後ろめたさと欲望【男性募集】

[5] 創作娘 2018年1月23日 01:23
ぜひぜひ! 招待を送りましたのでご確認下さい~
[4] 参加希望 2018年1月22日 23:33
>>3
なるほどそんな感じであれば想像しやすいです、ありがとうございます。
よければお相手お願い大丈夫ですか?。
[3] 創作娘 2018年1月22日 23:11
ありがとうございます!
大まかな青年像としては、やむを得ず生業としていた殺し屋家業を苦痛に思い、捨てるほどには情に厚く繊細である人物ですが、その他の詳細設定についてはお相手様にお任せしようと思っています。呼び方は名前を呼び捨て若しくは愛称で、口数はそれほど多くなく、感情表現が苦手な不器用であると嬉しいですね

魅力的と言って頂けて嬉しいです、完全に私得設定なので…! もしお相手してくださるということであれば、プロフや話し合い等を個室にて行いたいです
[2] 参加希望 2018年1月22日 21:41
すごく魅力的な設定で惹かれたんですが上手くできるかわかりませんが参加希望です。

ここまで細かい設定だと青年側の性格だったり言動、呼び方など簡単に要望があったら教えて欲しいです。
[1] 創作娘 2018年1月22日 18:43
人殺しに向かない性格ゆえに殺し屋家業を捨て、心を痛め荒んだ浮浪者となった青年に、貴族の少女が声を掛けた。世間知らずの箱入り娘である少女は、ことあるごとに青年の元に足を運び食料や生活雑貨を与え恩の押し売りを繰り返す。どういうわけか気に入られてしまったらしい青年は、世話焼きなその少女を鬱陶しく面倒な存在だと思いながらも、荒んだ自分とは違う純粋な心の少女に惹かれ始めていることを微かに自覚していた。

縮まりつつある二人の距離、そしてある日突然少女が何気なく独り言のように呟いたその言葉で青年の世界は一変する。

「そうよ、貴方に行く場所がないのなら私の屋敷で執事として雇えば良いのだわ」

そうしてあれやそれやと一つ屋根の下。わがままお嬢の専属執事となった青年は、振り回されながら不慣れな仕事に毎夜疲れ果てていた。長く傍にいれば恋心を強く自覚するのも当然、しかし汚れた自身の暗い過去を無垢な彼女に打ち明けられぬまま、葛藤の末、その晩に泣きじゃくる少女を無理矢理犯した。青年の予想とは裏腹に、少女は青年の告白を脅えた泣き笑いで受け入れた。




……性癖全開の設定です()

血生臭い過去を背負う恋する青年×純粋すぎる優しい箱入り娘のカップル。

「処女を無理矢理奪い欲望をぶつけてしまったこと、自身の過去、情緒不安定な己への自責等の後ろめたさ」を抱えた青年と、

「青年の人生を一方的に振り回してしまったのではないかという自責、自身も彼を想っていたにも関わらず彼に怯えてしまったことの後ろめたさ」を抱えた少女のお話になります。募集は青年、提供は少女です。

後ろめたい部分は探らず何も触れないにしろ、お互いの葛藤はひたすらにその関係を爛れたものにしていくばかり。そういうわけで裏多めのストーリー重視です