楽から逃げようとしても体制的に逃げられず、ただただ情けない声をあげ肉棒をキツく締め付けるだけで)

[122] ジルフィード 2019年2月9日 19:51

んっ、今のは…そういう事だなっ?

(相手が今まで以上の反応を見せれば先ほど擦った箇所を探るように腰を動かしていき)

[121] リリアンヌ 2019年2月9日 16:52

お、おぉんっ…?!や、〜っ!!

(激しく肉のぶつかる音と共に激しさを増す快楽に必死に耐えようとするが、ざらりとした膣内のある部分を擦られると大きく跳ね今までより深く絶頂してしまい)

[120] ジルフィード 2019年2月9日 16:32

おぉ、少しは気が効くじゃないか…!

(相手の体勢の変化を自ら行ったと勝手に決めつけたような発言し、腰を掴んで腰と手の両方の力を使って突いていき)

[119] リリアンヌ 2019年2月9日 13:52

はひっ…んひぃぃ!

(悔しくて惨めで堪らなくなりながらも襲いくる快楽から逃げられず、いつのまにか秘部を捧げるように腰を高く上げて床にすがりつく体制になっていて。突き上げと同時に胸が揺れ、情けない姿で鳴き続け)

[118] ジルフィード 2019年2月9日 13:43

フンッ、まるで犬だな!

(四つん這いの状態で喘ぐ相手を犬のようだと揶揄し、腰の動きはどんどん速くなっていって)

[117] リリアンヌ 2019年2月9日 13:21

あぅっ、あ、あぁ!あぁぁ!

(冷たく固い床にすがりつきながら激しいピストンに必死に耐えようとするが、突き上げられる度に声を上げてしまって)

[116] ジルフィード 2019年2月9日 13:14

ハッハッハッ!随分とスムーズだな!

(柄で膣が広がってしまったのか肉棒を動かすスピードが前回より上がっていて)

[115] リリアンヌ 2019年2月9日 12:20

ーっ!!

(ようやく剣が引き抜かれるとホッと息を吐いた途端、またしても奥深くまで突き上げられて目を見開き声にならない悲鳴をあげて)

[114] ジルフィード 2019年2月9日 11:44

よーし…では早速…

(剣を引き抜けばその辺に放り投げ、ぽっかり空いた秘部に己の肉棒を声もかけずにいきなり挿入し)

[113] リリアンヌ 2019年2月9日 11:32

んひぃぃ!

(配慮もなくただ引き抜かれるとびくびくと跳ねながら思わず声が出てしまい、嫌でも締め付けてしまい)

[112] ジルフィード 2019年2月9日 11:05

いいだろう…ふんっ!

(征服感に満ちたような気持ちになればニヤリと笑みを浮かべ、剣刃に触れないように刀身を掴めば力強く引き抜いていき)

[111] リリアンヌ 2019年2月9日 10:58

ぐっ…!
剣を…抜いて、くださいっ…

(痛みと屈辱を必死に耐え、弱々しいただの小娘として震えながら懇願して)

[110] ジルフィード 2019年2月9日 10:51

聞こえんなぁ…

(相手の頭に手を置いて床に押し付けながらしっかりと復唱しろと促して)

[109] リリアンヌ 2019年2月9日 07:06

ぅ…!

(急な大声にびくりと跳ね、涙目になりながらも必死に考え。この状況では相手の言う通りにした方がマシな事、支配下に落ちた弱い存在であると見せかけて魔王派の救出を待つのが一番賢いと結論を出し。望む結果を引き出すには屈辱に耐えるしかないと心の奥底へ殺意を隠していって)

ー…剣、を…ぬいて、くださぃ…

[108] ジルフィード 2019年2月8日 23:21

分かったらとっとと…床に頭を擦り付けながら俺に許しを乞え!

(涙を浮かべる相手に追い打ちをかけるように声を張り上げて)

[107] リリアンヌ 2019年2月8日 19:49

ぅ…!

(痛みに顔を歪めて呻き、勇者に倒されてしまった父のことを思い浮かべると涙が浮かんできて。生きていたければ性奴隷しかないのかと相手の言葉が脳の奥に響くようで)

[106] ジルフィード 2019年2月8日 19:06

分からないか…?魔王が勇者に負けた時点で、貴様に選択肢は無かったんだよ

(相手の目の前にしゃがめば髪を掴んでこちらを向かせ、相手に今の生活以外に生きる道はないと宣言し)

[105] リリアンヌ 2019年2月8日 18:32

っ…なんなんだ…なんで、こんな事…

(どちらも嫌で仕方なくて、裸で地下牢に閉じ込められて犯され続けるなんてもう嫌だと思わず泣きそうになり)

[104] ジルフィード 2019年2月8日 18:18

これ以上待たせるなら…今日はそのまま犬のように過ごすんだな…

(迷う相手を急かすように抜かないのならば今日一日剣を咥え込んだまま過ごさせると告げて)

[103] リリアンヌ 2019年2月8日 13:45

〜っ…!!

(ギリギリと音が聞こえるほどに強く歯を食いしばって。剣を深く咥え込まされて起き上がる事も出来ず首輪のせいで逆らえず完全に詰んでいるがそれでも思い通りになんてなりたくないと必死に考え)

[102] ジルフィード 2019年2月8日 13:41

なんだ?剣に犯される方がマシなんだろ?

(相手が腰を引けば足を止め、相手に再び選択を迫り)

[101] リリアンヌ 2019年2月8日 13:31

ーッ!や、やめっ…!!

(肉棒と違う無機質な固さに急に最奥を突かれると痛みが走り、咄嗟に腰を引いて逃げようとして)

[100] ジルフィード 2019年2月8日 13:27

フン!ならお望み通りにしてやるよ!

(相手の言うように剣に犯させようと剣を踏んだ足を前後に動かして柄で子宮を突いていき)

[99] リリアンヌ 2019年2月8日 13:15

く…
貴様に好き放題されるくらいなら、この方がマシだ!

(どちらも嫌に決まっているが、それでも裏切り者に犯されるよりは剣の方がマシだと叫んで。相手が居なくなってから抜き取り首輪を切ってやると考え)

[98] ジルフィード 2019年2月8日 13:05

ククク…どうした?ずっとこのままでいるつもりか?

(二つの思いの中で葛藤しているであろう相手を見て笑みを浮かべながら抜かずに過ごすつもりかと問いかけ)

[97] リリアンヌ 2019年2月8日 13:03

っ…!

(悔しさに歯を食いしばりながら相手を睨みあげ、剣を抜きたいのと犯されたくないのとで動きが止まってしまい)

[96] ジルフィード 2019年2月8日 12:37

せっかく注いだモノが溢れていたからな…まぁ、またすぐに注いでやるよ

(剣を踏みつけたまま抜けたら再び犯すと予告して)

[95] リリアンヌ 2019年2月8日 03:16

っ…!貴様が、したんだろうが…!

(大事な剣を踏まれて罵倒の言葉が出かけるが今はそれどころではないと自分に言い聞かせながら睨みあげ、震えながらも何とか声を抑えて腰を引いていき)

[94] ジルフィード 2019年2月8日 03:13

ほら、押さえててやるから早く抜け

(歩み寄ると剣の刃の部分を足で踏み、相手に抜くように促して)

[93] リリアンヌ 2019年2月8日 02:19

ーッ!

(憎たらしい笑みにぎりりと歯を食いしばり、どこまでコケにするつもりかと苛立ちながらも身動きが取れず不機嫌オーラ全開で睨みつけるだけで)

[92] ジルフィード 2019年2月8日 01:58

おはよう。ふふ、早速楽しんでいるようだな

(いつもより早く相手の元を訪れれば剣を抜こうと四苦八苦している相手に笑みを浮かべながら告げて)

[91] リリアンヌ 2019年2月7日 22:42

くっ…!ん、んぅっ…!

(刃の部分を慎重に持って抜こうとするが膣内を刺激する度に声が漏れて上手くいかず。早くしないとまたジルフィードや部下が来てしまうと焦りながら必死に抜こうと続け)

[90] ジルフィード 2019年2月7日 22:24

(柄は根元まで咥え込まれていて、そこそこの太さだったので抜こうとしてもなかなか抜けずに膣内を刺激して)

[89] リリアンヌ 2019年2月7日 19:02

ーっ…
な…?!
(散々嬲られ疲れ果てたせいかそのまま眠りこけ、ふと目を覚ましたのはだいぶ経ってからで。全身の痛みで眉を寄せながら違和感を感じれば剣を見つけ慌てて抜こうとして)

[88] ジルフィード 2019年2月7日 17:51

フッ、これはこれで面白いな。では失礼する…

(愛剣を秘部に咥え込んだ相手の姿を見ながら笑みを浮かべ、そのまま相手を放置して部屋を去って行き)

[87] リリアンヌ 2019年2月7日 17:47

んっ…

(ぴくりと反応するがあまりにも激しかったために意識が戻らず、剣を咥え込んだままぐったりと横たわり)

[86] ジルフィード 2019年2月7日 17:42

栓をしなくてはな…ふむ、これでいいか

(精液が漏れ出すのを抑えようと相手が愛用していた剣を持ってくれば柄の部分を秘部に挿入して)

[85] リリアンヌ 2019年2月7日 17:39

っ…

(ぐったりとしながらされるがままで、内腿をどろどろと白濁と潮が混じったものが伝い落ち)

[84] ジルフィード 2019年2月7日 17:21

っ、はぁぁ…おや、眠ったか…

(射精を終えれば大きく息を吐いて恍惚の表情を浮かべ、相手が気を失っている事に気づくと宙吊り状態から降ろしてやり)

[83] リリアンヌ 2019年2月7日 14:24

ぉ…ぉぉ、ん…

(子宮がいっぱいになっても止まらない射精に下腹部が少し膨れ上がり、白濁の熱を感じながらついに意識を飛ばしてしまって)

[82] ジルフィード 2019年2月7日 13:57

ふ、ぐ…んん…っ

(相手の潮を受けながら射精の勢いは収まらず、子宮を余すことなく満たしていき)

[81] リリアンヌ 2019年2月7日 13:47

ー!!

(子宮までも貫かれそうな勢いと、子宮へと直接注ぎ込まれる白濁の勢いに大きく背を仰け反らせながら潮を勢いよく噴き出して。何度も身体を跳ねさせながら激しい絶頂を迎えてしまって)

[80] ジルフィード 2019年2月7日 13:45

んんっ…!

(最後に思い切り突き上げると子宮内に容赦なく精液を流し込んでいき)

[79] リリアンヌ 2019年2月7日 13:34

〜っ!!

(今までも激しかったのに更に激しさを増す動きに声も出せず、頭が真っ白になるのを感じながらおかしくなると恐怖を覚え首を横に振って)

[78] ジルフィード 2019年2月7日 12:54

さぁ、また種付けをしてやろう…!

(次第に絶頂が近づいてくればそのことを予告し、ラストスパートをかけていき)

[77] リリアンヌ 2019年2月7日 12:35

んひぃぃ!やぁぁん!

(生理的な涙が止まらず絶え間ない快楽に涎を垂らしながらも掌に血を滲ませて殺意を保っていて。それでもあまりの激しさに情け無い声が止まらず、身動きの取れない状態でできるのは男のされるがままに絶頂しながら肉棒を締め付ける事だけで)

[76] ジルフィード 2019年2月7日 11:59

クククッ、そうだ…それで良い!

(恐らく相手の胸中は煮えたぎっている事だろうと思えば笑みが抑えきれず、子宮口を突破しそうな程に強く突き上げて)

[75] リリアンヌ 2019年2月6日 16:51

ひっひは…!
きもちぃ…あ、あんっ!おかされ、るのっ…あぁんっきもちぃぃ!

(肉のぶつかる乾いた音といやらしい水音に耳まで犯されているような気分になり、相手の要求に誰がそんな事言うものかと思っても服従の首輪からは逃げられず言葉を発してしまいまた絶頂を繰り返して)

[74] ジルフィード 2019年2月6日 16:45

言ってみろ!気持ちいいと!犯されるのが快感だと!

(相手の口から屈辱的な言葉を吐かせようと突き上げの勢いは増して、牢の中にいやらしい水音が響き渡って)

[73] リリアンヌ 2019年2月6日 16:32

あぁっ、ん!んぁっ、あ、やぁぁ!

(煽られて悔しいのに嫌なのに、媚薬の効いた身体は犯される事を悦んでしまい肉棒から性を搾り取ろうと絡みついて。それでも心までは思い通りになりたくないと、絶頂を繰り返しながらも掌に血が滲むほど爪を立てて必死に耐えていて)

[72] ジルフィード 2019年2月6日 16:22

ほらっ、ほらっ!気持ちいいんだろう?裏切り者に無理やり犯されて!

(さらに相手を煽りながら子宮を呼び覚ますように下から突き上げていき)

[71] リリアンヌ 2019年2月6日 09:42

ひぃんっ!あ、あぐっ、ふざけ…んぁぁっ!!

(煽る相手の言葉に涙目で睨みつけようとするが、薬の効果でずっと疼いていたためか勢いよく突き上げを繰り返されると堪らず声を上げながら肉棒を締め付けてしまい。耐えようとしても膣内をいっぱいに押し広げながら何度も擦り上げられると快感が身体中を支配していきどうしようもなくて)

[70] ジルフィード 2019年2月6日 09:37

ククッ、相変わらずいい具合だ…こっちの方が性に合ってるんじゃないか?

(程よいキツさに心地よい熱を持った膣内に突き上げの勢いも良く、これなら姫より売女の方がお似合いではないかと相手を煽り)

[69] リリアンヌ 2019年2月6日 08:37

や、やめろっ!いやっ…やぁぁぁ!!

(両手を縛られて宙吊りの姿勢に加え脚を抱えられれば身動き一つ取れず、投与された媚薬のせいで最奥まで熱くトロトロになっている膣内を一気に貫かれるとそれだけで達してしまって)

[68] ジルフィード 2019年2月6日 08:27

せいぜいほざけ…ふんっ!

(裏切り者呼ばわりされても鼻で笑い飛ばすだけで、服を脱いで裸になれば相手の両足を脇に挟む形で抱えれば下から突き上げるように肉棒を挿入して)

[67] リリアンヌ 2019年2月5日 18:00

っ…離せ、この裏切り者…!

(処女を奪われた上にこれ以上好き放題されてたまるかとギシギシと腕の拘束を解こうとするが、縛られた手首が赤くなり白い裸体が虚しく揺れるだけで)

[66] ジルフィード 2019年2月5日 17:33

おっと…フン、まだ反抗する力が残っていたとはな…なら今日はこのまま犯してやろう

(宙吊り状態で放たれた蹴りはいとも簡単に目で追うことが出来て、肘で防げばその代償として宙吊りのまま犯すと告げて)

[65] リリアンヌ 2019年2月5日 13:57

〜っ…触るなぁっ…!

(秘部の割れ目に触れられただけで滴る愛液が相手の指を濡らし、それでも残る理性で相手を睨みつけると腹に力を込めて脚を振り上げ相手を蹴ろうとし)

[64] ジルフィード 2019年2月5日 13:37

ほら、我慢しなくていいんだぞ…?

(片手で乳首を攻めながらもう片方の手を秘部に移し、入口をなぞるように指を動かしていき)

[63] リリアンヌ 2019年2月5日 12:03

ふっ、く…!

(コリコリに硬くなっている乳首を刺激されると堪らず熱い吐息が漏れ、それでも好きにされてたまるかと身を捩りながらきつく睨みつけて)

[62] ジルフィード 2019年2月5日 11:27

無駄な努力を…

(声を抑えようとする相手に失笑しつつ今度は両手で乳首を中心に攻めていき)

[61] リリアンヌ 2019年2月5日 07:14

っ…!

(刺激されない時間でなんとか心を落ち着かせ薬のせいで残る身体の熱を考えないようにしていたのに、おもむろに胸を掴まれるだけであの快楽を身体が求め出し愛液が内腿を伝っていって。ふるふると小さく震えながらも声は出さないように唇を噛み締めて)

[60] ジルフィード 2019年2月5日 02:48

まだ薬は残ってるかな?

(相手の体を舐め回すように見ながら反応を確かめるためおもむろに胸を掴み)

[59] リリアンヌ 2019年2月4日 23:06

………

(一糸纏わぬ姿で宙吊りに拘束されてあちこち痛むし羞恥と屈辱でどうにかなりそうだが、眉一つ動かさずに相手をジッと睨みつけ)

[58] ジルフィード 2019年2月4日 23:01

よう、元気にしてたか?

(翌日の深夜、前触れもなく戻ってきては飄々とした態度で声をかけて)

[57] リリアンヌ 2019年2月4日 20:35

(屈辱的ではあるが服従の首輪の効果に対抗する術が今のところ無く、必ず殺してやると思いながらも耐えていて)

[56] ジルフィード 2019年2月4日 20:24

(その後は丸一日相手を放置し、部下が食事を食べさせる以外は何もなく)

[55] リリアンヌ 2019年2月4日 19:40

っ…ぅ、ぅぅ…

(両腕を縛られて吊るし上げられると股間から白濁が流れ落ち、惨めさと痛みと強すぎる媚薬がまだ残っているのか微かな疼きとで耐えられなかった涙を流しながら小さな呻き声を上げて)

[54] ジルフィード 2019年2月4日 18:43

ふぅ…さて、俺は忙しいんだ。貴様ばかりに構っているわけにもいかん…大人しくしてろよ?

(この後は人間の王達と会議をしなくてはならないので相手が暴れないように天井から吊るされた鎖に相手の両手首を繋いで宙吊りにしてから部屋を後にし)

[53] リリアンヌ 2019年2月4日 18:16

ぁ…ぉっ…

(ずるりと引き抜かれる感触にすら感じてしまい、脚をM字に開いたまま潮と愛液と白濁の混じったものをドロドロと溢れさせて激しい絶頂の余韻で痙攣を繰り返し)

[52] ジルフィード 2019年2月4日 18:00

くっ、ぅ…おぉ…

(一滴残らず子宮へ注ぎ込もうと腰をピッタリと押し付け、射精を終えればゆっくりと腰を引いて肉棒を引き抜き)