[ページ移動][投稿]

召喚されたキモオタ

[4] 山崎 志緒 2019年10月22日 02:32

あげさせてもらいます

[3] 山崎 志緒 2019年10月9日 17:10

萌:中出し、意識改変、感度操作、身体操作、種付けプレス、パイズリ、アクメ墜ち、フェラ、多体位、モロ語、♡使用、逆レイプ

萎、50字以下、此方勝てずに一方的にダメージを負う、マグロ、鸚鵡、死ネタ、グロスカ、ニップルファック

[2] 山崎 志緒 2019年10月8日 00:39

名前   やまざき しお
年    17才
身長   158
体型   少しぽっちゃり気味で全体的に運動不足感が漂っているのが見て取れてしまう
髪    目元ギリギリ隠れそうな前髪で特に変わった特徴はない、強いて言うなら少し赤茶色の自毛を持っている
目    日本人特有の茶色、あまり大きくない目の大きさ
身体能力 速度低 体力低 筋力低 スタミナ激低 テクニック高 知能中
得意   相手の嫌がること、怖がることを見抜く、ゲームによる指先の器用さ

唯一の特殊能力
ワンタイムワンチャンス

発動条件
意思疎通ができる生物に限り働き、一時間のみ発動、一対象に付き一回のみ有効
自身の命の危機、身体への攻撃、精神への攻撃に対しオート発動
意識して発動も可能

効果
発動して一時間の間自身へのあらゆる攻撃無効、対象者に対し幻覚、幻惑を掛けることができる。
対象者が降伏の意を示す、または精神的に負けた時その対象者に対してのみ、自身が考えたことを全て現実化させる。

勝利した時の現実化:例
自身の身体能力向上、相手の意識改変、感度操作、無機物の生成など、考えられることは全て実現可能

逆に耐え切られれば最弱

[1] キモオタ 2019年10月8日 00:01

学校ではオタクとしてキモがられ基本的には一人でいることが多く。
同じゲーム仲間意外とは話すことも少ない根暗型。

ある日ゲームを購入し帰宅する途中よそ見運転のトラックに跳ねられそうになった時、閃光と共に目の前の景色が一転した。
ここまでは召喚物よくある話だが彼の場合話が違った…

目の前に広がるのは暗く枯れ果てた木々と動物の死臭漂う場所、辺りからは動物とは違う鳴き声や唸り声が響き渡る
オタクであることからすぐ自身の体を確認し、変わらぬ外見と身体能力から召喚されたと思いあたりを見渡すも誰もおらず
唯一目にとまったものは大きなどす黒い雰囲気の城一つ、嫌々ながらもそこを目指し疲弊しながらたどり着けば大きな扉を開け中へとはいった
そこで遭遇したのは人型の女猛獣、自分の好きなゲームによく見る獣人に見惚れていれば、侵入者として排除されかけ…

殺されると思ったとき、非力なまま召喚された彼に唯一発言した一つの能力
その能力を使い一年必死に生き抜いた彼は、気づけば英雄や勇者ではなく魔王軍の一員になっていた…

と、長い書き込みで失礼しました。

多少の内容を載せていただきましたが、異世界召喚されたキモオタが能力を使い、異世界の勇者♀や魔物♀を犯していく物語になります。
日常:裏 3:7で絡んでいきたいと思いますが、ご希望あれば割合も変更可能です。

複数提供可能な方を希望させていただきます、いっぺんにロルを回すのはきついと思いますので、一人づつで構いません
参加希望される方は(望み薄)お部屋へ招待した際このページ内のレスを削除お願いします。