[ページ移動][投稿]

【i7】お相手お願いします【BL】

[1359] 七瀬 陸 2019年8月23日 22:40

>>1358


(相手のいつになく良い反応と甘い嬌声に自身は既に痛い程張り詰めつつも、まだまだこの情事を終わらせたくはなく、内心で自身を宥めながら、愛撫施していた尖をキュウッと強めに摘み、反対は軽く歯を立て甘く噛んで)

[1358] 八乙女 楽 2019年8月22日 19:22

>>1357

ひぁっ、!…ぁっ、く、んんぅ…!!
(愛撫がより一層強くなり、執拗なほどにこちらの胸を弄りだせば焦らされてからの強い快感を与えられる度に何度も高い嬌声上げ、同時に身体は軽く跳ね上がり反応としてはかなりいいものを見せ相手を煽っていき)

[1357] 七瀬 陸 2019年8月21日 16:19

>>1356


(相手から漏れる甘い息に興奮煽られ徐々に自身硬く張り詰めさせながら、親指と中指で摘み捏ね続ける尖の先端を人差し指の爪先で引っ掻き、舐め上げていた方の尖は口に含んでジュルジュルと音を立てて吸い上げ)

[1356] 八乙女 楽 2019年8月21日 15:21

>>1355

っ、ふぅ、んんぅ、はぁっあっ…!
(呼吸が徐々に乱れながら彼の愛撫にて胸を重点的に攻められ始めると身を捩るようにして身体揺らし甘い吐息吐きながら小さな愛撫だが確実感度は通常よりは増しており)

[1355] 七瀬 陸 2019年8月21日 13:18

>>1354


…可愛い…、…好き……
(無意識のように呟きながら、弾いた尖を親指と中指てキュッと摘み、そのままクリクリと指先で捏ねて、身体を少し下げると反対の尖を、尖らせた舌先で下から上に舐め上げ)

[1354] 八乙女 楽 2019年8月21日 12:39

>>1353

っ、はぁ……んっ、んぅ………、り、く…ん!
(可愛らしいリップ音を立てながら啄むキスにこちらも甘い雰囲気を楽しむも不意にこちらの肌を撫でる手が肩口から胸元へ移動し、それがやがて胸の飾りである周りを撫で回した後尖りを指で弾けばよきせぬ快感と焦らしの連続に身体跳ねさせ)

[1353] 七瀬 陸 2019年8月21日 12:01

>>1352


…んっ……、
(時折相手の唇に舌を這わせながら啄むように何度も口付けつつ、肩口から胸元まで掌でなぞり、指先で隣に触れないよう乳輪を円を描くように撫でていれば、不意に尖を指先で弾いて)

[1352] 八乙女 楽 2019年8月20日 21:55

>>1351

っ、んんっ、ぁ……ふっ、ぅ、っ!
(なぞる手つきが厭らしく、それにどうしても意識が集中し指先へと意識が向けられる分さらに感度は良くなっており。それを良いように遊ぶかのごとくこちらの肌を這っていき頬へと口付けていく唇が移動し最終的にはこちらの唇へと触れられると小さく吐息もらして)

[1351] 七瀬 陸 2019年8月20日 19:26

>>1350

やっぱり見えない分、敏感になってますね…ん、
(相手が漏らした少しばかりの甘い声も聞き逃さず、此方の動きで相手が多少なりとも感じてくれたのが嬉しくて、相手の頬にチュッチュッと口付け、相手の耳の縁から輪郭をなぞり、そのまま顎に指を添えて支えると唇を合わせて)

[1350] 八乙女 楽 2019年8月20日 19:20

>>1349

っ、ぁ……んんっ、はぁ、……
(この状況を1人楽しんでいる彼にツッコミを入れたくなる気持ち抑えつつ、不意に気配が横へと移るのを感じ取れば少しばかり見えないが顔を相手のいるほうへと向けていき。横へと彼の気配を感じれば安堵したのもつかの間、撫でられる手と首筋あたりに感じる柔らかい感触に思わず甘い声漏らし、しかしながらすぐに口噤んではなるべく感じていることを表に出すまいとして)

[1349] 七瀬 陸 2019年8月20日 18:04

>>1348

そうですか?
まぁ、でも、折角なのでゆっくりしましょう。
とろとろに溶かしてあげますから。
(いつもと違うと言われても自覚してやっていたわけでは為、不思議そうにして。それでも折角相手の視覚を奪い、他の感覚が敏感になっているという状況。それを楽しみたいとワクワクとした声音に確かに欲を滲ませ口にしつつ、自分も下着姿になって相手の隣に横になり、太腿から脇腹を撫で、相手の首筋に顔埋め唇落として)

[1348] 八乙女 楽 2019年8月14日 12:48

>>1347

っ、ぁ……いつもと、違わない…か、っ
(小さく笑いながらこちらの肌へゆっくりと触れていく彼のやり方になんとなく今までの行為とは違うと溢し。妙な焦らし方が返ってこちらの意識を煽っているような気もして。自らだけが興奮し反応を示しているようでいて)

[1347] 七瀬 陸 2019年8月14日 11:41

>>1346

ふふ、なんですか?
(名前を呼ばれれば小さく笑って反応返しつつ、その間にも下着と共にズボンを脱がせ、前開き状態のシャツ一枚の姿にさせると、腿や腹、胸などに指を這わせ、相手の腹筋に唇落として)

[1346] 八乙女 楽 2019年8月10日 08:44

>>1345

っ!……はぁ、ん……
(耳元で囁かれた彼の甘い声にゾクリとしながらつつーっとくすぐるようななぞるような動きの指にぶるり身体震わせ、解放されて露わとなる裸体に何故だが今更の恥じらいを浮かべ。誤魔化すように彼の名をそっと呟き呼んで)

[1345] 七瀬陸 2019年8月10日 00:02

>>1344

逃げちゃダメですよ。
(身を屈め、逃げるように身動ぎする相手の耳元に囁きながら、ぷつりぷつり、とシャツのボタンを外していき、胸骨に沿って胸元からお腹まで指先で辿った後、ズボンの前も緩めてしまい)

[1344] 八乙女 楽 2019年8月9日 08:45

>>1343

っあ………なな、せ……っ
(目隠しをされている分相手にとって自らがどう映っているのか分からないが言葉を聞くに興奮していることは確かで、つーっとくすぐるようなじれったさを含む指先に思わず身震いと甘い声短くもらせばまるで少し今の状況下から逃れるような身動ぎを見せ)

[1343] 七瀬 陸 2019年8月6日 03:11

>>1342


そうなんですか?
俺的にはなんていうか、凄く、そそります。
(自分は目隠しをしていない為相手の感じる恐怖心やその他の感覚を完全に察することが出来ず曖昧な相槌を打つも、目隠しをされベッドに横たわる相手は征服欲を満たされて唆られるものがあり、興奮の色を隠さず言葉にすると、自由な方の手の指先で相手の輪郭から首筋までをなぞって)

[1342] 八乙女 楽 2019年7月31日 09:42

>>1341


んっ、陸……。
(そっと握られた手に安堵を覚え、触れるだけのキスを受け止めれば少しばかりくぐもった声を出すも身体が後ろへと倒れていく感覚にほんの少し恐怖を覚え。とはいえ柔らかなベッドの感覚が背中に感じれば恐怖は消えたようで)
見えないってのもいいような悪いような変な感覚だな…

[1341] 七瀬 陸 2019年7月16日 11:47

>>1340


はい、ここにいます。
(ゆるり 此方に伸ばされる相手の手に、此方も自分の手を伸ばし返し、指同士を絡めて繋ぐと相手の前に座り。視界の覆われた相手の方へ首を伸ばすと触れるだけのキスをして相手の体をベッドへと押し倒し)

[1340] 八乙女 楽 2019年7月14日 10:39

>>1339

んっ、そうだな。
視界が暗くて不安な感じだ…おい、陸。ちゃんとそこにいるのか?
(ゆっくりながらに視界が覆われていけば不安げな言葉を漏らしつつ、見えない相手の気配を辿るように手を軽く伸ばしていき)

[1339] 七瀬 陸 2019年6月25日 21:39

>>1338


よかった。
じゃあ、目 隠しますね。
…どうですか?
(相手の返答を聞くと持っていたバスローブの帯を相手の目元に当て相手の視界を覆い、後頭部でキュッと縛って。その後、きちんと視界を覆うことが出来ただろうかと、軽く首をかしげるようにして問いかけて

[1338] 八乙女 楽 2019年2月22日 20:32

>>1337

んっ、はぁ、……嫌じゃ、ねえ……
(追い詰めるような、どうしてもこちらの口から言わせたいのか再度問われると恥じらいながら軽く顔反らせ、ぽつりと嫌ではないということを言葉にしてみせ)

[1337] 七瀬 陸 2019年2月12日 16:30

>>1336


嫌ですか?
(相手の表情から少なくとも嫌だとは思っていないことは理解しつつも、相手の口から許可が欲しくて重ねて問いかけながら相手の頬にキスをして

[1336] 八乙女 楽 2019年2月9日 17:26

>>1335


んんっ、ふぁっ、ぁ……陸、っ……
(軽めに触れた唇がそっと離れていきながらリップ音とともに吐息1つ漏らし、しゅるりと布の擦れる音聞きながら彼の提案に視線その指先を見つめ抜き取られたローブの紐へと移せば淡く期待したような表情を見せるも言葉では欲することも拒否することもせずにいて)

[1335] 七瀬 陸 2019年2月1日 13:27

>>1334


ねぇ、楽さん。
目隠しでやってみませんか?
(此方が触れる度に声を漏らす相手の唇に触れるだけの口付け落としてから、相手の胸元押すようにして上体を起こし、ベッドに置いてあるバスローブの帯を手にとって相手に見せて

[1334] 八乙女 楽 2019年1月31日 20:24

>>1333

っ、はぁっ、ぁ……んっ、ぅ……ふぅ、ぅ……陸、っ…
(照れ隠しと分かるとそれを煽るというべきか、それとも自らの恥じらう姿を見たいがためか。どちらにせよ今性感帯を刺激されていることに何の変わりはなく、触れられるところ全てに熱を帯びていき)

[1333] 七瀬 陸 2019年1月27日 18:24

>>1332


そう言わないで、もっと見せて、もっと聞かせてください。
(照れ隠しなのは分かっているが、そのように隠さず、相手の感じ入る様をその声を聞かせてと強請りながら相手の服越し、背中から腰までを指先使い性感煽るような仕草で撫でて

[1332] 八乙女 楽 2019年1月26日 21:19

>>1331


はっ、ふ、んんぅ……っ、はぁ……うる、せえ……っ、
(何度もかわされた口付けが終わりリップ音とともにゆっくりと唇が離れれば名残惜しそうな表情浮かべ。とはいえ感度があがったであろうこと指摘されては恥ずかしさからか誤魔化すようにぶっきらぼうな言葉発して)

[1331] 七瀬 陸 2019年1月15日 13:56

>>1330


…はっ、ふ…
ふふ、楽さん感度上がりました?
(唇離し、快感拾い身体を僅かに震えさせていた相手の頬を撫でると、身体 重ね始めた当初より快感を感じ取りやすくなったのではないかと緩く笑み浮かべ

[1330] 八乙女 楽 2019年1月15日 11:48

>>1329

んんっ、ふぅっはぁ……ん、っ
(キスを仕掛けた直後にまるで攻めていたこちらの立場が覆されるようにあっという間に彼に主導権を奪われてしまい、絡み合う舌に翻弄されながら身体は快感で小刻みに震えて)

[1329] 七瀬 陸 2019年1月7日 20:43

>>1328


…は、ふ…、っ…ん、ちゅっ、…
(舌の表面同士を擦り合わせ舌先で相手の舌の裏を擽り。溢れる唾液はそのままに、口内に流れ込んで来る唾液はコクリコクリと飲み干して、相手の舌先を甘噛みすると ちゅぅっ、と吸い上げ

[1328] 八乙女 楽 2019年1月7日 20:37

>>1327

んっ、はぁ、っ、ぁ……っ
(吐息を溢しながら舌絡ませていき、押し倒した彼の手をぎゅっと握ればさらにベッドへと押し付けて。唾液を溢れさせながら何度も口付けを送ってやり)

[1327] 七瀬 陸 2019年1月7日 19:35

>>1326


んー…
(部屋に入るなりベッドに押し倒され余裕の無い口付けされても、嬉しそうに頬緩め自分から相手の首裏へ両腕伸ばし、口も開いて相手の舌を招き入れ

[1326] 八乙女 楽 2019年1月7日 19:13

>>1325

ん、ああ……そうだな、ん…
(悩みながらあれだけ派手に電話でしたのだからそれこそ同じようなことでもしようかと考え。彼の腰に手を回しながら部屋へチェックインすればベッドに早速と押し倒し、甘いと言うよりは少し余裕のない口付けを送って)

[1325] 七瀬 陸 2019年1月7日 19:04

>>1324


はい。
…今日はどんな風にしますか?
(乗ってすぐホテルに行くという言葉に相手も自分と同じ気持ちなのだということが ひしひしと伝わり嬉しくなって。ホテルに着き部屋へ入ると相手に抱き着き今日はどんなプレイにするかと、少し背伸びをして相手の首筋に擦り寄りながら尋ね

[1324] 八乙女 楽 2019年1月7日 18:59

>>1323

んっ、俺も会いたかった…七瀬。
行くぞ、ホテル
(助手席に乗り込んできた彼にキスを頬へと受ければそのまま車をバックさせ来た道を戻りつつ、適当なホテルを見つければ車ごと中へ入っていき。すぐにでも相手と抱き合いたいのかそれとも触れたいだけか、何にせよ欲望は強く抱かれており)

[1323] 七瀬 陸 2019年1月7日 18:01

>>1322


会いたかったです、楽さん。
(相手の車が玄関側で停まると、繋いでいた通話を切って助手席に乗り込み、貴方に会いたかったと満面の笑み浮かべ、今にも抱きつきたいのを我慢して相手の頬に軽く口付け

[1322] 八乙女 楽 2019年1月1日 19:31

>>1321


(しばらく車を走らせていれば漸くと目の前に彼の住まう寮が見えてきて。やっとの思い出着いたもののここから慎重に行動を起こしていかねばならなくもあり、ゆっくりとライトを微灯へ変えながら玄関近くまで車寄せていき窓を開けて)
待たせたな、早く乗れ…七瀬。

[1321] 七瀬 陸 2019年1月1日 03:26

>>1320

行って来ます。
(二階堂の言葉を聞けば頷きを返し、玄関近くで愛しい人が来るのを待って

[1320] 二階堂 大和 2018年12月31日 15:23

>>1319

ああ、はいよ。おにーさんはテキトーに起きてるから行ってこい
(珍しくお速に出かける彼に未成年ながら大丈夫かと思いつつ何かあれば連絡も来るかとそこまで心配することもせず。ひらひらと手を振りながら彼が出ていくのを見送って)

[1319] 七瀬 陸 2018年12月31日 00:20

>>1318


大和さん、出かけて来ますね。
遅くなるかもしれないですけど気にしないでください。
(支度が済めばリビングに顔を出し、一度耳元からスマホを離すと中に居た大和へと出掛ける旨を伝え、さらに帰りが遅くなることも予期して心配しないようにと

[1318] 八乙女 楽 2018年12月29日 19:20

>>1317

悪いな、七瀬…
(彼からの言葉を受け、ありがとうと礼を述べると共に急ぎ向かう車のエンジン音か、それとも周りの早く過ぎ去る景色の音か分からないが急いでいるということが伝わるような物音が言葉の後ろに入って)

[1317] 七瀬 陸 2018年12月28日 21:54

>>1316


このままですか?
いいですよ。
(相手からの伺いに肯定返し、スマホを耳と肩の間に挟んで出かける支度をしながら、今日は何処でするのだろうかなどと考えていて。その様は相手と身体を重ねることにすっかり虜になっている男のもので。

[1316] 八乙女 楽 2018年12月26日 22:34

>>1315

ああ、任せろ
(彼から待っていると告げられ急かすとは感じないものの早くと言われれば当たり前だと答えるように任せろとだけ告げ。電話をつなげていたい気分なのかこのまま話してていいかと場所移動を始めながら相手に許可を得ようとして)

[1315] 七瀬 陸 2018年12月24日 20:42

>>1314


もちろん。
待ってますから、早く来てくださいね。
(相手に求められて嬉しくない筈がなく、口元に抑えきれず笑み浮かべながら了承の意を返し。また、相手の口から「セックス」と直接的な言葉紡がれれば何故か興奮してしまって、早くと相手を急かすような言葉が出てしまい。

[1314] 八乙女 楽 2018年12月14日 20:51

>>1313

ああ、お前の声聞いてたら…会いたくなった。キスしてセックスも……いいよな?
(電話で会いたいと話していれば大丈夫なのかと問われ、こちらは問題ないと告げながらその後に会いたくなった理由を素直に告げていき。こちらを心配する彼とは反対に欲をオープンにしながら彼を求めるような言葉を溢し、まるで今すぐにでも会いたいようなことを告げて)

[1313] 七瀬 陸 2018年12月11日 22:01

>>1312

今から、ですか?
俺は大丈夫ですけど、楽さんは大丈夫なんですか?
(スマホを耳と肩で挟み通話続けながら、ティッシュを引き抜き手と自身を拭って綺麗にしつつ、此方はこの後の予定もないし会うことに問題は無いが相手は大丈夫なのだろうかと問いかけて

[1312] 八乙女 楽 2018年12月11日 21:54

>>1311

んっ、はぁ、っぁ………陸、っ…
(ビクビクと震えながら彼がこぼした吐息に身体反応させ、此処がまだ自宅でないと状況把握すれば一気に顔がほてるような恥ずかしい感覚を覚え。問われた質問に対し、息乱しながらもそうだなと悩んだようにうーんとうなり)…今からは、ダメか?

[1311] 七瀬 陸 2018年12月10日 21:50

>>1310


…は、ぁ…はぁ…
…楽さん、俺もっと楽さんの声、聞きたいです。
抱き締めてキスして、触って、繋がりたい…。
……今度は、いつ会えますか?
(息を整えながら余韻に浸り、上がった息は落ち着いても若い身体は一度の射精で満足できうる筈も無く。足りないと熱く囁きながらも、それでもこれ以上はと堪え、今すぐ会いたいと強請るようなことはせず、次に会えるのはいつかと問いかけて

[1310] 八乙女 楽 2018年12月10日 13:51

>>1309

はっ、ぁっ……っくっ、んんっ………!
(ビクッと腰を跳ねさせた後は彼の声と共に射精し、手の中で何度も脈動打ちながら白濁を吐き出すそれに互いの声で此処まで興奮し、絶頂まで昂れるのかと余韻に浸る中ぼーっと考えて)

[1309] 七瀬 陸 2018年12月8日 17:38

>>1308


…ん、ん、俺も…ッ、…はっ、ぁ…俺も、イきます…っ
(頂きへ向け昂った自身扱き上げるスピードを速めれば、淫猥な水音は大きくなり。数瞬後、自身大きく脈打たせながら自分の掌へと白濁を吐き出し

[1308] 八乙女 楽 2018年11月23日 19:40

>>1307

はっ、ぁっくっ、んんぅ……七瀬っ、ぁっ……陸、っ、り、く……
(もうイキそうだと小さく呟きながら腰を揺らせば無我夢中で彼の名を呼び、彼が気持ち良さそうに声を上げ名前を呼ぶたびにびくりと自身は反応し、アナルはヒクヒクと期待したようにヒクつかせて)

[1307] 七瀬 陸 2018年11月22日 21:46

>>1306


ひっ…ぅ、楽さ…ん、ん…ぁ、あ、…ん、入れたい、楽さん…ふ、ぅ…楽さんの中、入れたい、…ぁ、抱きたい、楽さん
(艶のある、大好きな声で呼ばれれば途端に感度跳ね上がり、上擦った声を上げて、その欲に濡れた声のまま相手の名も呼び、喘ぎ混じりに入れたい、抱きたいと強請りながら、輪を作った手を相手に見立てるようにして腰を振り

[1306] 八乙女 楽 2018年10月28日 12:46

>>1305


っ、ん、それなら……っ、お前の方からだって、厭らしいと、聞こえてん、ぞ…ッぁ
(互いの吐息を聞きながら相手がこちらの粘液質な音へ反応を示し言葉としてそれを漏らされては同じよう彼からも淫猥な音が聞こえており、状況は同じだと告げながら彼の名を色気を含んだ声で呼び)

[1305] 七瀬 陸 2018年10月28日 11:33

>>1304


っ、ぁ、…今、音っ…くちゅって…はっ、あ…
(電話越し、濡れた音が微かに聞こえれば興奮したように呟き、此方の自身からも とろり と先走り零してそれを塗り広げるように手を動かせば相手と同じように濡れた音が響いて

[1304] 八乙女 楽 2018年10月3日 23:25

>>1303

当たり前だろ…ッ、ふっ、んん……っ、はぁ…
(彼が自身を刺激し始めたか心地よい声が乗ってくればそれに興奮し促されるようにこちらも手を動かし始め。時折くちゅっと音を立てながら気持ち良さそうにすれば声を漏らしていき、電話なのだが互いが互いの声で興奮し合うようななんとも淫靡な空間が出来上がって)

[1303] 七瀬 陸 2018年10月3日 19:57

>>1302


んっ、楽さんも、聞かせてくださいね…ッ…ぁ、は…んんっ、
(目を閉じればより相手の声が鮮明に聞こえ、ゾクゾクと背筋走る快感に身を委ねながら手を動かし、親指の腹で先端捏ねるように刺激すれば堪らず声が漏れ、色の乗った艶声を相手に晒して

[1302] 八乙女 楽 2018年9月16日 01:13

>>1301

まあな、伊達にお前に抱かれてねえよ…俺は
(からかうような冗談交じりに笑いつつも彼のことはそれなりに分かっているつもりで、彼が言われた通りの動きをしているのか何となく何かが擦れる音や、物音が聞こえてはなるべく吐息も聞かせろと告げて)

[1301] 七瀬 陸 2018年9月15日 19:19

>>1300


ん、俺のことなんてお見通しですね。
(服越しに自身撫でて刺激し、甘勃ちからそれなりに欲が育つと前を寛げ自身露出させて。相手に目を瞑って刺激を強めてと言われればスマホを耳とベッドで挟むようにしてから素直に視界を閉ざし、自身直接握り込み上下に扱いて

[1300] 八乙女 楽 2018年9月9日 22:16

>>1299

俺のせいなのか……ったく、口尖らせてるだろお前
それより七瀬、目を閉じてしっかりと撫でて
(こちらのせいと言われれば苦笑い浮かべつつ彼が口尖らせている姿が目に浮かび。それを言葉にしながら目を閉じるように言えばこちらもゆるゆると扱きだし、彼と同じような形で感じ始めていて)

[1299] 七瀬 陸 2018年9月9日 20:58

>>1298


むぅ、楽さんがえっちなのが悪いです。
(見かけによらず変態などと言われれば心外だというように口を尖らせ、相手の性的魅力が多過ぎるのが悪いのだと呟きつつ、シたくなったとの言葉どおりゆるく反応見せる自身の欲を育てるように、服の上から緩く撫でて

[1298] 八乙女 楽 2018年9月9日 11:21

>>1297

…!
七瀬、お前……見かけによらずわりと変態なんだな
(彼から告げられた言葉に驚いていてはとりあえずあまり人気のないトイレを選び。移動すれば見かけによらずわりと変態思考なんだなと告げ、ゆっくりと下だけを寛げていき)

[1297] 七瀬 陸 2018年9月9日 01:05

>>1296


楽さん、トイレ行けますか?
楽さんが俺の声に欲情してくれてると思うと、俺もちょっとシたくなっちゃいました。
このまま、シましょう?
(話していても治るどころかより興奮したと言われれば、嬉しくもあり、またそんな相手を想像しその声が聞こえてくると、こちらも僅かばかり欲が灯って。相手に場所の移動を求めながらその旨を相手に伝え、電話越しにシようと吐息含んだ甘い声で、野外での相互自慰という悪魔の囁きとも言える甘言を紡ぎ

[1296] 八乙女 楽 2018年9月9日 00:05

>>1295

…いや、もっと興奮した
(彼の艶っぽい声にさらなる興奮見せれば、タイミングよく治ったか聞かれれば困ったように笑い。素直に応えるべきか悩んだ挙句、治ったというのではなくむしろさらに興奮したと今もなお抑えられていない欲をぽつり呟いて)

[1295] 七瀬 陸 2018年9月8日 00:07

>>1294


はい。
…治りました?
(相手の言葉に此方に嬉しくなりながら、先程の声音で再び反応示しているとは思っていない為この会話の間に昂りは治っただろうかと問いかけて。奪いに来てという言葉に対し本気にすると告げられれば、全てを受け入れるような静かな声で「いいですよ。もし、そんなことがあればですけど。」と。

[1294] 八乙女 楽 2018年9月7日 22:01

>>1293

ああ、悪かった…確かに好きな相手の声で興奮できるのも興奮されるのも悪い気はしないな
(彼の艶を含んだ声に再び反応見せれば参ったなと苦笑いしつつ、彼のことがそこまで好きという証明になればそれはそれでいいかと嬉しそうにして。冗談に言うように告げられた奪いに来て欲しいという言葉は驚きながらも本気にするぞと告げて)

[1293] 七瀬 陸 2018年9月7日 00:40

>>1292


分かってもらえて良かったです。
俺の声だけでどこまで気持ちよくなって貰えるのか試したいと思っちゃうくらいには嬉しいのに、楽さんが恥ずかしいと思うだけなんて、嫌ですから。
(分かってもらえて良かったと言葉にする様は安堵と嬉しさ滲むいつもの七瀬陸であるのに、その後に続く言葉はどこか艶を含んでいて

そこまで愛されるなんて、俺幸せ者ですね。
そうなった時は、奪いに来てくださいね待ってますから。
(相手の奪ってでも縛り付けるとの言葉に嬉しそうに頬緩めクスクスと笑って。そんな事は起こらないと分かっているからこそ、奪いに来てなんて冗談を口にし

[1292] 八乙女 楽 2018年9月6日 23:29

>>1291

はっ、俺がそんなんで恥ずかしい奴なんて思うわけ無いだろ。むしろ喜ぶ、嬉しいくらいだな………あ、そういうことかなるほどな
(彼から同じ立場で物事を考えさせられ答えを告げれば先ほどの彼と同じ意見で。そこで初めて気付かされてはなるほどと納得し、たしかにと彼の言った言葉の意味が漸く分かったようで)


はっ、引き下がるわけ無いだろ。俺が奪ってでもお前の事束縛してやるよ。まあそんなことになったら俺は七瀬陸を一生アイドリッシュセブンには返さねえだろうけど
(彼に煽られるような言葉を告げられてはそんな簡単に好きな奴、恋人を諦められるほど潔い人間ではないと話し。そうなろうものなら彼を奪い、メンバーには一生返さないとまで宣言して)

[1291] 七瀬 陸 2018年9月6日 23:01

>>1290


まぁ、それはわかりますけど。
…外で楽さんの声聞いて俺が勃っちゃったら、嫌になります?
こいつ恥ずかしい奴だなって思いますか?
(相手の男として恥ずかしさを感じるとの言葉に、同じ男である以上その気持ちは大いにわかるが、もし自分と相手の立場が逆だった場合相手を恥ずかしいと感じるのかと問いかけて。

んー、じゃあ、仮にそうなったとして、抱かれたい男No.1とまで言われる、かっこいい俺の恋人は惚れ直させて貴方に縛り付けてはくれないんですか?
(人の気持ちなんてわからないと珍しく弱気な事を口にする相手に、それならと、世間の評価も高いかっこいい自分の恋人はそこで引き下がってしまうのかと相手の闘争心や独占欲煽るような挑発的な言葉で返し

[1290] 八乙女 楽 2018年8月30日 15:28

>>1289

まあ、お前がそういうならあんま気にしないようにする…けど、やっぱり恥ずかしいもんなんだよ、男としてはさ…例えるなら好きな人に下手って言われるような感覚だし…
本当にそうならいいんだけどな…いつどうなるかなんてわからないだろうし。
(外で反応したことに対し、それは彼への愛につながる照明と言われれば助かる気持ちもある反面にやはり男として恥ずかしさは感じているようで苦笑い浮かべ。寝取られていないとわかったことに安堵見せるこちらの様子に愛されてると実感しているのだろうが、次いで出たメンバーにはそんな人いないと言われると何処で人の気が変わるか分からないだろうと告げて)

[1289] 七瀬 陸 2018年8月30日 12:31

>>1288

俺で興奮してくれるの嬉しいのに、みっともないなんて思いませんよ。
寧ろ、家だったら楽さんが1人でするところ聞けたのかと思うと少し残念です。
嫉妬してくれるんですか?
大丈夫ですよ、メンバーで俺のこと恋愛感情で好きな人なんていませんから。
(外であるにも関わらず反応示してしまったことをみっともないと卑下する相手に、恋人としては嬉しい寧ろ外故に相手の欲の灯る声を聞くことができなくて残念だと口にする声音は、その気持ちが現れるように少し低くて。また、寝取られなくてよかったなんて言葉を聞けば、そんなことをする相手はメンバー内にいないとクスクス笑いながらも、相手が嫉妬してくれるのは愛されているという実感と共に少しの心地良さを与えてくれて

[1288] 八乙女 楽 2018年8月29日 20:41

>>1287

はっ、バレたか…んけど、まあ…外にいるからな無理なんだけどよ
体勢変えただけか…なら、いい
(声だけでバレたのかこちらの興奮を見ぬかれては苦笑いしみっともねえ大人だよなと零しつつ、抜けない以上落ち着くのを待つぐらいしか出来なくて。体勢を変え、横向きだと聞かされては誰かいるのかと焦ったと変に嫉妬したようで、寝取られなくてよかったわ解か冗談っぽく漏らして)
もう寝るのか?…それともまったりしてるだけか?

[1287] 七瀬 陸 2018年8月29日 19:15

>>1286


シたくなっちゃいましたか?
んー?ちょっと体勢が辛かったので寝返りしただけですよ。
仰向けだったんですけど、今は横向いてますね。
(相手の煽られたとの言葉と熱を含んでいるように感じた吐息に、欲が生まれたのではと問いかけ、相手からの問いに寝返りを打ったと素直に答え、更には今の体勢まで相手に伝えて。

[1286] 八乙女 楽 2018年8月29日 15:58

>>1285

…そうか。
七瀬は俺を煽るのが上手いな…はぁ。
(外だというのに彼の甘い声に反応するなんてな、なんてひとりごちながら反応するこちらのそれに苦笑漏らしては後で隙を見て抜かないとと思いつつ、ぎしっと音が入れば何かしたのかと少し気になった模様で尋ねて)

[1285] 七瀬 陸 2018年8月29日 14:48

>>1284

…?
俺は思ったことを言っただけですよ?
(相手の懸念や考えなど露知らず、どこで覚えて来たと言われても、自分が思ったことを口に出しただけだとキョトンとした様子で答えつつ、声音に関しても完全に無意識の様で。同じ体勢が少し辛くなったのか寝返りを打てばベッドがギシリと音を立てて。

[1284] 八乙女 楽 2018年8月29日 13:46

>>1283

おい、七瀬……一体何処でそんな可愛いお強請り覚えてくんだよ。
(ライバルとして見てもらえるのは嬉しいが今は仕事としての関係よりもつい先日なったばかりの恋人としての関係になりたいと告げられ。言葉だけならまだしも甘さを含んだその声に驚きつつ、どこでそんなお強請りを覚えてくるんだと少し不安にも思い。まさかメンバーとの間でそういうやりとりでもしているのではと疑えば何だか寮に入れておくのも心配で、いっそのこと同棲でも出来たらなんて大胆な考えに至り)

[1283] 七瀬 陸 2018年8月29日 10:30

>>1282


楽さんにライバルって言って貰えるの、嬉しいです。
でも今は…恋人としての楽さんが欲しいな。
(相手の認めているが故にライバルだとの言葉を相槌打ちながら聞き、兄弟揃って相手のライバル宣言されれば、‪TRIGGER‬という人気の確立した、さらに抱かれたい男No.1という称号にアイドル業だけでなく俳優業でも確固とした地位を持つ相手からの言葉が純粋に嬉しくて、静かに染み染みとその感情を吐露し。けれど、今は舞台の上でも収録先でもない完全プライベートな時間。であるならば、尊敬出来る負けたくないライバルとしての相手ではなくて、愛しい恋人としての相手が欲しいと砂糖を溶かしたような甘ったるい声で相手に告げて

[1282] 八乙女 楽 2018年8月25日 06:49

>>1281

ああ、わかってる。
あいつは幼いながらに色々経験してきた、才能もある…俺よりも誰よりもあいつはアイドルらしい、大人っぽい立ち居振る舞いが出来る。…だからこそ余計に腹立つ。
俺は俺の中でアイツを認める以上にライバルとも思ってる、仲間であり高め合うライバル。そして七瀬陸、それはお前もだ。
(彼の兄を擁護するのではなくこちらに誤解ないよう言葉を告げ教えることに対し理解はしていると頷き。嫌っているのではなく物言いこそキツイがあいつは優しいと頼りになるセンターだと告げ。だからこそ彼にあって自身にないものを痛感すると認めている気持ち同等もしくは以上にライバル視…悔しい気持ちもあるのだと本音を告げ。彼を認めているなんて褒めるようならあいつが気持ち悪いなどと言いそうだから言ってやらねえけどなんて尖った部分見せて)

[1281] 七瀬 陸 2018年8月25日 00:01

>>1280

確かに。
知ってますよ。
それに天にぃも楽さんのこと認めてるし、頼りにしていると思います。
(兄の勘の鋭さはどうなっているんだとの言葉に、幼い頃から体感している此方としても、苦笑気味に確かにと頷いて。九条のことは認めているし嫌っていないと言葉紡いでくれる相手にわかっていると。そして、歯に衣着せぬ物言いやズバッと斬り捨てるような九条であっても、相手のことを認めていることも、口にも態度にもあまり出さないが頼りにしていることも感じ取れている為、その旨を相手に伝えて

[1280] 八乙女 楽 2018年8月20日 23:34

>>1279

ほんとあいつの勘はどうなってんだか…はぁ。
とはいえ俺も何だかんだ九条の実力は認めてるからな…
(いつもいつも突っかかるところや変に働く勘に困ったように呟きながらもアイドルとしての実力、センターに立つだけの実力は認めており。悔しい話だが敵わない実力があるからこそ余計になんか言われるとむかつくなんて弟前にしてぽつり本音漏らしつつ最後には別に嫌いなわけじゃねえからなと誤解を招かぬように付け加えて)

[1279] 七瀬 陸 2018年8月20日 19:31

>>1278


そうだったんですね。
ふふ、相変わらず天にぃは鋭いなぁ。
(相手から簡潔に話された内容聞けば、昔から兄には隠し事が出来なかったことを思い出し、相変わらず鋭いと笑って。また、相手の心地良い声が電話越しに聞いていれば、相手の声も好きだなぁ、なんて改めて感じていて

[1278] 八乙女 楽 2018年8月19日 21:36

>>1277
ん、そうだな。けどありがとな。
俺は…んまあんまり話せるような内容もねえし、まあ…
(彼の心遣いに感謝しながらもこちらのこと聞かれれば特別話せるようなこともなく。どちらかと言えば九条と毎度のことながらに言い合いをして練習をして終わったようなもので。とはいえ悪く言うようなことはしないため互いの意見を入れた内容を簡潔に告げて)

[1277] 七瀬 陸 2018年8月19日 19:45

>>1276


いえ、当然のことをしただけです。
俺だけならまだいいですけど、楽さんやメンバーに迷惑はかけたくないですから。
(隠したことに礼を述べられると、当たり前のことをしただけと見えもしないのにふるふると首を横に振り。相手の事も聞きたいと思えば、楽さんは?今日何がありましたか?と話題を振って。その声音は相手のことが知りたいという恋心からの言葉の為か意図せずとても柔らかく甘いものとなっていて。

[1276] 八乙女 楽 2018年8月19日 19:06

>>1275

まさかメンバー内でそんなことがあるとはな…とはいえ好きな人がいるのかって質問までされるとは…お前の事だ俺や仲間たちを守ろうとしているといいながらも誰とは頑なに言わなかったんだろ?
(今日あった話の中でそんなことがと驚けばメンバー内でも似たような恋愛事情があったこと、内部で好きな人のことについて尋ねられたこと…笑いながら大変だったな、なんて呟きつつ隠してくれてありがとうなと礼を述べて)

[1275] 七瀬 陸 2018年8月19日 18:41

>>1274


わかりました。
(相手からこのまま通話を続けたいと言われれば否を唱える理由も無く、寧ろ長く話しが出来ることを嬉しく思いながら今日あったことを話し、通話しつつ自室へと戻ればベッドに横になって

[1274] 八乙女 楽 2018年8月19日 12:17

>>1273

あ、いや大丈夫だ。
このまま話し続けさせろ、お前の声を少しでも長く聞いてたい。
(互いが互いの声を聞きたいと望んでいたのだが練習終わりかこれから帰るという様子に遠慮したようで、あまり長く話せないと残念そうに呟かれてはこのままでいいとこちらから続けさせ。彼がそれでも嫌がるならば無理強いはしないのだがせめてもう少しくらいは声を聞いていたく、身支度を片手間に済ませながら電話は切らず続けて)

[1273] 七瀬 陸 2018年8月19日 08:24

>>1272


そうなんですね。お疲れ様です。
俺も楽さんの声聞けて嬉しいです。
でも、今終わったばかりなら長話は出来ませんね。
(相手は今終わったところなのだと聞くと相手を労わるように声をかけ、声を聞きたかったのだと電話をかけてくれた理由を聞けば、此方も相手の声が聞けて嬉しいと穏やかな声で答えて。しかし、電話をかけてくれるのは嬉しいが、終わったばかりとあっては、まだ家に帰り着いてはいないのだろうと予測出来、それでは長話をするわけにはいかないかなと少し残念そうで

[1272] 八乙女 楽 2018年8月16日 00:41

>>1271

そっちはじゃあリラックスタイムだな。…俺は今終わった。疲れたから陸の声聞きたくてな
(彼が寮にいると聞けばゆっくりとした時間を過ごしてたんだなと話し、こちらの状況聞かれては今終えたばかりだと告げて)

[1271] 七瀬 陸 2018年8月16日 00:26

>>1270


はい、収録終わって15分前くらいに戻って来たところです。
楽さんは?
(電話を出た際に聞こえた嬉しそうな高い声と、それを誤魔化すような咳払いに、可愛い人だなと一織のようなことを考えながら、相手の寮かとの問いかけに答えて。

[1270] 八乙女 楽 2018年8月16日 00:07

>>1269

お、陸か?よかった、まだ練習してんのかと思っては。今寮にいるのか?
(コール音が鳴り響く中もしかしたら出ないかもと待っていたところに彼の声が聞こえ、つい声でも分かるほど嬉しげな高い声を出してしまい気付いた自身で咳払いしてはいつものトーンに戻り)

[1269] 七瀬 陸 2018年8月15日 23:55

>>1268


もしもし、お疲れ様です。
(収録も終わり再び寮に戻ってきているタイミングで電話が鳴れば誰だろうとディスプレイ確認し、相手が楽である事を見ると、通話ボタンを押して電話に出て

[1268] 八乙女 楽 2018年8月15日 23:45

>>1267

(そしてしばらく時間は経過し…)



やーっと終わったか、疲れたな…はぁ、
(時刻はもう夕暮れの時間を回っている頃で、すべてのスケジュールというべきか予定が終われば疲れたと本心丸出し、伸びをしつつ。すぐにスマホ手に取ればSNSよりも電話のがいいなと、アドレス帳より七瀬陸を選択。通話ボタンを押し、いざ電話を掛けて)

[1267] 七瀬 陸 2018年8月15日 23:37

大丈夫ですよ。
(申し訳なさそうに謝る壮五に問題ないと緩く首を横に振って、もう一度シャワーから暖かい湯を浴びると此方も浴室から出て身体を拭き着替えを済ませて

[1266] 四葉 環 2018年8月15日 23:28

>>1265
何だよ!余計気になるじゃんっ!
あー、りっくんもしかして…
(彼が秘密と人差し指で黙秘すれば余計気になり食いついてしまって。うーんと悩みながら思い当たる人物片っ端からあてていこうとし)


逢坂 壮五

!、いた…環くんダメじゃないか。こんなところで油売ってたら。…陸くん、ごめんね…
(陸の好きな人を上げるために口を開いたところで壮五が現れ叱られてはそちらで会話が始まってしまい、いつものように申し訳なさそうな表情で陸へと謝れば早くあがりなさいと無理矢理環を連れて行き)

[1265] 七瀬 陸 2018年8月15日 23:14

>>1264


それは秘密。
(相手の好奇心満載な視線に苦笑し、相手の立場を思えば言うわけにはいかないからと唇に人差し指を当てて秘密と口にして

[1264] 四葉 環 2018年8月15日 22:59

>>1263
うぉっ!?まじか!
誰!?誰なんだよ、りっくんの好きな人って!
(恥ずかしそうにしつつ好きな人がいると分かるとものすごい食いつき方をし、仕切る壁に手を置きながら身を乗り出し誰々と目をキラキラさせながら見つめて)

[1263] 七瀬 陸 2018年8月15日 22:47

うぇっ!?
えー…と、いる、よ。
(相手の言葉に驚き狼狽えるも、メンバーに嘘は吐きたくない為、言葉に詰まりながら正直にいると答え、照れたように人差し指で頬を掻いて

[1262] 四葉 環 2018年8月15日 22:34

>>1261
あ!りっくんってさ…好きな人とかいんの?
(そういやと思いだしたように彼には好きな人がいるのだろうか、もしいないなら経験ない人に聞くのはよくないかなとか今さらながらに考え、突然とそんな質問してしまい。彼には悪気はないのだがじーっと興味有りげな視線向けて)

[1261] 七瀬 陸 2018年8月15日 22:25

そっか。
…んー、教えるって言ってもなぁ…どう教えたらいいのか…
(何方かといえばタチなのだろうと辺りをつけるも、かといって、何処からどのように教えたものかと頭を悩ませて

[1260] 四葉 環 2018年8月15日 22:08

>>1259
なら良かった。
俺は、そーちゃんに触りたい!
(変じゃないと言われれば胸を撫で下ろし、好いた相手に触れたいか触れられたいかどちらかと言われれば触りたいと話し、ただ触っても欲しいと話して)

[1259] 七瀬 陸 2018年8月15日 21:54

うん、そうして。
ん?環は変じゃないよ。
そうだなぁ…環は壮五さんに触られるのと触るのどっちがしたい?
(相手の素直な反応に頷き体の泡を流し終わると、変かと問いかける相手に好きな相手にそういうことをしたいと思う相手は変ではないと相手の頭を撫でてやって。男同士だとタチとネコではやり方が違う為、環は何方がしたいのだろうかと思えば遠回しに問いかけ。