青い君と赤い私【非募集】

[1273]   クー・フーリン   2018年2月21日 00:30 89AeI1GYuSAr6
>>1272

そうかい、そんじゃあ俺だけの正義の味方ってことかね。どうやらそうらしい、どころか離れる方が難しいだろうな。一番の幸福であり、幸福の大前提であり…って感じか。…おう、んじゃ期待してるぜ、どんなタイミングでもな。む、まぁ確かに発散したいだけだったら誰でもいい訳だが、別にそんな感じじゃなく、こう、…一々お前が愛らしいからな、もっと欲しくなる。…別に話ぶった切って良かったんだぜ?俺みたいによ。んー、そんなら今回は甘い顔はしねぇ、お前から来るのを待つ事に決めた。……お前はそうやってすーぐ俺を誘惑すっから困るよな。本当に思い付かないからな、放置すんのも考えたが俺が耐えられねぇしな。さてな、他は知らんが俺はそう思う。

んお?まぁ別に断る理由は全然ねぇし、お前がしたいようにすりゃいい。あー、ただ、思い出もあるし、後、非公開ってやつにして、入れなくてトラブってるとこ見たことあるしよ、心機一転とは言えど此処は残しとこうぜ。
[1272]   エミヤ。   2018年2月20日 23:40 jkP2DNrVgkF5g
>>1271

君の為ならヒーローにだってなってみせるさ。なら、暫く離れる心配はなさそうだな。お互いに。嗚呼、傍にいてくれる、それ以上の喜びはない。…、私には勿体無い言葉だ。だが、そうでありたい。…君の苦行にならない様に、努力、する。私にとっては、触れ合いの延長線だ。愛しい人に触れたいと思うのは、当然だろう。…すまない。そう思わせてしまったのは私の責任、だな。いざ言おうと思っても、タイミングが掴めなかったり、途中で怖くなって、…君に甘え続けてしまった。…私は、たぶん、君が思う以上に欲しがりで、欲張りなんだ。だから、その、…君が、やりたいと思ってくれるのなら、いつか、したい。…そうか。君が、そう言うのなら、受け入れよう。…そう言う、ものか。

クー、一つ提案なのだが…良かったら、部屋を作り直さないか?その、此処では非公開の機能があるだろう?それを使ってみたいと言うのが一つと、その、色々あったし、心機一転と言うのが一つ。…どうだろうか?君さえ良ければ、だが…。
[1271]   クー・フーリン   2018年2月20日 20:21 89AeI1GYuSAr6
>>1270

何であれ不要なもんはねぇって訳かね。…ふは、どっかのヒーローみてぇな言い回しだなそれ。おう、お前が俺に飽くまでは、って堂々巡りだな。まぁ確かに、それ以上、と考えると思い付かないわな。ふ、そんなお前だから愛している、俺にとってお前こそ魅力的な奴だよ。言い出した事とは言え中々の苦行かもな。…ぐ、そうかよ、どこまでも物好きな奴め。…なんかよ、そんな事ないと言われても、やっぱり俺ばっかやりたがって、我ながら発情期かよって結構悩んではいた。む、…お陰様で色々想像しちまったが今は我慢だ我慢…。んじゃあやっぱり償う方法が無い事が罰、としか言い様がなくなるな。だろ?だったらそれを嫌だとか思える筈もねぇって訳よ。
[1270]   エミヤ。   2018年2月19日 20:11 jkP2DNrVgkF5g
>>1269

過去があって今がある、とも言うな。…君が私を呼ぶのなら、どんな時だって来てしまうさ、君の下へ。そう、だな。君が、離れる事を望まない限りは。…君と、話せるこの時間が、どうし様もなく嬉しくて、幸せだ。…こんな私を愛してくれる人は、君以外いないだろう。…恋人と過ごす時間なのだから、仕方あるまい。前にも言ったと思うが、君が相手ならばどちらだって構わない。ただ、…君と、したい、とは思うが、…無理に付き合わせたい訳ではなくて。だから、自分から誘えなかったと言うのも、ある。…前にも言っただろう。大抵の事は、嫌じゃない。寧ろ、好ましいと思う事の方が多い。何より、君がそうやって求めてくれる事は、…うれしい。だから、それは、…罰ではない。まあ…君の為でなくては、意味が無いからな。
[1269]   クー・フーリン   2018年2月19日 01:00 89AeI1GYuSAr6
>>1268

成る程、後悔と幸福は表裏一体っつー訳か。ま、それはそうさな、何であれ手を伸ばせばお前に触れられるのが一番だ。んじゃあ離れるのは無理って事になるよな。俺とて、お前の喜ぶ顔が見たいから、その為なら何だってして見せるぜ?…ふ、お互いに馬鹿で物好きだな、…それでも、お前を誰より愛している、シロウ。となると、俺も努力せにゃな、羞恥はあれど、欲しくなる時は欲しくなっちまう。………、いや、うむ、そうか、あー、…攻めるのは、まぁ、今までそうだっから兎も角、ネコは殆ど無かったから、下手くそだろうと思っててだな、だからどちら側にせよ、そう言われると嬉しい、と、言うか…。あん?だったらもう思い付かねぇぞ。…、…そんなこと言ってたら本当に実行しちまうぞお前、趣味に合わんとか何なりと言わねぇと。気付くの遅いっての、この間抜け。お前のする事だって大体俺関連だろう?だから全部が本当に愛しいとしか思えない。
[1268]   エミヤ。   2018年2月18日 23:08 jkP2DNrVgkF5g
>>1267

それに、あの時がなければ今もない。君の隣に居られるのなら、今はそれで十分だ。そう、だろうか。まあ、君がそう言うのなら…。もう、返しきれない程のものを貰っているのだがね。だから、君の幸せの為に、何でもしてやりたいと思う。ふむ、それなら、これからも、馬鹿みたいに君だけに愛情を注ぎ続けよう。こればかりは、噛み合わないものだな。…分かっ、た。努力、する。………一応、これ迄は控えていたんだ。君の、負担になると思うし、…何よりも、執拗いと、思われそうで。そ、れは…、…罰ではないと、思うのだが…。寧ろ、…その、だな。それでも求めてくれるのが、…嬉しいと、思ってしまう。私だから、か。…本当に、君は私の事を好きでいてくれているんだな。頭では理解していたつもりだが、少し、不思議な感覚だ。
[1267]   クー・フーリン   2018年2月18日 22:17 89AeI1GYuSAr6
>>1266

おう、俺も相手を理解しようとする事を覚えたしな。無理はしてねぇって言ってんだろ、共有出来る物が増えるのは嬉しい事だからな。ふ、そうかい、何を渡せるのか分かっちゃいねぇが、お前が返しきれないよう努めにゃな。ふは、なら引っ張り過ぎないように気を付けよう。ふむ、続けば良いってのじゃ、ちぃと弱いな…、続かせて見せようぐれぇ言っちまおうぜ。…、それはお互いに過大評価だと思ってるからだろうな、実際俺もそう思ってる。…お預け?違うだろ、欲しけりゃ取りに来いって事だ。あ?…、…寧ろ興奮する、かもしんねぇ、ギャップって、言うか…な。後、嬉しくて。……ふ、よーし、それなら何時になるかは不明だがマニアック?プレイの刑に処す。女装、いや女体、ふたなりとか言うのも中々…。ま、正直な話、罰とか償いとか言われてもこんなもんしか思い付かねぇ訳だが。…何か正面から言われるとすげぇ照れ臭ぇな、…とは言え俺があれこれすんのは全部お前だからってのは覚えとけ。
[1266]   エミヤ。   2018年2月18日 21:51 jkP2DNrVgkF5g
>>1265

そうだな…、この痛みを覚えていれば、役に立つ事もきっとあるだろう。そう言うもの…だろうか。無理をする必要は、ないのに。単純な相性、と言うのもあるだろうが…、君には沢山のものを貰っている。今、この時も。君は、十分な程、この手を引いてくれるがね。馬鹿みたいな話だが、幸せな事だ。こんな日が、少しでも続けば良い。…物好きめ。お互い似た様な事を思っている筈なのに、共有出来ない、と言うのは不思議なものだな。………、……我慢。つまり、それ迄はお預け…、と言う事、だろうか。節操無し等とは思っていない。寧ろ、私がそう思われるのでは、ないかと。罰が欲しい訳ではないが…、怖い思いをさせてしまったのに、何も出来ないのは…。…ふ、君のそう言う所が、どうし様もなく好きだよ。
[1265]   クー・フーリン   2018年2月18日 20:52 89AeI1GYuSAr6
>>1264

ま、全部忘れたら忘れたでそん時に学んだ事も消えちまうしな。確かに忘れた事を後悔はするかもしれんが、来年は忘れずにいようって気にもなんだろ?…、素直に言わせて貰うがそれだけで愛せるもんなのか?そこまでのもんをお前にしてやれたとは思えねぇんだが。おう、足並み揃えて、難なら俺がエスコートしてやろう、っつってな。だろ?お互いに何やっても愛しいってのは正しく馬鹿みてぇな話だぜ。まぁ…そう言う事なら分かる、ような…?ああ、そうさな、お前がやる事成す事全部愛しいと思っちまう俺がつべこべ言えた事じゃあねぇな。…そうかい、お前にその気があるってなら、それまで俺も我慢してみっかな…出来るかは微妙だが。あーっと?そんな真剣に言ったつもりじゃ…、まぁ、…、節操の無い奴と思われてねぇかぐらいの懸念はあるけどよ。だってお前、戻ってきたなら恐怖は解消されちまう訳で、何の意味も無いだろ。俺が一番に望むのはお前が傍に居る事だ、…罰が欲しいなら考えてもいいが?上手いも何も、お前にはそうしたいと思っちまうだけだ。
[1264]   エミヤ。   2018年2月18日 20:14 jkP2DNrVgkF5g
>>1263

忘れてしまいたい事程、忘れられないものだ。しかし、…忘れているのなら、忘れた侭でもいいだろう。…何故、か。…君から、沢山のものを貰った。だから、同じだけ…否、それ以上に、返したいと思うから、だろうか。君となら、何処迄も一緒に歩いて行ける気さえするよ。…、ふ、そうだな、その通りだ。まさか、自分にそんな言葉が当て嵌る日が来ようとは。それは…、まあ、そう言う事になってしまうのか…?言っただろう、どんな君でも愛せる自信はある。駄目になっても、それは変わらない。ぅ、ぐ…。…き、機会が、あれば…。…そうだったのか。それは、その…君ばかりに任せてしまって、すまない。君は、それでいいのか?償い、と言う訳ではないが…何か、して欲しい事はないのか?嗚呼、今は未だ、不毛な話だったな。相変わらず、甘やかすのが上手い事だ、
[1263]   クー・フーリン   2018年2月18日 12:21 89AeI1GYuSAr6
>>1262

まぁ、その辺は俺も同じだからな、否定はしねぇ。忘れていても教えてくれよ、祝いたい気持ちは変わらねぇんだからな。……お前こそ、そうまで言えるくらいに何で俺を愛してくれんだよって話だぜ、物好きな野郎だ。応とも、俺が道を拓いて見せっからきっちり二人で解決しような。迷わない人間の方が怖ぇっての。そりゃお前あれだ、俺達ゃ真性のバカップルだから仕方ねぇさ。ったくどの辺が魅力的なんだか…、あれか、お前が何やっても可愛いのと一緒か。今までになく確固たる自信を感じんな…、いやお前が良くても俺が恥ずかしいわ。そりゃ分かるけどよ、たまには誘われてみてぇ、なぁ?シロウ。…まぁ付き合わせてる感は未だ抜けねぇけど…、って話はそこじゃなくてだな、俺だって滅茶苦茶恥ずかしいわ!って話だよ。よーし、その意気だぜ、って、そんな気合い入れるもんでもねぇ気がするが。だが結局お前が帰って来たんならもう全部チャラだろチャラ。お?じゃあチャンス有りか?ってか別れた後の話をしてんじゃねぇよ。…結果的にそうするだろうってのが見えてるだけさね。
[1262]   エミヤ。   2018年2月17日 23:45 jkP2DNrVgkF5g
>>1261

…まあ、もう過ぎた事だ。忘れる事は、出来ないかもしれないが。…、分かった。君が覚えていてくれたら、一緒に祝おう。勿論、幻滅等しない。出来る筈もない。どんな君でも、愛しているよ。私がまた、迷った時は…そうやって、教えてくれると、助かる。もう、迷わない様にしたいのだがね。そうだな…、不思議と、君には隠し通そうと思っている事も、いつも言ってしまう。いつだってそう思っているよ。私には勿体無い、魅力的な人だと。そう、だろうか。否、私以上の相手が居て貰っては困るのだが…。この自信だけは揺らがないからな。し、仕方がないだろう!いつになっても、こればかりは慣れない。その様な事は思っていないが…、遠慮させていないか考える事はある。…なら良いのだが。君の手を煩わせないよう、努力するとしよう。…それでも、結局は不安にさせてしまった事に変わりはないのだがね。…ふ、そうか。そう言われると、こっそり思い出を眺める事ぐらいは、あるかもしれないな。今も、時々読み返す事がある。…!ふ、君は本当に、私に甘いな。
[1261]   クー・フーリン   2018年2月17日 20:59 89AeI1GYuSAr6
>>1260

そこはお互い様ってやつだろ、多分。おう、だから俺がやりたいからやってんだ。お前と祝うのなら、きっとその日は特別な日に変わる。……、わ、かった、言う。言うけどよ、その、そう言ったからにゃ幻滅とかすんなよ?一言では無理でも納得出来るまで言い聞かせてやるよ。んだよ、今のだって本心なんだからな!…応、お前とはもう上っ面だけで話すような間柄じゃねぇしな。っ未だそう思ってんのかよ…恥ずかしい奴め。存外見付からねぇもんだぜ、お前程相性良い奴は。いやそんなとこで自信持つなよ!くそっ…。…、お前は生娘か。……大体よ、俺はやりたくなったら即刻やる!みてぇな奴だと思ってねぇだろうな?…ふは、まぁその辺は心配すんなって、子供にキスなんかしたくならねぇよ。ああ、それでも一歩が踏み出せないなら引っ張り込んでやろう。…確かにお前の呟きで落ち着けたし目も覚めたけどよ。…俺は、別れ方によるが、多分、不意に戻って来やしないかと未練がましく覗いちまうかもな?…と見せ掛けてお前のことも甘やかしてやるのが俺的にベストだな。
[1260]   エミヤ。   2018年2月17日 12:59 jkP2DNrVgkF5g
>>1259

…そうだな、彼には悪い事をした。前にも言ったが、私に合わせる必要はないんだぞ。確かに君と一緒に祝えれば幸せだが、私が勝手に言っている事だ。だが、またこうして君を不安にさせてしまうかもしれない。だから、その時も言ってくれ。不安だったり、怖かったら、安心させられる様にするから。それは何とも、心強い言葉だな。…物真似としては、落第点だな。だが、君が話してくれるから、私も…出来るだけ、本音で話そうと思える。そう、だろうか。君はとても魅力的で、私には勿体無い相手だと思うのだが…。駄目になった君も好きな自信はある。思う事はあるが、…自分から、誘うのは、その、……恥ずかしい。……否定はしないが、それではまるで私が子供の様ではないか。…、分かった。君が、そう言うのなら、もう少し素直になりたい。私が思い出させてしまった事に変わりはない。だから、少しでも安心して欲しくて…呟きに、残したんだ。もしも、だが。もしも、君と離れる事になったら、きっと私はもう此処には来ない。勿論、君が満足する迄、幾らでも。
[1259]   クー・フーリン   2018年2月17日 12:01 89AeI1GYuSAr6
>>1258

んじゃそいつとその辺の相性は合わなかった訳だな。応よ、つーか、二人で祝えるもんは祝おうぜ、クリスマスとかな。…ああ、それはちゃんと分かってはいるんだがよ。勿論お前のペースでいいさ、そんで、悩みの種はプチッと潰してやっからよ。…やっぱり本音で話した方がいいと思ってよ、それが正解だったみてぇだな。ちゃんと話せばお前は傍に居てくれるだろ?っつってな。大体、俺を買い被り過ぎてんだよ。…、そうやってすぐ俺を駄目にしやがるな、お前は。ほほう?その割にはお前から誘われた記憶はあんまし無ぇんだがな?…ふは、だが言い方の問題だけで、要するにそう言うこったろ?…今までもちゃんと言ってきたろ?だから、文句も全部ちゃんと言うから安心しな。気を遣われる方が俺は嫌だ。…まぁ過ぎた事であんま気にしてなかったんだが、それがお前となると急に思い出して慌てちまった訳さ。トラウマとも若干違うか、よく分からんな。お前が謝る事はねぇよ。…ん、分かった、その言葉を信じよう。…ふ、飛んできたお前を受け止めてやるから、しっかり甘えさせろよ?
[1258]   エミヤ。   2018年2月17日 02:08 jkP2DNrVgkF5g
>>1257

…、一度だけ。だから、不安で仕方がなかった。君が嫌ではないのなら、…一人でこっそりやる事ぐらいは、許してもらえるだろうか。それは、その、努力…する。君を驚かせたい訳ではないんだ。不安にだってさせたくない。急には難しいかもしれないが、伝える努力をする。嗚呼…、君も、怖いと思うんだな。おかしな話かもしれないが、少し安心した。そう思ってくれる内は、傍に置いてくれるだろう…?君が望むなら、いつだって触れていいんだぞ。…、私にだって、どうし様もなく触れて欲しい日ぐらい、ある。む、…その物言いは些か不服なのだが…。本当に、ちゃんと言ってくれるか…?君の、負担にはならないか…?トラウマ、か。そうか、それだけ恐ろしい思いをさせてしまったんだな。本当に、すまない。ただ、私は…手放される事はあっても、飽きたから君を手放す、なんて考えられない。こんなにも好きになれたのは、君が最初で最後だ。そう、か。なら、いつでも私を呼んでくれ。君が、私を必要としてくれるなら、飛んで会いに来るから。
[1257]   クー・フーリン   2018年2月16日 22:50 89AeI1GYuSAr6
>>1256

気持ち悪いと言われた事でもあんのか?まぁそんなもん知らねぇけど、俺は可愛らしいと思うぜ。あー、言い方を間違えたわ、自制なんざしなくていい、勝手に考え込むなと言ってる。悩む前に俺に言え、一人で考え込むのは疲れるだろ。それにお前が悩んだ結果だとしても俺からすりゃ突然言われるんで心臓に悪ぃんだよ。…ふ、大丈夫だ、俺も怖い。今はこれ以上なく幸せだが、ふとお前を失う事を考えると、…暗闇で灯りを消される思いだ。…ま、きっとそういうもんなんだろ。人肌、と言うか、お前になら何時だって触れていたい。…ほう?そいつは興味深いな。…おう、甘えん坊にはいい子いい子してやろう。シロウ、俺とて許容量はある、だからお前が過ぎた真似をすんならちゃんと言うから。あん時は本当に怖かったんだよ、お前が消えると思って、…今思うとすげぇ恥ずかしいんだが、トラウマってやつなのかね。…動物を見て癒されるとかあってもよ、やっぱり言葉ってのが一番大きいと思うぜ、それで、目一杯甘えられるのも今やお前だけなわけで。
[1256]   エミヤ。   2018年2月16日 22:18 jkP2DNrVgkF5g
>>1255

そう、だろうか。重い、と言うのもあるが、こう言う所が気持ち悪いのだと、思って。む、…。そうか、思い込み、か。やっぱり私は、考え過ぎの様だな。もう少し自制出来れば良いのだが…。君が、望んでくれる限りは、傍にいたい。それと同じぐらい、いつか、君に手放される日が、怖くなる時がある。君も、人肌が恋しくなる時があるのか。そ、そう言う気分の日も確かにあるが…。迷惑では、ないのなら…抱き締めて欲しい。触れて欲しい。だが、線引きがないと…求め過ぎてしまいそうで、怖い。なら、良いのだが…。あんな君を見るのは初めてだったから、心配だったんだ。それこそ、大袈裟なのではないか?でも…こんな私でも、そう思ってくれるのは、幸せだ。
[1255]   クー・フーリン   2018年2月16日 19:16 89AeI1GYuSAr6
>>1254

?別に俺にも祝えと強制してるわけでもなし、治す必要ないだろ。だってよ、重いだの束縛してるだの俺から言ったならそりゃあ悩ましちまうだろうが、お前の思い込みでしかねぇならそりゃ真面目の前に馬鹿も付けたくなるわ。…お前が俺を愛していると言うのなら離れるな。俺の傍に居てくれ。そうすりゃ離れたりしない。そうなのか、なら、俺と一緒だな!迷惑?寧ろ喜んでってとこだ。いくらでも抱き締めて撫でてやるしキスも沢山してやる、…ああ、もし触れる、の意味が性的にだとしても歓迎するぜ、…なんてな。いやそもそもその線引きとやらが要らねぇんだよ、そんな線踏み消せ踏み消せ。遠慮はしねぇが、さてはて、お前に言う事があるのかどうかって話だな。あれは勝手に誤爆しただけでお前は悪くねぇよ。それに、お前の言葉一つで落ち着けた。そうは言っても、見るだけで俺をほっと安心させるのはお前しかいねぇんだし。
[1254]   エミヤ。   2018年2月15日 22:36 jkP2DNrVgkF5g
>>1253

…、そうだろうか。否、そう思ってくれるのなら、良いのだが。こう言う所を、治したい思っていたから。そう、だったのか。不真面目とは思っていないが、馬鹿真面目と言われとは、初めてだ。…、…本当に、離れたり、しないか?この侭の私でも…君の傍に、いていいのか?弱っている時程、恋しくなるし、君の姿を見ると、安心する。…でも、本当に、迷惑ではないだろうか。弱っている時程、甘えたくて、触れて欲しくなるから。面倒を、掛けると思う。…どうにも、上手い線引きが分からなくて、な。努力する。なら、良いのだが。迷惑だったら、何でも遠慮なく言ってくれ。治す様に、努力する。…あれは、本当にすまない。君に不快な思いをさせてしまったな。もう少し上手く伝えられたら良かったのだが。一番の癒し…、私には、勿体無い言葉だな。
[1253]   クー・フーリン   2018年2月15日 21:48 89AeI1GYuSAr6
>>1252

お前の事を重いなんて俺は一度も思った事ねぇぞ、今回だって律儀で可愛い奴ぐらいにしか思ってねぇ。そうだ、考えなくていい事まで一生懸命悩む奴なんざ生真面目通り越して馬鹿真面目だろ。それは俺もではあるが、お前は俺が言ってもない事で悩みすぎるんだよ、そんな事しなくとも離れはしない。弱ってるのに会いに来てくれるのは嬉しいぜ、少しでも力になれるんならな。そんなら、呼ばれる回数が増えていく事を祈っておくかね。いんや、俺は嬉しい、守りたいと思って守ってくれてるんなら尚更な。この前のが丁度そうだ、お前が離れるのを恐れて我慢出来なかった。だってそうだろ、お前は俺の一番の癒しなんだからよ。当然寂しくもなるさ。
[1252]   エミヤ。   2018年2月15日 20:25 jkP2DNrVgkF5g
>>1251

昨日は、私から話したいと言ったのに、先に寝てしまってすまない。( /蹴り可、 )

そう思ってくれるのなら、良かった。書き込んだ後に、少し後悔していたから。こう言う所が重いのだと、思って。…真面目、なのか?私が…?喜ばせる為、と言うのも間違いではないが…、少しでも、君の傍にいられる時間が、長くなる様に、と。…そう、思って。全てが嘘と言う訳ではないが、弱っている私の話し相手など、面倒だろうと、思って。言わない様にしていたんだ。…ん、そうか。なら、素直になれそうな日は、君を呼ぶ事にする。こうやって君の言った事を守るのは…変、だろうか。変なら、きちんと治すが。…君にでも、そんな事があるんだな。そう、なのか。…何だか少し意外だな。君は、そこ迄気にしないと思っていたから。
[1251]   クー・フーリン   2018年2月15日 00:48 89AeI1GYuSAr6
>>1250

…は、チョコよりも甘ったるい筈なのに何より嬉しい贈り物だな。何と言うか、馬鹿真面目なお前が愛しくて、大切にしようって気になるんだよな。だがそれは俺を喜ばせようって思ってくれての事…だよな?ならそれは俺にとって悪い事じゃねぇさ。それに、その悩みが俺にとって間違いならばちゃんと訂正してやるよ。何だ、いつもなら疲れたから調子が悪いから来れないっつってたのは違ったのかよ?…初めっからそれで良かったんだよ、まぁ何時でもとは言えねぇけど、お前が会いたいと言うなら喜んで会いに行く。ふは、そんなとこも律儀なのな。1ヶ月くらいの覚悟はしてたわ。おう、俺もおんなじだ、格好付けたいのに、お前の事となると時々爆発しちまうのを抑えられない。有り難うよ、お前の事も本気で面倒だとは思った事はねぇよ。…そりゃもう、数日来ないのは忙しいか何かだと思っても、確認した時に来てないと、寂しく思う。土日なんて暇さえあれば覗いてるしな。
[1250]   エミヤ。   2018年2月14日 23:44 jkP2DNrVgkF5g
>>1249

…否定はしないがね。バレンタインでなければ、本当は、休日になる迄顔を出さないつもりだったから。そんなものを刺激する様なものだったか…?…ちがう、君の所為ではない。私が、…余計な事を考え過ぎて、しまうから。勝手に、悩んで、君を巻き込んでいる。…本当に、嫌では、ないのか?何でもない日に、疲れたから、とか…今は、調子が悪いから、…君に、会いたい、と言っても。嗚呼、具体的な日付も言っていなかったからな…。一応、前に、一週間以上会えないのは、と君が言ったから、一週間を目安には、している。そう、だな。ただ、どうし様もなく惹かれて、恋しくなって、会いたくなる。…自分の感情を上手く操れない。何とも、厄介なものだ。…、君の事を面倒だ等と思った事は一度もないがね。…私が、いない時は…、私に会いたいと、思ってくれるのか?
[1249]   クー・フーリン   2018年2月14日 23:07 89AeI1GYuSAr6
>>1248

ん?ああ、なるほどねぇ、結構ロマンチストなのな。なんつーかこう、何だ、母性?いや父性?を刺激されるというか…。…、それ、寧ろ怒るぞ、俺が欲しいのはそんなんじゃねぇってな、…まぁだからこそ悩ませちまうんだろうけどよ。その身勝手に付き合わせろよ、…その方が求められてる実感が持てる。…なんだ、良い子に待て、何てするんじゃなかったぜ。すげぇ覚悟決めて来てたのによ。はぁ?そんなもん俺が知りてぇわ。臭い事を言うが恋に理由なんざ見付からん、だがどうしようもなく惹かれる。戯けが、大本命がキープになんざなれるか。理由は分からんが、どうしてもお前が欲しい。お前が暫く会わないと言うと毎回胸に穴が空いたみてぇに苦しくなる。何がどうあれお前が居ないともう駄目だ。…何だかんだで俺も面倒な野郎なのさ。
[1248]   エミヤ。   2018年2月14日 22:15 jkP2DNrVgkF5g
>>1247

…世間的には、想いを伝える日、だからな。…面倒なものは、面倒なだけだと思うのだが。都合のいい相手でいられたなら、まだ、傍に置いてくれるのではないかと、考えるんだ。いつも、と言う訳ではないがね。言おうとは思っても、直ぐに消したくなる。正月の時もそうだったが、自分の身勝手に付き合わせるのは、と考えてしまう。…まあ、…そう言う事になるな。君が呼んでくれれば、いつでも行くと言っただろう。…そう、だったな。でも、分からないんだ、君が…私を、そこ迄好きでいてくれる理由が。都合のいい相手、だったら、まだ理解出来る。面倒臭い相手だと言う自覚はあるが、君の求める事は何だってする。キープ、ぐらいなら…なれると、思う。でも、こうやって面倒を引き受けて迄、…私の傍にいたい、だなんて。
[1247]   クー・フーリン   2018年2月14日 21:36 89AeI1GYuSAr6
>>1246

そりゃあ良い日だな。別に面倒なとこも可愛くて甘やかしたくなるからいいぞ、俺はな。まぁ、俺もお前の事を考えてるつもりだから駄目だとは言わんが、俺にとって都合の良い相手を目指す必要はねぇぞ。自信がないっつってもよ、お前だから言ってる事だぜ?全部。生憎、前に言ったがもう探すつもりもない。別に無理はしないと決めてんだから言うだけ言えばいいじゃねぇか。……ん?お前が会いたくても言えないって事は、俺が会いたいのを我慢して待つ必要なかったのか?…、それもお前だと言うのなら、何度でも繰り返してやるって言ったろ?前にもな。寧ろ、頼むから一緒に居てくれよ。
[1246]   エミヤ。   2018年2月14日 21:16 jkP2DNrVgkF5g
>>1245

今日なら、少しは素直になれる様な気がして、な。…面倒を掛けてばかりで、すまない。君にとって良い相手になりたいのだが、上手くいかないものだな。…時々、どうしようもなく不安になるんだ。君の事を信じていない訳ではない。だが、君の言葉を信じられる程、自分に自信がない。私よりも良い相手なぞ、幾らでもいるだろう。考えれば考える程に、君が大切になればなる程に、…上手く、言葉が出なくなる。君を、縛りたくなくて、でも、上手くいかない時に限って恋しくなる。会いたい、と言えれば良いのだが…この通り、素直になれなくてな。君を振り回してしまった。今は落ち着いたが、また、同じ様な事があると思う。…それでも、私は、…一緒にいても、いいのだろうか。
[1245]   クー・フーリン   2018年2月14日 20:18 89AeI1GYuSAr6
>>1244

そんでお互いに物好きだ。ん、おかえり、思ったより早かったじゃねぇか。いいぜ、話したければ話しな。
[1244]   エミヤ。   2018年2月14日 18:37 jkP2DNrVgkF5g
…、馬鹿はお互い様、か。…ただいま、クー。その、君に時間がある時で構わないから、少し…話したい。待っている。
[1243]   クー・フーリン   2018年2月13日 00:24 89AeI1GYuSAr6
……うわ、恥ずかしいわこれは。何を勝手にお前を別の奴と重ねてんだかな。目ぇ覚めたわ、ありがとよ。
お前の事全部好きだっつってんのに俺の好きなお前ってまたよく分からん事を考えてんのな。そんな間抜けな所も愛しいと思うのは重症か。自分勝手で強欲?まぁそうかもしんねぇが、会いたいと思ってくれてんなら安心するし、嬉しい。後な、お前以外なんて居ないんじゃなく、此方から願い下げだ。探す気も起きねぇ。だから、待つ。戻って来ると言うのなら、それを信じて待ってるぜ。体調も含めて無理はすんじゃねぇぞ。
[1242]   エミヤ。   2018年2月11日 21:38 jkP2DNrVgkF5g
まずは、レスを消してしまってすまない。だが、そこは大した事は書いていなかったから、余り気にしないでくれ。それから、私は暫く此処には来ないでおこうと思う。君に話した通り、先週から予定を入れ始めた。空けていた時間を、埋める様にしてきた。だから、と言うのが理由の一つ。もう一つは、…今は、君に対して上手く、話せないんだ。自分でも理由は上手く言えない。ただ、こんな状態では君も煩わしいだろうと思って、な。君には会いたいが、面倒は掛けたくない。それに、君も最近は忙しいだろうから、多分、丁度いいだろう。今年に入ってから、こんな事ばかりだな、すまない。重ね重ね言うが、もし、要らなくなったら、言ってくれ。では、また。
[1240]   クー・フーリン   2018年2月11日 13:30 89AeI1GYuSAr6
>>1239

ん、そうかい、お疲れさん。別に長文に拘らなくても話したいと思ってくれんなら何でもいいんだぜ。まぁ疲れてんなら無理せず寝てろ、そう言う時こそ風邪にやられるんだからよ。わぁってるよ、つかお前に言われたくねぇし。そんじゃのんびり待ってるぜ。
[1239]   エミヤ。   2018年2月10日 15:13 jkP2DNrVgkF5g
遅くなってすまない。今週は色々あって、少し疲れていて、…今は、長文を返す気力がない。だから、もう少し待って欲しい。明日か明後日迄には、と思っているが、遅くなる様ならまた連絡する。…それと、幾らか気温が上がったとは言え、まだ風邪の季節だ。無理せずに、暖かくするんだぞ。
[1238]   クー・フーリン   2018年2月6日 23:30 89AeI1GYuSAr6
>>1237

そうだ、戦でのエルフとはかけ離れた化物染みた容姿も戦いぶりも恐ろしかろうと自覚はある。…おう、フェルディアに叔父貴に師匠にローグ…皆居場所はバラけてるな。…、顔が整っているからと言いたいならお前とて整っているが、客観的とはどう説明する?…だから、お前が良い、平然と俺と話すような使い魔が。おう、早速腕試しと思っていたが、人間を見て綺麗だと思ったのは初めてなんで手が止まった。( 英雄故にとも重なるがもっと表面的な所でも恐れられているのだと肩を竦め、友人とは言い切れない相手も居るが少なくとも他のエルフに比べると対等な知り合いを指折り挙げていき、何やら煮え切らない態度にじーっと視線を向ければ少し揶揄いたくなり態と深掘りしてやり、憎しみの無さに加え本当は使い魔に相応しいか加減抜きで試す予定が狂ったのだと無邪気に語り、 )

それから俺から甘えてみたり?…はまだちょっと照れるが。ならいいが、たまにそこだけ心配にはなる。スーツなんざ気障ったらしさ増し増しになるんだろうな、つって。そうは言っても甘やかさずにはいられない。だから何と言おうと捕まえる。…んじゃ俺限定でやらしくなる、と、…腰まで揺らして。…その気持ちいい顔がそろそろ見てぇな、…よっ、こらせ、とな。そら見せろ…っ。( そう思った方が独占欲満たされそうだと言い換えてみては、ふと甘やかな声と緩やかな刺激にさえ反応する胎内だけではまだ足りぬと腰の支えを退けて横向きになるよう転がせば片足を肩に担いで腰を少し引き勢いよく一度突き上げてやり、 )
[1237]   エミヤ。   2018年2月5日 00:16 jkP2DNrVgkF5g
>>1236

良くも悪くも、君は特別と言う事か。森以外…。森の外には友人がいるのか。なっ…そ、それは、客観的に見ても君は美形だと思ったからだ。私個人の意見ではなく、あくまでも客観的に。…女は庇護の対象、と言う事か。嗚呼、そうだったな。君は人間である私を受け入れた、物好きなマスターだったな。( 英雄であるからこそ孤高なのだろうと双眸を細めては、森の外なら、と言う単語にぱちくりと目を瞬かせ、思わず意外そうに呟き、容姿の美しさを当然として認識していた為、個人的な意見ではないと主張しつつもふい、とそっぽ向き、信条と言われては譲る事の出来ない部分なのだろうと渋々納得した様子で、少なくとも最初から憎悪の色は全く見られなかったと思い返して笑う相手に釣られて薄く笑みを浮かべ、 )

まあ、…他ならぬ君からのお願いなら、そうなってしまう事の方が多いな。これがしたい、と言う程の事はないからな。それに、私も好きな様にやっているつもりだ。ふむ、であればスーツも調達しておこう。確か、黒のスーツがあった筈だ。そう出来たら、…気楽なのだがね。…あまり、甘やかされると、困る。もう、あんな失態を君に見せたくない。や、やらしくなんか…、ぁっ、ふ、あ、あっ、ぁ、あッ、ひぅっ!?ぁ、きも、ちぃ…くぅ、くー…。( 快楽の余韻が抜け切らず相手の言葉がまともに聞こえない中、かろうじて耳が拾った言葉が気恥ずかしく小さく左右に首を振って否定をするも、緩やかな挿入に揺さぶられるが侭嬌声を漏らしながら時折奥を貫かれる感覚に裏返った声を上げ、理性の枷が外れた身体は相手の動きに合わせて腰を揺らしたり胎内から抜けてしまう感覚を惜しむ様に締め付けたりと快楽を求め、 )
[1236]   クー・フーリン   2018年2月4日 23:08 89AeI1GYuSAr6
>>1235

森の奴等は俺を尊敬し、異端視し、そして恐れているが、頼らざるを得ないと理解してる。だから、友にはなれない。あの森以外になら居るんだが。自分はただの使い魔ですって面しときながら、俺を美丈夫として見ているってのは随分人間らしい感性で面白ぇよ。戦力じゃなく俺の信条の問題だ。喩え師匠であっても前線に押し出す真似はしない。…その自覚はある。…は、そんなもん、お前の元が人間と知っても殺さなかった時点で気付いとけよ、間抜け。( 生暖かな視線に不満げな視線返すも、友が出来ない理由を語りつつも自身の住まう森には居ない面々を思えば溜め息吐き、あくまでも道具と主張しておいてのこの矛盾にくつりと喉を鳴らし、相手の意見に対してはそこは譲れない部分なのだと首を振り、相手からの思わぬ発言にぱち、と目を瞬かせて相手を思わず見てから少し照れ臭そうに笑って、 )

それにお前とて、俺がおねだりでもすりゃ絆されてくれるんだろう?…どっちかってぇと、それで良いんじゃなくこれがしたいってのが聞けるのがベストなんだがな。やりにくいとかそう言う問題じゃねぇ気がするが、お前のスーツ姿は是非ともってとこだな。そんなら逃げようなんざ思わねぇこったな。そう言うと思ったから、俺が勝手に俺なりにやるってだけの話だよ。…ふ、そんじゃあ今からお前のそのやらしい身体は余さず俺のもの、…ってな。( 何処に触れても過敏に反応する淫靡なその身体に無意識に獲物を見るように目を細めて舌舐めずりしては、許可どころか誘いまで受けたのならと身を起こして腰を掴み、衝動抑えて先ずは味わおうと今度は吸い付く胎内から引っ張り出すようにしてゆっくり抜き挿しし始めては時折根元まで埋めて腰を揺すってはまた抜いてを繰り返していき、 )
[1235]   エミヤ。   2018年2月4日 21:57 jkP2DNrVgkF5g
>>1234

だから、一人寂しく過ごしていたと言う訳か。わ、笑う必要はないだろう。…、女と言えど、使い魔には変わりはない。戦力になる事は間違いないだろう。…成程。君は変わり者だな。だが、私のマスターが君で良かった。( 森の中で仲間に頼られている様子はあったが、誰かと暮らしている訳でもなければこうして共に行く友のいない相手に生暖かい視線を向け、抑え切れず笑い出す相手におかしな事を言ったつもりはないのにと眉間に皺を寄せ、相手の答えにも納得出来ていない様で口をへの字に曲げ、一つ頷いてからふ、と安堵の息を漏らしては街を見詰める眼差しに僅かに表情を緩め、 )

…そうだな。少なくとも、悪い気はしないだろう。別に、そこ迄気にする必要はないだろう。嫌々ならば兎も角、私はそれで良いと思っているのだから。やりにくい、と言うのならスーツぐらいなら構わんぞ?そうだな…、何処かで着た事がある様な気さえする。不思議なものだ。だから、君が追い掛けてくる内は、逃げる事など出来まいよ。…十分、幸せだよ。だから、私はこれ以上を望みたくない。強いて言うなら、それが私の望みだ。おかしな話かもしれないが。ひあ、ぁぁッ…、ぁ…いや、じゃ、ない…。だから…、君の、すきに…。( 項に触れる感触に敏感になった身体は擽ったげに身を捩り、性器をなぞる指先に背を震わせ鼓膜を揺らす低音にとろりと蕩けた声音でぽつりと呟いては小さく左右に首振り此方から誘う様に腰を揺らして相手の様子を伺い、 )
[1234]   クー・フーリン   2018年2月4日 17:51 89AeI1GYuSAr6
>>1233

…危険に付き合う気概を持つ奴はいねぇさ。マナが漂う世界とは言え弱体は免れねぇだろうしな。…美、…、っく、ははっ!美丈夫ねぇ、まさかお前がそう見てたとはな!いや悪ぃ。で、答えだが、女を戦場に出せるかよ、俺の趣向に反する。…、ま、憎む奴のが多いだろうな。だが、エルフが酷く閉鎖的なように、人間もまたこう言う種族なのだと俺は見てる。実際一人一人見れば悪い奴ばかりじゃない。( 一歩間違えれば捕まり兼ねない行為に好んで着いては来まいと肩を竦め、魔力で編まれた相手がそう言うのも道理かと頷き、美丈夫、と言われればきょとんと目を丸くした後に、その意外性から込み上げる笑い抑えられずに一頻り笑ってから仕切り直して質問に答え、そして湧いて当然の疑問に頷きを返すと割り切った持論を述べては活気溢れる街に目を細め、 )

うるせぇな、愛しいと言われたら、何であれ、その、ちょっとは嬉しくなる、…だろ?俺も一方的にならねぇよう気を付けてるつもり、なんだが、お前がそんなだから加減も難しくなってきてんだよな。別にお前も合わせる必要は…いやスーツはちょっと見てぇけど。執事服で彷徨いても誰も突っ込まなさそうだもんな。そりゃ逃げられねぇわ、俺は一度たりとも足を止める気は無いからな。そうかい、丸っきり同じ台詞を返したい所だが、お前は難しそうだから俺なりにお前を幸せにしよう。……、俺にいっぱいされて、おかしくなるのは嫌か…?( 触れるだけで喜びとも悦びとも受け取れる反応に掻き立てられる情欲を抑えるように深呼吸してから項に口付けを落としつつ、既に反り立つ相手の性器を根元から先端へと指でなぞり上げ、態と声を低めて囁きかけて、 )
[1233]   エミヤ。   2018年2月4日 12:39 jkP2DNrVgkF5g
>>1232

…、いつもは一人で来ているんだったか。まあ、マスターに死なれて困るのは私だ。何処へでもついて行こう。…、君ほどの美丈夫なら、女の使い魔の方が良かったのではないか、と思っただけだ。……そうか。…、それでも、君は人間が憎らしくないのか?( 向けられた表情に目を瞬かせては思わずふい、と視線を逸らし一つ咳払いをして切り替えて強く頷き、こちらを伺う相手に小さく溜息を漏らしては素直に思っていた事を告げ、予想通りの答えに捕えられ奪われ蔑まれる者達を思いただ一言相槌を打っては、この様な光景を見せられてもこうして街に降りて人と触れ合う相手に対して純粋な疑問を抱きぽつ、とまた問い掛け、 )

君も大概、私に甘いな。そう言う所も、可愛いと思うがね。嫌がる相手に強要する趣味は持ち合わせていない。まあ、大概は受け入れてしまう、と言うのもあるが。主人、と言う柄でもないからな。スーツぐらいなら、構わないが…。嗚呼、我ながら不思議と執事服はしっくりくる。最速の英霊からは、とても逃げ切れまい。それに、私は振り返ってしまうだろうからな。…私に出来る事と言えば、これぐらいだ。君には、出来るだけ笑っていて欲しい。…だから、君がやりたい事を優先して欲しいと思うし、気を遣わせたくないと思う。ひぅっ、…ぁ、…だっ、て、きみが、…いっぱい、する、から…。おかしく、なりそうだ…。( 抜け切らない快楽に身悶えていたものの暫くして落ち着きを取り戻してはぽつりぽつりと独り言の様に零しながら下腹部に触れる手を悦ぶ様にきゅう、と反応してしまう事を気恥ずかしく思う余裕もなく鼻を啜りながら枕に顔を埋め、 )
[1232]   クー・フーリン   2018年2月3日 19:26 89AeI1GYuSAr6
>>1231

よし、許す!そして俺は更なる安全性を得るし、話し相手も出来て…やっぱり良い事ばかりだ。…?男にさぞモテただろうっつっただけで、別に文句言ってねぇし…あ、女扱いしたわけでもねぇからな?…人間が幸福になるのに人間を奴隷にしてちゃ意味無ぇだろ、折角別の知的生命体がこの世界にゃたくさん居るんだしよ。でなきゃ俺の森も襲撃されてねぇっての。メイヴは若干その辺ズレてるが。( そもそも自らの心配はしたことがなかったが誰かが居るのは精神的に安心感を覚えるものだと長年生きてきながらそれを実感してはにかむように笑って、先程から相手が拗ねている理由が分からず思い当たる節は取り敢えず告げてはちらりと様子を伺い、人間しか存在しなければ労働力として同族だろうと扱うかもしれないがこの世界では当てはまらないのだと首を横に振り、 )

……あ、その言い換えはしなくていい、…直ぐ絆される。ああ、お互いにその考えが一致してるから拗れてこねぇんだな。…いや執事がメイドに茶を淹れられてどうすんだご主人サマよ。つーか滅茶苦茶違和感無さそうだな。初めからそれじゃあ逃げるのは無理だわな。…それも言った上で俺は俺の事を優先しろっつったのがずりぃんだよ、甘やかしすぎだろ。……っ、あー、馬鹿、そんなにしたら、お前の腹ん中を掻き毟りたくて堪らなくなんだろう…が。もっと堪能してぇのによ、この体も声も、顔も全部。( 自分がやっている事とは言え柔らかな胎内がきゅうと自身の性器を締め付けては吐息熱く静かに悶えるしかなく、相手の背中に額を押し付けると深く息を吐きながら今埋め尽くされてるだろう相手の下腹部をそっと撫で、 )
[1231]   エミヤ。   2018年2月3日 18:27 jkP2DNrVgkF5g
>>1230


…嗚呼、その通りだ。では、勉強の為にも、是非同行させてくれ。…、なら、大人しく使い魔の食事で我慢しておくんだな。……。奴隷と言うのは、君のような異種族の事か?…それとも、同じ人間同士の事か?( 損がないと言うのなら此方からも頼むべきだろうと改めて同行を願い出、身を寄せない理由を語る相手に溜息を吐いてはそれなら文句を言うなと一瞥してそっぽ向き、関わるつもりはないが、相手の説明に耳を傾けては聞かずにはいられずぽつり、と問い掛け、 )

どんな君でも愛しい事に変わりはない。君が本気で嫌がる様な事はするつもりはないからな。……、なら、君に合わせて私も執事服を着た方が…?必ず、か。…なら、とても逃げられそうにないな。…、私は、君の記録に残らなければいいと思う。そうか?これぐらいは当然の事だろう。愛しい人に呼ばれているのに、放っておく事など出来ない。…嗚呼、あくまでも私にとっては、だが。ひぅ、あ、ぁあッ、お、おかしく、なる、からぁ…、あ、ひァッ!?あ、ぁ、ゃ、あ、あァっ……。( 背中に感じる体温が心地好く小さく安堵の息を漏らすも、唯でさえ過ぎた快楽に身悶えていると言うのにこれ以上を与えられてはおかしくなりそうだと逃げる様に身を捩り、しかし背中に食い込む歯の感触にひっくり返った声を上げ、勢いを失った先走りが栓を失ったように零れる中、胎内を掻き混ぜる性器を搾り取る様により一層締め付け、 )
[1230]   クー・フーリン   2018年2月3日 15:04 89AeI1GYuSAr6
>>1229

だろ?それにお前はこの世界を全然知らねぇ、お互い損はない。なん?…言いたい事は分かるぜ、だが人間はいつか死ぬ、かと言ってエルフは付き合いが長すぎて結婚する意味が見出だせん。後俺には女運が無い。──…ありゃオークションの売れ残りを売り捌いてんだ。あそこの奴隷は、平民でも買おうと思えば買える。( 加えて此方は安全性が上がる上に相手は知識を蓄えられるなら対等で良いだろうと頷き、知らぬ単語に目を瞬かせつつも相手の感情露知らず、自分が誰かに身を寄せない理由を語れば一息吐き、相手のあっさりした対応に少し意外そうにしつつ、一応と思って淡々とした説明を加えておき、 )

…褒められてるはずなのにあんまり嬉しくねぇ…。まぁ、相反してはねぇみてぇだからいいけどよ。だがお前のは花嫁姿で、そんで結婚式の為のもんだろ。応、そん時は死に物狂いで逃げな、でない限り必ず捕まえる。まぁ、クラスはどうあれこの記憶を少しでも残せと聖杯に願うしかねぇな。…、そうか、…お前は俺をあまり甘やかせてねぇみてぇな事言ってたが、十分甘やかしてるぜ。……ん、だが、きもちいいん…だろ?それに、出せなくともイけるんじゃねぇか…?お前なら。( あっという間に蕩けて力も抜けきった様子の相手に目を細め、それでも止まらない嬌声と揺れる腰付きにくらりと揺らぐ理性をどうにか保ちながら、背後からぴとりと身を寄せて、ぐりぐりと腰を隙間無く押し付け胎内を掻き混ぜ、湿って色気漂う背中に本能のまま歯を食い込ませ、 )
[1229]   エミヤ。   2018年2月3日 13:13 jkP2DNrVgkF5g
>>1228

…そうだな。少なくとも、悪い事だけではないだろう。…女の手料理が良いのなら、ナンパの一つでもする事だな。──む。…そう、なのか。…では、別の店へ行こう。( 今は敵同士ではないのだから、楽しんでも罰は当たるまいと表情を緩めては目尻を下げ、性別の単語に反応してじとりと視線を向けてからふい、と視線を逸らし、引き止められると反射的に足を止め、人集りの先を見詰める様に双眸を細め何か言いたげな表情こそ見せるもそれなら用は無いと踵を返し、 )

君ならどの様な恰好であっても、似合うだろうとは思っている。種類…、まあ、好みの違いだろう。メイド服ではないが、私も着るのだからお互い様だ。…、今でも、時々逃げ出してしまいたくなるがね。ランサーが?まあ、確かに同一人物かもしれないが…。…そうだな。なら、こうして君の傍にいられるのも、この夢が覚めてしまう間の事かもしれん。…大事にしなくてはな。その点については心配せずとも、最初からそのつもりだ。君に呼ばれた時、必ず会いに行くと言ったからな。だから、君は自分の事を優先して欲しい。ぁ、分か、っ、ひ、ぅあ、あ、ぁあっ、も、もぅ、出なぃ、っぁ、ひぁッ、ぁ、ああっ…!( 根元迄しっかりと押し込まれるとすっかり力の入らない身体はだらしなく枕に顔を押し付けながら生理的な涙を浮かべ、小刻みとは言え挿入が繰り返されると揺さぶられる侭に蕩けた嬌声を上げ性器からはぽたぽたと先走りが溢れ出し、性器を握る手に身を震わせてはもう出るものなどないと小さく左右に首を振るも思わず腰を揺らし、 )
[1228]   クー・フーリン   2018年2月2日 22:48 89AeI1GYuSAr6
>>1227

あん?楽しい事ならばそれは全部良い事だ、違うか?…、女じゃねぇのがちと惜しいな、さぞ男達の胃袋掴めたろうに。──あーっと、あそこは止めとけ、ありゃ食材じゃねぇよ。( 物好き、と言われれば馬鹿にされたのかと受け取ったようで少しむ、と眉を寄せて首を捻り、自信ありげな様子からして本当に上手いのだろうと思うとふと考える前にぽつりと心に浮かんだ言葉を述べては、相手が向かおうとする人だかりのある店が何であるか察するとぱしりと相手の腕を掴んで引き止め、 )

つーか保管するほど本気で似合うと思ってやがんのかよお前は…。変態は変態だが、なんかこう、種類が違ぇ気がする。これがメイド姿でなければ平和な一時なんだがね。だろうな、あんだけ逃げ回ってたもんな。クラス違いとは言え流石やっぱ俺だなって槍の方に言われたのがちぃと不服だが。まぁな、ランサーなら兎も角この姿でお前に次会うのは難しい、確かに夢みてぇなもんだ。回数は減るのは良いが、一日一回は書き込むかは別として覗くくれぇはしてくれよ?…ふ、は、こりゃやべぇな…、すぐ持ってかれそうだ。だから、お互いちょいと慣らそうな。( 何度か果てさせた上に散々解した胎内ならば蕩けるように柔らかく、さらに悦ぶようにそれが締め付けて来るのが堪らず吐息を溢しながらも根元までずんと押し込み、馴染むのを少し待ってやるのが定石だろうが、抑えきれない部分もあり、そのまま僅かに抜いては押し込むのを小刻みに繰り返しながら、その振動に合わせて腰を支える手で相手の性器を緩く握り、 )
[1227]   エミヤ。   2018年2月1日 23:41 jkP2DNrVgkF5g
>>1226

…、…。了解した。…物好きなマスターだな。ふ、次も食べたいと言わせてやろう。──よし、次はあの店だ。( 邪気のない純粋に楽しそうな笑顔に目を瞬かせては断る理由もなく了承し、いつかの幸せな記録と重ねては思わず笑みを零し、相手の怒りなど露知らず、何処か挑発的な口調にいつもの調子で返せば、人が集まる店を見付けると足早にそちらへと歩を進め、 )

了解した。考えておこう。…、君に言われたくはないがね。流石ドルイド殿。楽しみにしておこう。折角だから私も茶菓子を用意しておく。最初はこうなるとは思ってもみなかった。今でも、夢の様だとさえ思う。実際、夢を見ているようなものかもしれないが。嗚呼、そう言う事になる。此処に来られる回数も減るだろうが…、その方が、君に気を遣わせずに済むだろう。もっと早くこうすれば良かったな。ひ、ぁッ。ん、……あ、ん、ぁっ、あ、ああぁ…ッ。( 噛み付かれると思わず裏返った声を上げ、羞恥心で枕に顔を埋めてしまうも腰を持ち上げられると思わず期待に身を震わせ、ゆっくりと性器が侵入してくる感覚に抑え切れずに嬌声を上げながら枕に顔を押し付け歓迎する様にきゅう、と胎内を締め付け、 )
[1226]   クー・フーリン   2018年1月31日 03:27 89AeI1GYuSAr6
>>1225

分かった、出掛ける時は必ずお前を誘おう。その方が面白そうだ。…、そうかい、そんなに自信があんなら余計に期待しとかにゃな。( 何時も一人でこそこそ抜け出しているものの少々味気ないと思っていたが、誰かがいるのなら色付く所もあるだろうと邪気無く楽しそうに笑って、事実とは言え照れ隠しとは言え貶されれば腹は立つもので、ぴきりと青筋立てながらも抑え込み、それで此方の口に合わぬのならと考えることにし、ふんと鼻を鳴らし、 )

…、俺が見付けられん位置に置いとけよ。趣味に口出しする気はないが、この変態めとぐらいは言っておく。植物の知識なら豊富だからな、良いハーブを見付けて来てやろう。…、ランサーとしてのお前への毛嫌いを通り越して、気にかかる存在へと辿り着いたのが俺ならば、それは必然的だったのかもな。案…と言うと、忙しくするっつーか、予定を作るみてぇな話か?ん、…お前以外に居るかっつーの…っ…。( 笑われたお返しに尾骨辺りを甘噛みしては、相手の身体の下へ腕を差し入れるとぐいと腰を上げさせ、すっかり解れた後孔に張り詰めた性器を擦り付け、先端をゆっくりと押し込んでいき、 )
[1225]   エミヤ。   2018年1月28日 20:43 jkP2DNrVgkF5g
>>1224

…マスターの護衛としてなら、共に行こう。…、…嫌いではない。だが、料理の出来ない主人を見ていられなかったから、付き合っているだけだ。( 未知の国に対しての興味はあるもののあくまでもサーヴァントと言う立場を変える気はなく、肩に触れる相手を一瞥しては護衛ならばと頷き、一瞬言葉を詰まらせては否定は出来ないものの素直に認める気もない様で顔を覗き込む相手に気付いてはふい、とそっぽ向き、 )

見せびらかす等有り得ん。使う、と言うよりは保管、だろうか。では、次から気をつけるとしよう。…勿論。君にとって扱い易いもので構わない。また随分と今更だな。そうだな、もしかしたら、キャスターの君である必要はなかったのかもしれない。だが、私の傍に居てくれたのは君だ。クラスなど関係なく、な。む、…それは失礼した。ただ、先程の案は悪くないかもしれんな。ふ、…。ん、…おれで、いいなら…。( 逃げる様に腰を引く相手にぱちくりと目を瞬かせては思わず喉を鳴らして笑みを零し、身を起こす相手を視線で追っては腰を撫でられると思わず身を震わせながらもうつ伏せに転がり、 )
[1224]   クー・フーリン   2018年1月28日 19:16 89AeI1GYuSAr6
>>1223

ふは、分かりやすい…。今度は別の国も見せてやるよ。……そうかねぇ?どっちでもいいが、それでも楽しいんだろ?買い物をすんのは。( 見た目とは不相応な幼さを感じさせる反応に思わず笑ってしまえば、可愛らしいと言う言葉は飲み込み、ぽんぽんと慰めるように肩に触れ、歩き出した相手の後ろについて歩いていたがふと隣に並んでは軽く顔を覗き、 )

気にするわ!大体何に使えるってんだよ、他人に見せるつもりもねぇんだろ?多分。メイド云々の前に言っとけそういうのは。…、紅茶じゃなくて、ハーブティーでも、いいか?そっちのが馴染み深い。…貫いた記憶があるとは言え、あっちの姿でお前を殺した訳だしなぁ、…、そういやそうじゃねぇか、なんでランサーじゃなく俺を選んだ?今更だけどよ。…だからその言い方止めろ、せめてどうすれば寂しい思いをせずに済むか、のがまだマシだ。…ッ!馬鹿野郎、今触んな。そう言うんなら、…受け入れてくれ。( 最早膨張しきった性器に触れられては思わず逃げるように腰を引き、ゆっくり身を起こすと相手が楽な体勢を取れるようにと促すようにするりと相手の腰を撫で、 )
[1223]   エミヤ。   2018年1月28日 15:49 jkP2DNrVgkF5g
>>1222

…、…分かっている。っ。…、それこそ見間違いだろう。ほら、日が暮れる前に見に行くぞ。( 相手の忠告にぴくりと肩を揺らしては未知の食材に対する興味は尽きない所為か心なしか落胆した様に視線を逸らし、額を弾く指先に思わず眉根を寄せては考えられないと左右に首を振り、これ以上同じ話をする気はないと荷物を抱えて歩き出し、 )

ふむ、…では、カメラの事は気にしないでくれ。…メイド服でなくとも嬉しいぞ?君がしてくれる事なら。なッ…!?し、仕方がないだろう。普段は気にしない様にしているが、君は、美しいから…、困ると言うか…目のやり場が…。…まあ、君に比べると私は忙しい時期が疎らだからな。嗚呼、だが…忙しくしていれば、君に面倒を掛けずに済むだろうか。ん、んん…、…挿れない、のか…?( 降ってくる口付けに擽ったげに睫毛を揺らしもぞもぞと身を捩っては、ふと思い出した様に相手の下腹部へと手を伸ばし、手探りに性器に触れてはとろりと蕩けた顔でぽつりと尋ね、 )
[1222]   クー・フーリン   2018年1月28日 11:49 89AeI1GYuSAr6
>>1212

二人で抱えられる程度にしとけよ?また来れるんだからな。あ?そこまで吠えるような事言ってねぇだろ、…子供みたいに無邪気だっつっただけじゃねぇか。( この調子では市場全てを周りかねないと言う懸念生まれては一応忠告しておき、想定を遥かに越えた全否定に不機嫌そうに眉を寄せると八つ当たり気味にびし、と額を指で弾いては唇尖らせ、 )

いやそっちじゃねぇよ!?撮られる事自体の話だっての。……、メイド服を着た状態での話でなければ素直に喜べたんだがな。…ほほう?ちゃっかりランサーの俺の体もそうやって見てんのか、このムッツリスケベめ。どうだろうな、俺の場合平日は忙しくしてっから待つ時間が少なくて済んでるだけだからよ。……ふ、すっかり蕩けちまって可愛いなぁおい。…おうよ、ちゃぁんと此処に居るぜ、……シロウ。( 羞恥心故に逃げる気力も失せたであろう蕩けた様子に思わず表情崩れ、まるで猫か何かのように此方に擦り寄る相手も愛しくて額、頬、鼻にと口付け降らしては最後に首筋を唇で食み、 )
[1221]   クー・フーリン   2018年1月28日 01:35 89AeI1GYuSAr6
>>1220

いやぁ良い嫁持ったなぁ俺は。まぁでもお前も寂しいの我慢して無理はすんなよ?とは言え、待たせるのはあんま良くない事でもあるわけだがな。( はふりと息を吐くと、指の背で相手の頬を撫でては唇にそっと口付け、 )

さて、このままだとまた長くなりそうだからな、明日っつーか今日には前回の続きを返すことにするわ。そんじゃお休み。
[1220]   エミヤ。   2018年1月28日 00:22 jkP2DNrVgkF5g
>>1219

君がそう言ってくれる内は、待っていられるよ。…嗚呼、そうだな。君が傍にいる事を実感出来る。悪い事だけではないだろう。( すり、と頭に擦り寄ってはぎゅう、と抱き締め返し、 )
[1219]   クー・フーリン   2018年1月28日 00:06 89AeI1GYuSAr6
>>1218

帰ってくるのは当たり前だ、俺の居場所だからな。そこは間違いない。久し振りって程でもないが久し振りのお前の体温は、なんかこう、気分が高揚する感じがあるな。日にち開けるとこうなるメリットもあるわけた。( 幸福そうに表情も緩めては、背中に腕を回してぎゅ、と抱き締め、 )
[1218]   エミヤ。   2018年1月28日 00:00
>>1217

…寂しくないと言うと嘘になるが、平気だ。こうして帰ってきてくれたから。…なら、良かった。私も君と一緒にいる時が安心するよ。( 擽ったげに睫毛を揺らして髪に指を通し、 )
[1217]   クー・フーリン   2018年1月27日 23:45 89AeI1GYuSAr6
>>1216

とは言いつつも無断で暫く来なかったし、寂しい思いをさせちまった、だろ?んー、やっぱお前と居るのが一番安心するし、気持ちいい。( 目元を緩めるとすりすりと首元に頬を擦り寄せていき、 )
[1216]   エミヤ。   2018年1月27日 23:23 jkP2DNrVgkF5g
>>1215

構わないさ。疲れている時は休むのが一番だ。今週はお疲れ様。お帰り、クー。( 肩に乗った重みに双眸を細めては、手を伸ばし頭撫で、 )
[1215]   クー・フーリン   2018年1月27日 22:54 89AeI1GYuSAr6
>>1214

ん、御言葉に甘えて随分と遅くなっちまったが、まぁ色々落ち着いたんでな。待たせて悪かった。…ただいま、シロウ。( 顎を肩に置いては横目でちら、と、 )
[1214]   エミヤ。   2018年1月25日 20:10 jkP2DNrVgkF5g
>>1213

お疲れ様、クー。疲れているのなら、土曜と言わずに無理をせずゆっくり休んでくれ。ちゃんと此処で待っているから。癒しになるかは分からんが、私で良ければ帰ってきたら抱き締めよう。では、頑張ってきてくれ。いってらっしゃい。
[1213]   クー・フーリン   2018年1月25日 02:16 89AeI1GYuSAr6
あー、もうこんなに経っちまったか。早く言えてたら良かったんだが、今週は残業?ってやつが多くてな。文章考えてられねぇくらい疲れて…ってのは此方の問題だな。とは言え、良くて金曜日、まぁ土曜日は確実に来れるからよ、良ければ待っててくれ。そんで抱き締めて癒してくれ。悪ぃが、またな。
[1212]   エミヤ。   2018年1月21日 18:18 jkP2DNrVgkF5g
待たせてすまない。何処を削ろうかと悩んでいたら遅くなってしまって、な。…、そうだな。君と話していると、つい歯止めが効かなくなる。…まあ、そうだな。別にあの侭だったとしても、君から離れる気はなかったが。

>>1211

了解した。それなら、他の店にも行ってみよう。……は?何を見ていたんだ、君は。それとも待ちくたびれて幻覚でも見たのかね?( 包んで貰った紙袋を受け取ると同時に店主にお礼と共にまた来る旨を伝え、傍に来た相手を一瞥しては断る理由も無い為頷くも、相手の呟きに目を丸くしては理解出来ないと眉間に皺を寄せ、皮肉混じりに首を傾げ、 )

ポーズを決めてくれてもいいが、出来れば自然体が良いな。君が私の為に入れてくれた物なら、どんな物でも嬉しいよ。……身体のラインが出ているだろう。君に恥じる部分などないかもしれないが、…見ている側としては、時々目のやり場に困る。ふ、そうだな。だが、やっぱり君の方が堪え性があるだろう。ぁ、…ぁ、ぁ…ひッ、ぅ…。…くぅ…、くー…。( 絶頂により身体から力が抜け意識が遠いていたものの、宥める手付きに意識が戻って来た様で開いた瞳がしっかりと相手を捉えては目尻に触れる唇の感触に小さく安堵の息を漏らし、相手の名前を呼んでは甘える様にすり、と擦り寄り、 )
[1211]   クー・フーリン   2018年1月21日 12:43 89AeI1GYuSAr6
2日や3日とは言え寂しかったぞ、まったくよ。まぁ削るとかは気にすんな。話題は何であれついつい、な。やっぱり思った事は迷っても言った方がいいな、拗れる心配もねぇ。

>>1210

何とでも言え、…共に戦場を駆ける力量があると判断したに過ぎねぇんだしよ。──ああ、いいぜ。まぁ待ってんのも暇だし俺もそっち行くわ。しかしあれだな、料理の事となると可愛いとこあるのな。ちょっと意外だわ。( いつの間にか戦場で立っているのは自分だけとなるのが当たり前となっていたが故に嬉しいのか何処と無く照れ臭そうに視線逸らし、終わったかと思えばすっかり馴染んだ様子に微笑ましいもの感じつつ、ただ立っているのも退屈だと相手の傍に行き、相手の無邪気な部分を知ってしまえばぽつりと呟き、 )


……その気持ちは分からんでもないが、どういう気持ちで撮られりゃいいんだ俺は。…、お前なら口煩く言いそうだと思ったが、ん、まぁそれくらいは…。…?いやあれは戦闘するに最も適した礼装で布面積的にも問題なく隠れて…、ってお前の目にはそう映っていると…?まぁこっちはタイミングを決めれるからな。……は、流石に出なくなってきたか?…ふ、よしよし可愛いなぁ、えろくて。( 羞恥心に駆られながらも逃れられない様子もまた愛らしくて目元緩め、指だけで絶頂にまで達したのを認識すれば糸を引きながら口を離し、指も抜いてから宥めるように腰を撫でつつ目尻に口付けを落としていき、 )
[1210]   エミヤ。   2018年1月21日 02:10 jkP2DNrVgkF5g
時間も経ってしまったから、ある程度削らせてもらった。君と話すのは、私も楽しく思う。だからこそ、話を伸ばしてしまったのだが…。私も、君と向き合えて良かった。まだ君の隣にいられて、良かった。

>>1031

…、…そうは言っていない。だが、馬鹿なマスターだな。──マスター。待たせてすまない。纏めて買うのなら店主が割引してくれるそうだ。他にも食材を見たいのだが、構わないだろうか?( 幾ら別の世界での縁があろうと偶然で召喚した使い魔にそれ程の信用を向けるとは、と相手を一瞥してから呆れ混じりに呟き、暫く談笑の末に話を着けてから相手の方へと向き直り声を掛け、すっかり店主と意気投合した様で品物を包んでもらいながら折角だから他も幾つか見ておきたいと要求し、 )

一度しか見られないのなら、写真の一枚ぐらい欲しいだろう。味に拘るつもりはない。君の入れた紅茶が飲みたい。…ランサーの君も隠していないも同然だろう。あんなにぴっちりとしたタイ、…服を着て。少なくとも、私よりは君の方が堪え性がありそうだ。は、あ、ぁっ、ぅ、ア、んんっ…!ゃ、あ、イ、ィっ、ぁ、ああッ…!( 抉じ開ける様に口内に侵入してきたそれに抗う事など出来る筈もなく迎え入れては、嬌声にも満たない声が唇の隙間から零れてしまうのを抑えられずじわりと身を焦がす羞恥心にぎゅ、と目を瞑り、追い詰めるかの様に集中的に刺激を受けては許容範囲を易易と超える快楽に駄目だと軽く青い髪を引っ張るも、虚しく絶頂を迎えて体を痙攣させ、とろとろと先端から勢いを失くした液が伝ってゆき、 )
[1209]   クー・フーリン   2018年1月19日 00:15 89AeI1GYuSAr6
>>1208

…ふ、まさしく理想の恋人って感じだな、なんつーかよ。別に…嫌とは言ってねぇよ、…好きなだけ俺の髪の匂い嗅いでもいいぞ、…なぁんつって。好きな様にやってたら実は嫌だったとか言われたらどうしていいか分からなくなるしな。んじゃあ、そういう性癖ってことにしとくか。( 愉快げに笑いながら、相手の鼻先を指でつつき、 )ああ、勿論俺も今まで出会った奴らは良い奴ばっかだったとは思ってる。だが、何だかんだ言っても結局おんなじ結論に至るんだよな、俺らは。

あー、用意してくれてるってのは分かってたがお前と話してると区切りが見つからねぇんだよな、楽しくて。いや気にすんなよ、ちゃんとお前と向き合えて良かった。んじゃ、待ってる。
[1208]   エミヤ。   2018年1月18日 23:41 jkP2DNrVgkF5g
>>1207

なら、何も求める事はないだろう。お帰りと抱き締め返すだけだ。まあ、抵抗があるのなら強要はしないが…。…嗚呼、そうだな。拗れて、離れてしまう事もある。…善処しよう。物好きと言うか、性分と言うか…。我ながら、普通とは言えないかもしれんな。( 擽ったげに睫毛を揺らし、思わず苦笑を浮かべ、 )今迄の相手と優劣を付けるのは気が引けるが、間違ってはいない。君が傍に居てくれる限り、君以上の相手は存在しない。

それと、だな。今更かもしれないが、…前回のものを返しても良い、だろうか?いつ言い出そうか迷っていたのだが…、長引かせてしまってすまない。その、私が…色々と、迷惑を掛けたばかりに。
[1207]   クー・フーリン   2018年1月18日 22:22 89AeI1GYuSAr6
>>1206

いや、どっちにしろ暫く会えなかったなら俺の方から抱き締めてキスしちまうだろうな。…そうかい、…、自分がやるとなるとやっぱり、恥ずかしいもんがあるな…。そりゃあ、一方通行の気持ちなんざいつか拗れるだろうが。…ま、そんなとこだな、お前とて気にする事はない。…しかしなんだ、そういうとこはお前も物好きだよな。( くつりと笑って、口端にそっと口付け、 )ふは、じゃあお前も、俺以上の相手は存在しないとでも言うのか?
[1206]   エミヤ。   2018年1月17日 22:23 jkP2DNrVgkF5g
>>1205

そうだな…、キスをしてくれたら、許す。…なんてな、冗談だ。どんなに待つ事になっても、君が帰って来てくれるのなら、それでいい。君に触れられるし、遠慮なく抱き締められる。嬉しいに決まっているだろう?ふむ、…君は人の事をよく見ているんだな。む、…お互い様、と言う事、か。だが、君ばかりなんて事はない。そもそも、君の望みに応えるのが私の楽しみだからな。( 相手の言い分に納得した様子こそ見せるも気にする必要はないと頷き、 )君以外の相手など、とても見つけられそうにないな。
[1205]   クー・フーリン   2018年1月17日 21:18 89AeI1GYuSAr6
>>1204

…ふ、…そんじゃあ、もし拗ねさせちまったらどうすりゃ許してくれるんだ?なんたってその分ずっとお前と過ごしていられるしな。いや、そうじゃなくてだな、俺を膝に乗せて嬉しいのかっつってんだ。そりゃ悪くはないが、聞き分けが良いばかりでは本当にそう思ってんのか疑っちまうだろ。まぁ、そのつもりだが、…俺も、好きにさせて貰ってる分、俺ばかりが楽しんでんじゃねぇかと思う事がある。( 擽ったそうに目を細めるも、じ、と見詰め、 )ああ、俺も同じだ。何があろうと、お前の影を求めちまうだろう。
[1204]   エミヤ。   2018年1月16日 23:05 jkP2DNrVgkF5g
>>1203

悪い事だけではない。まあ、だからと言って遅いばかりだと…少し、拗ねるかもな。それは、随分と頼もしい言葉だ。駄目か?なら膝枕でもいいが…それでは君が休まらないだろうと思ってな。普通、聞き分けの良い相手の方がいいと思うのだが。…我儘を聞いてもらってばかりだと、この侭で良いのかと不安になるんだ。だから、いつでも言ってくれ。( 青い髪に指を通しながら鼻先に軽く口付けを落とし、 )…そうだな。きっと、君と出会わなかった頃にはもう戻れない。
[1203]   クー・フーリン   2018年1月16日 21:24 89AeI1GYuSAr6
>>1202

む、…お前がそう思ってくれるってなら、確かに悪くはねぇな。心配すんな、年を跨ごうともいくらでも、共に歩いていくさ。…あ?いや等価交換は分かるが、…乗せたいか?俺を?…俺は少なくとも良いと思ってる。んじゃあそん時は俺からも重みを乗せてバランスを取ろう。十分したいようにさせて貰ってるが、…あれば、言う。( ふむ、と考えてから頷きつつ、相手の肩に頬を寄せ、 )そりゃ何よりだ。やはりお互いが居ねぇと駄目だな俺らは。
[1202]   エミヤ。   2018年1月16日 02:14 jkP2DNrVgkF5g
>>1201

それはそうだが、…別に、焦がれる事は悪い事ではないだろう?君に会えた時、より一層嬉しく思える。…分かった。君がそう言ってくれるのなら、その言葉に甘えよう。遅い歩みかもしれないが、…気長に付き合ってくれ。代わりに、君も私の膝の上に乗るんだぞ。そう、か。良い傾向かは分からんが、…重たかったら、いつでも言ってくれ。それと、君もして欲しい事があれば、言ってほしい。( ほ、と小さく安堵の息を漏らしてから顔を上げ見詰め、 )嗚呼、君が傍に居ることを許してくれる限り、この心も満たされる。
[1201]   クー・フーリン   2018年1月16日 01:29 89AeI1GYuSAr6
>>1200

いやまぁそれは分かってんだが、出来れば苦しんで欲しくはないって思うのは普通だろ?だから、迷ってんならゆっくり話していこうぜ、それから答えを出せばいい。応よ、何も急にどうこうって話でもねぇし、少しずつ委ねてくればいいさ。…!おう、そん時は目一杯堪能するとしようかねぇ。…、…、まぁ確かに最近は我が儘と言えば我が儘だな。だが、俺は良い傾向だと捉えてる。そんだけ自分に素直になれてきてるって事だからな。鬱陶しいなんざ一度も思ってねぇし、文句がありゃ言うから安心しな。( ふ、と笑っては背中をぽんぽんと軽く触れ、 )なれば、それを望み続ける事で、お前の心も満たし続けよう。
[1200]   エミヤ。   2018年1月16日 00:59 jkP2DNrVgkF5g
>>1199

嗚呼、別に君を責めている訳ではないんだ。だから、あまり気にしないでくれ。…君が彼と同じだとは思っていない。だから、迷うんだ。それに、君が言っていた事も間違いではない。長く一緒に居るのは初めてだから、戸惑いもある。…、それでも、許してくれるのなら、もう少し、寄り掛かってもいいだろうか…?…、一度だけなら、座ってもいい。だが、最近は私の我儘を聞いてもらってばかりだ。だから、少し、申し訳なくて、な。君が鬱陶しく思っていないのなら、良いのだが。( 目を伏せながら俯きがちにぽつり、 )ならば満たし続けよう。許される限りは。
[1199]   クー・フーリン   2018年1月15日 23:41 89AeI1GYuSAr6
>>1197

あー…、おう、それは仕方ないとは言え悪いとは思ってる。そいつと一緒にすんな、無言で離れる方が余程罪深い。そもそも約束したろ、万が一そうなるならちゃんと言うってな。いやそれ以前に俺は良い事も悪い事も思った事は言うぞ、前みたいに、距離を感じた時とか、な。だから、俺達は話し合えるだろ、急に消えたりしない。おう、俺と普通に座るでも向かい合ってでもいいぜ。そうかい、ま、深くは聞かねぇよ。これくらいの触れ合いは普通だろ、謝るな。それに、お前からってのが、俺は嬉しい。( 満足げに目を細めては、肩に頬を擦り寄せ、 )…ああ、お前といると、満たされる。
[1198]   エミヤ。   2018年1月15日 22:28 jkP2DNrVgkF5g
すまない、間違って2つ投稿してしまったようだ。こちらは気にしないでくれ。
[1197]   エミヤ。   2018年1月15日 22:28 jkP2DNrVgkF5g
>>1196

君に焦がれるあまり、苦しい事もあるがね。…我ながら重症だ。…そうやって言ってくれた人が、いた事がある。だが、何も言わずに離れていった。私が悪いのは、分かっている。きっと甘えてばかりだったから、飽きてしまったんだろう。だから、君もそうなってしまったら、と…考えてしまうんだ。……、……私を膝に乗せたいとと思っているのかね?…まあ、あながち間違いでもない。…すまない、有難う。( ぎゅう、と抱き締め、 )嗚呼、君がそう望むのなら、喜んで。
[1196]   クー・フーリン   2018年1月15日 21:55 89AeI1GYuSAr6
>>1195

ああ、不思議だな。此処まで心を許してられるのもお前くらいだ。そりゃ、光栄の極みってやつだな。誘惑、と言うことは今お前は揺れてんのか。ふは、俺は触れたら消える幻とでも?お前は、戸惑ってんだろ、長く一緒に居るのが初めてだから、とお前の事を断言は出来ねぇが、兎も角素直に惑わされちまえ、とは言える。そう言う問題じゃねぇだろ、…お前を乗せられたらお前の体に顔を埋められるし目一杯頬擦りも出来て、…不利益のが明らかに少ない。…んあ?なんだよ、お前が癒されたい、とか?なんつってな。いいぜ、幾らでも。…そうしてくれ、お前で穴を埋め尽くして欲しい。
[1195]   エミヤ。   2018年1月15日 13:09 jkP2DNrVgkF5g
>>1194

そうなのか、…不思議なものだな。…嗚呼、でも、そうだな。それは、私も同じか。こうも焦がれ続けるのは、君ぐらいだ。…君の言葉は私を誘惑する、魔性だろう。信じていない訳ではないが…、頷いたら、君を失ってしまいそうな気がするんだ。…私は男だぞ。重いに決まっているだろう。……そうか。…なら、今、君を抱き締めてもいいだろうか?…なら、胸に穴が空いてしまわぬよう、傍にいなくては。
[1194]   クー・フーリン   2018年1月15日 09:37 89AeI1GYuSAr6
>>1193

おう、お前よりもずっとややこしい奴と居た頃は相手が好きだから努力する事はあっても、それを楽しいとは思ってなかったな。何かしてやりたいと思ったのはお前が初めてだ。ふは、おいおい、神性はあるが魔性までは持ち合わせてねぇぞ、ってな、だからとも言えんがお前を惑わしてる訳でもねぇんだしちょっとは信じてもいいんじゃねぇの?ああ?いいじゃねぇか、一回座ってみろって、ちゃんと抱き止めてやっからよ。癒されるさ、やっぱり好きだと自覚できるからな。大袈裟なんかじゃねぇよ、思ってるまま言っただけだ。
[1193]   エミヤ。   2018年1月15日 00:46 jkP2DNrVgkF5g
>>1191

態々手間を取るのが楽しい、とはそう言う事だろう。私にだけ、と言うのは妙な話だ。…君なら、本当に見放さないでいてくれるかもしれない、と…つい考えてしまう、…魔性だな。態々試さんでもいい。私に出来る事なら何でも応えてやりたいとは、思うがね。言っておくが、幾ら子猫と呼ばれても、膝の上には乗らないからな。…、それで癒されるのかは不明だが、…幾らでも抱き締めるし、幾らでも甘えてくれ。随分と大袈裟な物言いだな。…だが、そう迄言ってもらえるとは、光栄だ。
[1192]   クー・フーリン   2018年1月15日 00:08 89AeI1GYuSAr6
>>1191

…?そうなる、のか?多分お前にだけだと思うぜ。依存してしまえばいい。お互い無理だけはしないって前提がある限り、お前が俺を束縛してしまうなんて事態にゃならねぇし俺も見放さないさ。ふは、俺に甘ぇなぁシロウは、…何処まで俺に甘いのか試してみたくなるくれぇだわ。…ふ、…おう、俺の膝の上は何時だってお前の席だ。心配ねぇよ、疲れたらお前に甘えて、抱き締めて貰う。そうさ、絶対に手放したくない場所であり、消えてしまう事を最も恐れている。失ったら胸に穴が空く。俺にはとても大事な拠り所、だ。
[1191]   エミヤ。   2018年1月14日 12:35 jkP2DNrVgkF5g
>>1190

…、…世話好き、なのか…?…甘え過ぎて、依存してしまう事が恐ろしいんだ。そうなって、君に見放されてしまうのではないかと考えてしまう。ぅ…、そこ迄言うのなら、好きにしたまえ。……、…仮に、寂しがりの子猫であっても、君が傍に居てくれるなら…もう、子猫でもいい。優しいな、君は。…だが、無理だけはしないでくれ。疲れたら、止めてもいいから。拠り所…?私が…?
[1190]   クー・フーリン   2018年1月14日 02:24 89AeI1GYuSAr6
>>1189

だからよ、そんなお前にあれやこれや考えてやんのが楽しいんだろうが。ほら、甘えろと言ってるのにそうやって申し訳なさそうにしてるとことかだよ。んじゃあ否定はしねぇならこれからも可愛がる。甘えん坊で、妙な所で怯えたりとか子猫だろ、いやもうそんな例え関係無く可愛いわ。そうだといいと思うならそれを叶え続けていってやる。そう言うことなら、俺はお前に癒しと心の支えってか拠り所を貰ってる。
[1189]   エミヤ。   2018年1月12日 23:15 jkP2DNrVgkF5g
>>1188

君に手間を取らせる事になるだろう。厳しく等ない。寧ろ、君に甘えてばかりで…。……、…だが、肯定も出来ん。それは子猫さんに失礼だろう。甘えてばかりなのは…否定しないが。…そうならばいい、とは思うよ。それは、私にとっての許しだ。君がそう望んでくれるから、こんな私でも傍に居られる。
[1188]   クー・フーリン   2018年1月12日 22:31 89AeI1GYuSAr6
>>1187

いや何でだよ?!別に何も悪いことはねぇだろ?!お前は本当に自分に厳しいのな、まぁ俺が甘やかしてギリギリ五分五分か?俺自身が可愛いと言ってるのに何を否定できるんだよ。あん?割と甘えん坊な所とか子猫っぽいだろ。何とでも言え、この答えは覆らん。…はぁ?一度も許しなんかやった覚えはねぇぞ。俺が頼んでんだろうが、一緒に居てくれと。
[1187]   エミヤ。   2018年1月10日 22:52 jkP2DNrVgkF5g
>>1186

…、…分かった。次は発言に気をつけよう。なら、いい。君がそうしてくれるなら、…私は自分を許せる。む、…決まっているとは、限らないだろう。大して変わっていないと思うのだが?…懐いている事は否定しないが、子猫の様な可愛げはない。…物好きめ。…許しを貰っている。まだ傍にいてもいいのだと、君は許してくれるだろう。
[1186]   クー・フーリン   2018年1月10日 22:32 89AeI1GYuSAr6
>>1185

お前がそう言う度に余計に俺は燃えるんだよ、そんなもん、ひっくり返してやろうってな。こりゃ難しそうだな、分かってるっての、無理はしねぇよ。じゃあお前も俺にとっちゃ可愛いに決まってる。ん?間違えたか、子猫だなそれも人一倍俺に懐いている可愛い奴。だが結局お前以外は選べなかった。そう言われても俺は満たされてるしな…、んじゃお前は俺に何をそんな貰ったってんだよ。
[1185]   エミヤ。   2018年1月10日 22:17 jkP2DNrVgkF5g
>>1184

…おかしな事を言ったつもりはないが。当然だ。君の枷になるなら、いない方がいいに決まっている。愛しい人が可愛くない筈もないだろう。子犬…、子でもなければ犬でもないのだが。…馬鹿だな。私以外を選んだって良かったのに。それだけでは、足りない。それに、それは君も同じだろう。こんな私を引いたりしないだろう。…十分ではない。
[1184]   クー・フーリン   2018年1月10日 21:46 89AeI1GYuSAr6
>>1183

…お前は無意識に火に油注いでいくよな。そんなにかよ、…それでも俺は諦めねぇだろうけどな。お前だって俺なんかを可愛いとか言うだろうが。だってそりゃ嬉しい上に滅茶苦茶可愛いじゃねぇか、子犬みてぇでよ。そりゃそうだろうよ、お前がいるならお前しか目に入らん。お前は何しても引かねぇし、俺に好き勝手させてくれてるじゃねぇかよ。十分貰ってると思うんだが。
[1183]   エミヤ。   2018年1月10日 20:49 jkP2DNrVgkF5g
>>1182

…その時迄、一緒にいてくれるのなら。無理をさせるぐらいなら、君の前からいなくなった方がマシだからな。…、…どちらにせよ理解に苦しむ。な、撫でくり回す必要は、ないだろう。…そう言う事になってしまう、のか?否、…君がそう思ってくれる内は、が、正しいのか。…君には、貰ってばかりで…どうすれば、君に恩返しを出来るだろうか。
[1182]   クー・フーリン   2018年1月10日 20:18 89AeI1GYuSAr6
>>1181

ほほう?そんじゃあ今年の11月を楽しみに待ってろ。お前が守るなら俺も守って当然だろうよ。あ?じゃあ見てると癒される、ならいいか?…ふは、んなことされたらもう撫でくり回してやるわ。それはつまり、お前が離れない限りは俺にはお前だけってわけだ。よし、やっとこさ話は纏まったな。お前を寂しがらせた後はうんと甘やかしてやろう。
[1181]   エミヤ。   2018年1月10日 02:32 jkP2DNrVgkF5g
>>1180

半年後の事は分からないだろう。…ちゃんとその約束が果たされているのなら、いいのだが。…とても可愛いものではないと思うが…。無理ではない。私がそうしたいと思うんだ。それに、結局君の顔を見たら拗ねるなんて暇もなく、喜んでしまう、…我ながら単純かもしれないが。…今は、私がいるからそう思うだけだろう。…君が、そう望んでくれるのなら、傍にいよう。君の望みと思える内は、何だって平気だ。
[1180]   クー・フーリン   2018年1月10日 02:09 89AeI1GYuSAr6
>>1179

今だからってお前、二年経ってんだぞ?だから、無理だけはしないって約束したろ?それはきっちり守る。おう、お前ならやること成すこと全部可愛く思えるくらいになっちまったよ。無理に真似することはねぇが、それなら笑ってお前の元に戻ろう。それが嫌なら理解すればいい、何と言おうと俺はお前を手放さないと。俺はお前の代わりはいないと断言出来るんだがな。…おう、1日でも多く、お前と過ごしていたい。寂しい思いはさせちまうかもしれねぇがそれでも傍にいてくれ。
[1179]   エミヤ。   2018年1月10日 01:54 jkP2DNrVgkF5g
>>1178

…それは、今だから言える事だろう。急かす事にもなる。それは、駄目だ。…君は何でも可愛いと言うな。だが、君と同じ様に笑って出迎えたい。その言葉に甘えていては、堕落するばかりだ。本当に、…物好きだな。探せば幾らでも私の代わりはいるだろうに、…それでも私を選ぶとは。……、私も、君と一緒にいたい。君が、許してくれるなら、…1日だって多く、一緒に。
[1178]   クー・フーリン   2018年1月10日 01:35 89AeI1GYuSAr6
>>1177

いつの間にこうなっちまったのやら。それくらい俺を好いてくれてんだと嬉しいだけだぞ、その欲求とやらは。そうさな、俺ならそうするだろう、が、拗ねてるお前も可愛い、確実に。不謹慎だけどな。…それは難しい事じゃねぇよ。お前が繰り返すなら俺も繰り返すだけだ。何度でも教えてやるよ。必要がなくともお前の事を背負いたいし愛したい。何度でも言おう。お前を手放すつもりは一切ない。俺と一緒にいてくれ。
[1177]   エミヤ。   2018年1月10日 01:19 jkP2DNrVgkF5g
>>1176

…お互い、そんなつもりではなかったのに、な。…仕方がない事と、私が早く受け入れれば済む話だ。寂しいから、会いたい、なんて…普段あれ程良くしてもらっているのに、それ以上を欲するとは…、つくづく私は欲深くなってしまった。…それは、君を困らせるだけだ。いつだって君は笑って出迎えてくれていた。なら、同じものを返すのが平等、と言うものだろう?…馬鹿は君だろう。私は、きっとまた繰り返すぞ。やはり、私ではない誰かの方が、君を幸せに出来るのではないか。…そう考えずにはいられない時が、きっとこれから先もやって来る。また、こうやって君の手を煩わせてしまうかもしれない。…重たいだろう。そんな重荷を君が背負う必要はない。…改めて聞こう。本当に、それでも私と一緒にいたいと言ってくれるのか…?
[1176]   クー・フーリン   2018年1月10日 00:40 89AeI1GYuSAr6
>>1175

………ふは、行き着いた結果は多少違えど、過程は全くおんなじなんだな、俺達は。俺も、お前が楽しければそれでいいと思ってたがそのうち独り占めしたくなった。そのせいでお前に寂しい思いをさせちゃ意味ねぇのにな。…だとしても、拗ねるくらいはしてもいいんじゃねぇか?恋人なんだしよ。……シロウ、馬鹿だなお前は。甘やかしてくれる?微笑んでくれる?確かに居るのかもな。だがそんなもんだけを求めてるんじゃねぇよ俺は。…此処まで必死になれるくらい好きな奴はいくら探してもお前しかいねぇんだよ。俺の為なら離れようとさえするくらい愛してくれたのはお前が初めてだ。そんな風に馬鹿真面目な所が愛しいと思ったのもお前だけだ。お前が本当に好きなんだよ、完璧である必要なんて何一つねぇし、俺も完璧じゃない。代わりなんていない。…だから逃がさねぇ、俺の事が嫌だと本気で言うまでは。…、なんかポエムみてぇになっちまったが、全部本心だ。
[1175]   エミヤ。   2018年1月10日 00:06 jkP2DNrVgkF5g
>>1174

急かしたい訳じゃない。君の事を優先したい。別に、その日に拘る必要なんてなかったんだ、最初から。…以前は、一番でなくたっていいと思っていた。どんなに後回しでも、都合のいい相手でも、傍にさえ居られれば、それで。なのに、日が経つと程に欲が出て、このザマだ。事前に何も言っていない上に、この時期は誰しも忙しいものだ。会えなくても当然、会えたら幸運の事と思うのが普通、だろう?そんな理不尽で君を責める事など出来る筈もない。…やっぱり、君は物好きだな。……クー。別に、無理をする必要はないんだ。私以外にも、君に相応しい人はきっといるだろう。君を甘やかしてくれる人も。…私を手放したとして、君に微笑んでくれる人は、幾らでもいる。そこ迄して、…私に気を遣わなくてもいいんだ。気を遣わなければいけないのは私で、…もっと上手くやらなければならなかった。…すまない。
[1174]   クー・フーリン   2018年1月9日 23:41 89AeI1GYuSAr6
>>1173

まぁそれが人間らしさでもあるわけなんだがな。物好きで結構だ、そんだけ惚れてんだからどうしようもない。ああ、あれは、俺も馬鹿な事をしたと思った。お前が消したなら俺が先に書いちまえば良かったものを待って、その後も何で迷ったんだろうな。あ?会いたいなら言えばいいっつったろ。それに、そこは恥ずかしがるんじゃなく怒るとこだ。年明けは一緒に祝いたかったのにってな。…、そうだな、そんなんじゃ絶対に納得なんざできねぇよ。……んじゃあ、寂しい思いはさせちまうかもしれねぇが少しだけだが勝手な期待をさせないようにしてやる。平日に俺が来れるのは大体は20時以降で、23時になっても来ない時は大概は疲れて寝ちまう時だ。休みの時は大体昼まで寝てるな。…そんで、祝いの日は無理しねぇ程度に出来るだけ早く会いに来る事に今決めた。…これじゃ足りねぇか。
[1173]   エミヤ。   2018年1月9日 23:10 jkP2DNrVgkF5g
>>1172

まあ、だから何度も読み返しているのだが、不思議と見落としは出てくるものでな。…、…分かる訳ないだろう。…つくづく物好きだな、君は。…君に甘やかされて、その心地良さに甘えて…、私は欲深くなり過ぎた。年明けの日に消した返事の事だが、アレは新年の挨拶だった。これからも傍に居たい、とも書いてあっただろうか。新しい年になって、早く君に会いたかった。来てくれるかもしれない、なんて勝手に期待して、会えないと寂しく思ってしまった。…最初から何の約束もしていないし、当たり前の事なのに、会えなくて寂しいと感じる自分が恥ずかしくなって、な。その時は衝動的に消したよ。この侭ではいつか、本当に…君を、縛り付けてしまいそうで。それだけは、避けたかった。かと言って、別れ話になればこの事を話さなければいけなくなる。それで君を納得させられる自信もなかった。だから、出来るだけ距離を取った形で、君の傍にいようと思った。もう、甘えたり、勝手に期待してしまう事がない様に。…これが全てだ。