[ページ移動][投稿]

BL(創作提供)Dete/ctive Con/an (降谷零募集) 

[18] 2019年3月7日 19:14

あげ

[17] 2019年3月3日 15:24

あげ

[16] 2019年2月27日 12:02

再募集します

[14] 名無し 2019年2月23日 05:54

火曜日から水曜日に切り替わる時間までお待ちしていますが、それでも来られなかった場合無断放置と判断させて頂き、個室削除及び再募集させていただきますのでご了承下さい。
放置せざるを得ないなんらかの理由があるのでしたら、あと何日位これないと告げていただけると幸いです

[13] 名無し 2019年2月18日 21:25

>>12
大丈夫ですよ!
遅くなっちゃいましたが、招待しましたので移動お願いしますね!

[12] 安室 2019年2月18日 00:03

>>11


はは、有難うございます。僕の為に頑張ってくれるのは純粋に嬉しいですね。



それなら安心です。理解出来てない所があるのに無理に進めても楽しめないですから。あぁ、合ってました?良かったです。そんなに煽ててもなにも出ませんよ?



そうですね、個室へ移動、というきっかけがあった方が僕から“俺”へ変わりやすいですし、個室へ移動で大丈夫ですか?

[11] 名無し 2019年2月17日 08:03

こちらこそ声を掛けて頂いたのですから…それなりに頑張らせて貰いますよ!

2ですね、了解しました。では口調は一応2の俺に交代ってことで。
質問などはしてくれた方が嬉しいので、全然構いませんよ。
そういう感じで問題ありません。というか、まんま…というか、ね?
全く…安室さんの理解力には頭が上がりませんね。

あ、詳しい話は個室でどうでしょうか?
勿論この場所でも構いませんが、安室さんの希望に合わせます!

[10] 安室 2019年2月17日 00:16

>>9

こんばんは、検討した上で受け入れてくれて有難う御座います。寛容な対応に頭が上がりませんね?
勿論、平日の貴方の睡眠時間を奪ってまで相手をしろ、なんて言いませんが。そうやって割り切って頂けると僕の方としても助かります。では改めて、これから宜しくお願いします。



設定の方は2の方でお願いします。ただ質問ばからりで申し訳ないんですが、1箇所少し理解の及ばない点があったので聞いても大丈夫ですか?カモフラージュのために互いの立場を逆転……というようなのを書いていた、と思うんですが、それは役職的に貴方が“降谷零”より上の立場、だという理解で大丈夫ですか、ね?

[9] 名無し 2019年2月16日 01:07

おっと…安室さんこんばんわ…。人物は違えど元を辿れば一人の人間なんで、問題ありませんよ。では俺も伽羅口調で行かせて貰う事にするな。
今の所相性の不安は覚えていないからこのまま話を進行させて貰うぞ。
そういうこともあるだろうなとは思ってたからそんな深くは考えて無かったんだけど、俺は日勤だから深夜は寝てる可能性が高いと思う。勿論休みの前の日はこうして起きているんだけども平日はそうもいかなくってな。
これは互いの生活の為しょうがないことだし、割り切っていけるから…まあつまりはお相手お願いしますってことでいいですかね?勿論安室さんがよければ、だけども。

あと①と②どっちの設定をご希望か言ってくれたら嬉しいかな。

[8] 安室 2019年2月16日 00:04

こんばんは、キャラの姿を借りての声掛け失礼しますね。一応“降谷”ではなくて僕の姿で来たので大目に見てくれると嬉しいんですけどね。


本題を言いますと、参加希望です。幾つか質問はあるんですが取り敢えず此方の質問に答えてから僕を受け入れるか受け入れないか、考えてくれると有難いです。勿論、雰囲気的に合わないと思うのなら即刻断って下さって結構です。


それで質問なんですが、条件は粗方大丈夫なんですけど1つだけ、お伺いしたいんですが日に2度3度の返信、と書いてあったのですが、えぇ、まあそれは出来ることには出来ますけれど僕の仕事柄主に来れるのが深夜になってしまうと思います。それこそ貴方の生活リズムに合うかすら分からないので質問を、と。…すいません、もっと簡潔にしたかったのに長々と。この質問を踏まえた上で検討、お願いしますね。

[7] 名無し 2019年2月15日 15:03

あげ

[6] 名無し 2019年2月14日 22:08

あげ

[5] 2019年2月13日 19:06

あげ

[4] 名無し 2019年2月12日 05:06

2の設定


佐伯 黒真(コクマ) 殺し屋。((仮)警備企画課)
結城 幸哉 (ユウキ) 大学院生。
コードネーム ライラ。

色素の薄い茶髪に紫の目で顔つきは年相応。
常になんでか白のワイシャツに緑のズボンで裾を足首より上まで折っている。両耳に青色のピアス。
常に無表情でありながらも降谷に接する時は表情が和らぐ。無口だと思われるが結構喋る。
設定上大学院生だが全然通っていないし、あまり家からでないひきこもりである。
降谷と同居しているうちに彼のためになら死ねると思えた故に心を開いている。降谷のそばから離れない。
小さい頃両親に育児放棄をされたところを義父に保護され、養子として迎い入れてもらった。
唯一降谷の弱点である赤井が嫌いである。(嫉妬とも言う)
家族構成は、義父のみ。
愛車は日産スカイラインGT-R。
苦手なことは感情表現、命令違反。父親。
得意なことは仕事。命を奪うこと。
好きなことは寝ること。あとは降谷のそばにいること。守れる事。
嫌いなことは嘘。命を奪うこと。公安委員会。




末永く宜しくお願いいたします。
以前絡んで頂いていた方もお部屋に入れなくなってしまったと連絡をしたところ招待が届かないままなので再度招待頂ければと思います。

[3] 名無し 2019年2月12日 05:05

C設定

1の設定



天上 幾斗 (33)  警察庁警備局警備企画課
偽名は 秋本 一矢(カズヤ)  塾の講師。
コードネームはカミカゼ。 基本的になんでもする。
黒髪に赤い瞳。見た目は少々若く見える。(25くらいに見られる)
常になんでか黒のワイシャツに黒のズボン。そしてスニーカー。
降谷のことは初めての後輩で物凄く可愛がっていた。恋愛感情だと自覚しつつも降谷の人並みの存在を願っている。
昔は温厚で常に笑顔を絶やさず時には厳しくと日本を守るという使命に誇りをかけており、国民の安全のために、どんな手を使ってもいくつもの事件を終わらせてきた。
しかし今では笑顔は滅多に見せなく、口調もどこか突き放すような言葉を放つ。
公安時代からの協力者との関係は切れておらず、今も尚自分に協力してくれる優秀な人材を捜している。
かつての上司の不正の証拠を先輩にたくされ、上司から逃げつつ親友と先輩を捜している。
家族構成は、父、母、妹二人の、兄一人である。
愛車はフェアレディZ。タバコも酒も好き。
運動はからきしダメなくせに身軽でパルクール会得者。。
苦手なことは料理、掃除、爆弾物、そして意外とスポーツ系は苦手。(走る等基本はいい方だがテニスや、バスケ、野球等球技は本当にからきしダメ)
得意なことは仕事、嘘、動物と戯れること、車の運転(荒い)、違法捜査の類。スイッチ切り替え。銃の扱いや改造
好きなことは推理小説やドラマを見ること、なんでか警察なのに刑事ドラマ見るの好き、降谷を可愛がる。平和。日本の平和。
嫌いなことは降谷を傷つけること。組織の仕事。弱さ。


>>4へ続く

[2] 名無し 2019年2月12日 05:03

2.当Cは公安委員会の中の義理の父親により殺し屋として育てられた。
勿論必要な知識などは覚えさせられた為頭の回転は悪くないと見られる。
その目的は公安の要でもあるゼロを護らせる為である。
降谷に仇なす存在はどんな存在でも消すように命じられつつ、それと同時に降谷の邪魔や不利になるような事はしてはならないと教え込まれた。
降谷の命令は絶対であり、そんな彼とは絶賛主人と犬のようなものだが、それを降谷に知られるわけにはいかないと父親は考えた。
それ故に当Cを公安委員会から警備企画課に派遣し、普段は逆の立場で違和感を消そうと試みた。
「ばれたら消すぞ」と父親からの言葉を受け入れつつも、当Cは降谷零という存在に惹かれつつあり、共に組織に潜入してのドタバタを見せるのであった。




萌/萎

萎。
無言放置、アヘ顔、ダブルピース、大スカ、原作Cとメイン2人の死(モブはOK)、パロ、汚い系、修復不可能な怪我や展開(自殺など)、掛け持ちの偏レス


萌。

シリアス~ギャグ、甘、修復可能な喧嘩や怪我、SM、強気、挑発的、ストーリー重視、ヤンデレ、嫉妬、束縛、軽い暴力、駆け引き、無理矢理、淫乱、多喘ぎ等。萎え以外。



>>3へ続く

[1] 名無し 2019年2月12日 05:01

DC (降谷零)×創作C×降谷零
以前募集していた内容を多少改編しております。


提供。

創作C


募集。

降谷零。属性はリバ~(受けまで)。



条件


背後様が成人済み。
多少の流血、無理矢理等可能な方。
無断放置、無言打ち切りの類はしない方。
打ち切りは必ず一言くれる常識のある方。
ロルは50文字以上。こちら100文字以上になる場合あり。(こちら心情使います。)
一日に2、3回は返せる人。こちら日によってですが即返時間有り。
長期可能。
長く間が空く場合一言でもいいので置いてくれる。


※(表現はやんわりですが)殺人等の表現有り、全体的に暗い。
※設定上警察庁等の内部を好き勝手してる。
※オリジナル展開有り。
※シリアス多め。
※オリジナルキャラ多め、そして原作でなりきれるCはサブ提供有り。

設定。


1.創作Cはかつての降谷の教育係(上司)にあたる人物で、一番最初に黒の組織に潜入させられた存在。
しかし、現在は退職設定の利己的な元上司やその周りからのプレッシャーに耐えることはなんてこともなかったが、ある日組織から一人の男の始末を命じられる。
すぐさま当Cは、上司に掛け合いその者の保護を要請。しかし、上司は自分の利益になる任務の要請を優先したことにより、それを叶えることなく「奪った命の数よりも救った命の方が多ければ問題ない」と当Cに組織の任務を全うすることを告げた。当Cは組織と上司の言葉に従い、それを遂行。
それから暫くは、警察庁に出入りし、他の件を片付けていたがひょんなことから自分の先輩であった憧れの女性の退職の真実を知ってしまう。
上司の数多くの不正や違法捜査を大きくはみ出した件を知り、そんな上司に従っていた絶望、そして同じ目に合わせたくない後輩のことが頭をよぎる。
崩れかけていた理想が崩壊し、当Cは降谷に「お前がそうであるように、俺もこの国が好きだよ、」と告げて、降谷を守る為上司を親友と共に退職に追い込んだ後、公安との連絡を絶ち、組織の仕事を優先しながら深くに潜ることを決意。
数年後、組織内で再会したことで、ジンに目を付けられている降谷を護るべく、その真意を隠したまま「NOCだと報告されたくなければ俺のそばで役に立て」と告げる。
一方降谷は当Cを連れ戻そうと告げーーー。(以下展開により)


>>2へ続く