なりトーク R18

-なりチャ、キャラなりきりチャット-

新妹魔王の契約者 (102)

[1] カラ松

2017年6月15日 18:17


この出会いはまさに運命…フッ…今日からブラザーだ

[2]  万理亜

2017年6月15日 18:24


スレ立てありがとうございます!私たちを指名するなんて、さすがですねっ

[3] カラ松

2017年6月15日 18:29

>>2
俺の目に狂いはなかった

よし、内容は2人を招き入れたのは俺達の家だった。
という事でいいか?
[4]  万理亜

2017年6月15日 18:33


ほうほう、私たちが松野家に…いいですね!養って貰えるなら喜んでいきます
[5] チョロ松

2017年6月15日 18:39

>>4

じゃあ、僕達が先レスした方がいいかな?

[6]  万理亜

2017年6月15日 18:40

>>5


お願いしてもいいですか?

[7] チョロ松

2017年6月15日 18:48

>>6

え、親戚の子を預かる、2人はしばらく旅行、そんないきなりちょ、まだ話が…切れた…。

とりあえず迎えに…でも、僕達に親戚なんて…

あ、あのー、家間違えてませんか?

(そんなこんな考えていれば、既に玄関に2人が居るとは知らずにそのまま迎えに行こう、扉を開ければ2人の容姿を見て一瞬フリーズして、美少女相手に既にキョドりつつ話し)
[8]  万理亜

2017年6月15日 19:37

>>7
初めまして!
え?松野松代さんに言われて来たんですけど…松野さんのお宅はここじゃないんですか?

(出てきた相手をみて、にこっと笑みを浮かべながら挨拶するも家を間違ってないかと言われれば、キョトンとしてメモを取り出して確認するようにみて)

[9] チョロ松

2017年6月15日 19:41

>>8

え、君が親戚の子!?、いや、此処であってるよ、汚い所でごめんね、さ、中に入ってよ、迎えに行こうと思ってたんだ…。

(緊張で早口になってしまい、相手を直視出来ずに家に手招きしダッシュで部屋から、綺麗なスリッパを持ってきて綺麗に揃えて出して)
[10]  万理亜

2017年6月15日 19:50

>>9

はいっ!あっ、ありがとうございます。


(親戚のこと言われると笑みを浮かべながら頷くと、差し出されたスリッパをみてお礼を言えば、先に澪を中に入ってもらい後から靴を脱ぎスリッパをはき、家に上がり)

[11] チョロ松&カラ松

2017年6月15日 19:59

>>10

此処が普段から使う居間で、今何か飲む物を…。


ん、誰か来てるのか?!、お前ついに…手を出したのか俺がいながらなんて事だ…、レディー達はやく逃げるんだソイツはシコ…ぐはぁ…。

(チョロ松が投げた急須がカラ松の額に直撃、シコ松と言おうとしたが止められ、チョロ松は苦笑いをした後に急須を取り2人の元に戻り、湯飲みにお茶を注いで)
[12]  万理亜&澪

2017年6月15日 20:16

>>11


万理亜

わぁ、お二人ともそっくりですね!
(現れた、そっくりな顔をした人物をみて驚くも、すぐにコントみたいな二人の様子を見ては、おかしそうにクスクスと笑い)



…平日なのに仕事いかなくていいの?

(平日の昼間なのに家にいる二人をみては、小さな疑問をもったのか二人に問いかけ)

[13] チョロ松&カラ松

2017年6月15日 20:23

>>12

「僕に合う仕事がなくてね」
「ふっ…俺が働かない事で誰かが職を得ているんだ」
白々しい事を言いそのまま冷や汗を流して、澪の言葉に余裕がなくなり目が泳いでいて、まさか、親のスネをかじりながら生きてきたとは言えず。
[14]  万理亜&;澪

2017年6月15日 20:58

>>13

つまり、ニートってことね
(二人の様子を見ては、何となく察してしまえば、はぁとため息をつくとはっきりとした口調で二人にいうと視線をそらし)

万理亜
職業難ですから仕方ありませんよ!
(はっきりとニートだといった澪にアワアワとなりながらフォローするように言えば、苦笑いを浮かべていて


[15] チョロ松&カラ松

2017年6月15日 21:04

>>14

「ああ、僕達はニートさ、でも、直ぐに見付けるよ」
打ちのめされた表情で言い

「ああ、勿論だ、レディーを養うくらい稼いでみせる、いや今は俺のマイシスターだ」

と、カラ松だけはかなりズレた事を言い出して、2人を見ながら自分の妹だと宣言すると、キメ顔でお茶を飲み始めて
[16]  万理亜&澪

2017年6月15日 21:20

>>15

はいっ、あっ…名前名乗ってませんでしたね。私は、成瀬万理亜といいます、これからお世話になります!おにーちゃん?
(苦笑いを浮かべるも自己紹介がまだなことを思い出し、立ち上がり名前を名乗ると二人の間にいき、二人の腕に抱きつきにこにこし)


ちょっ!万理亜!まったくもう…私は、成瀬澪よろしく
(二人に抱きつく万理亜にため息をつきながらも名前を名乗り)

[17] カラ松&チョロ松

2017年6月15日 21:24

>>16

「俺はカラ松、コイツがチョロ松だ、よろしくな2人とも…」

「そうだ、今日は寿司でも頼もうよ、2人の歓迎会って事でさ」

万理亜の行動に変に意識してしまい、挙動は二人して怪しくなり、そのままチョロ松も自分から名乗るもやはり挙動は怪しくデレデレと表情を緩ませて。
[18]  万理亜&澪

2017年6月15日 21:33

>>17

お寿司ですか!お寿司大好きなんです、澪様よかったですねっ
(二人の反応に経験なしだと分かり、内心にやっと笑えばお寿司をとろうと言われると表情を明るくさせ、二人に胸を押し付けながら嬉しそうにして


[19] カラ松&チョロ松

2017年6月15日 21:40

>>18


2人は顔を見合わせて、何か合図しあうようにアイコンタクトをしてから、2人を見て鼻から鼻血を出さないように2人に下心があると思われないよう考えて。

カラ松
「そうか、チョロ松出前だ、至急寿司を頼むんだ」

チョロ松
「任せてよ、この時の為にチラシを隠しておいたんだ、あ、万理亜ちゃんは、どのネタが好きなの」

チョロ松は万理亜にもうその気になるくらい、気に入っていてしまいにはネタで好きのはあるか訪ね、片手に電話を持ち電話しはじめて。

[20]  万理亜&;澪

2017年6月15日 21:53

>>19

万理亜

そうですね、やっぱり…エビやたまごが大好きですっ
(二人の反応を楽しんでいるも好きなものについて訪ねられ、うーんとと考えては、二つのネタを相手に伝え腕をはなして澪の胸に飛び込み)


ちょっ!ど、どうしたのよ!
(油断していたのか万理亜が飛び込んでくると受け止めれず後ろに倒れてしまい、スカートがめくれてしまうも気づかず万理亜の頭をおし