なりトーク R18

-なりチャ、キャラなりきりチャット-

捨てられた奴隷【個室】 (66)

[1] ななみ

2017年7月21日 01:08

個室お作りしました。設定等おねがいします。
[2] ななみ

2017年7月21日 01:10

一応ここにも設定置いておきますね。

名前→ななみ(小さい頃から奴隷として生きていた為苗字がない)
身長→153㌢
体重→40㌔
容姿→グレーの瞳で少したれ目。全体的にフワフワして可愛い印象だが身なりが汚く髪の毛がボサボサ。
性格→オドオドしていて声が小さい。暴力をふるわれていた経験から少し人間恐怖症になっているが1度依存したらすごく懐く。自傷癖あり。


萌え→拘束 無理矢理(レイプ) 玩具 快楽責め(クリ責め等) 目隠し 潮吹き ナドナド色々大丈夫です。
萎え→グロ 死ネタ スカトロ等の汚いこと。
[3] 希望

2017年7月21日 01:13

名前・工藤佐助(クドウサスケ)
性別・男
年齢・20
性格・人生前向きにをもっとうに生き、自然と周囲に人が集まるタイプ、動物だろうが人だろうが関係なく同じように接し、そして同じように助けてしまう、自分の手の届く範囲は助けるつもりの人間
容姿
身長170cm、鍛えているのか体つきはよく、体は大きいものの、穏やかな雰囲気をもち、頭は角刈り、目付きは鋭く、いつもサングラスをかけている

ざっとこんな感じですね!
[4] ななみ

2017年7月21日 01:14

>>3

ありがとうございます、それでは早速始めたいと思うのですが先ほどの続きからで大丈夫でしょうか?
[5] 佐助

2017年7月21日 01:16

>>4


そうですね!お願いします!
[6] ななみ

2017年7月21日 01:17

>>5



んっ……、あっ ごめんなさい…。邪魔ですよね

(声をかけられうっすらと目を開けると目の前に男の人がいてビクッと肩を震わせるとボロボロの身体でその場を離れようとして)

[7] 佐助

2017年7月21日 01:26

>>6

いやいや、お腹減ってる?ほら

(ぼろぼろな状態で、しかもお腹が減ってそうだと思い、コンビニ袋からおにぎりを一個取り出しては、開けるとそれを口元に持っていってあげて、ついでに水のペットボトルも取り出しては)
[8] ななみ

2017年7月21日 01:34

>>7


え…? んんっ、!
(突然お腹すいてるか聞かれて振り返るとおにぎりを口に付けられて驚くも反射的に咥えてしまい 困惑しながらも咥えた分はモグモグと食べていて)
[9] 佐助

2017年7月21日 01:39

>>8

落ち着いてくいな、ほれ水もあるぞ

(渡したおにぎりが一瞬してなくなってしまえば、慌てて食えば喉の詰まると思い、蓋を開けた水を渡して、とりあえず普通に話せる程度までなるまで待っているようで、幸い、ここは普段は人が通らないため、人気を気にしないでいることができ、自分もその場に座っている)
[10] ななみ

2017年7月21日 01:42

>>9


あ、あの。…ありがとうございます 美味しかったです。

(水を少し口に含み飲み込むと、ぎこちなく笑みを浮かべて ここ1週間ろくに食事をしていなかったため普段より美味しく感じるそのおにぎりは少し心を落ち着かせる材料となった)
[11] 佐助

2017年7月21日 01:45

>>10

ふーん・・・うちにくるか?

(頭から足先まで観察し、お礼を言われると、ぽんと何か思いついたかのように上記を言っては、その姿や、状況からおそらく捨てられたか、もしくは逃げてきたのかと思い、ずっとここにいる訳にも行かないため、とりあえず家に来るかときいてみて、ついでにおにぎりをもう1個渡して)
[12] ななみ

2017年7月21日 01:48

>>11

そんなこと…出来ないですよ 迷惑になってしまいます。

(うちに来るかと言われると少し気持ちが揺らぐが怖い気持ちが勝ってしまい、自分で傷付けた手首をぎゅっと握り)
[13] 佐助

2017年7月21日 01:53

>>12

んー、ならこうしよう、一人暮らしは寂しくてな、一緒に家事とかしてくれると心強い、あとは、3食昼寝付きだ!それとぉ・・・まあ、なんだ、一緒にくれば俺も納得、君も幸せてね

(たしかにほいほい付いていくような感じではないため、それなら場と、上記を言っては、ただで済むのではなく家事などを一緒に手伝ってくれといい、さらに食事付きでおにぎりよりも美味しいものもあると飯でつってみては、最後にニコッと笑うと思いついた言葉を言ってみて、サングラスはかけているも、優しい雰囲気を出していて)
[14] ななみ

2017年7月21日 01:58

>>13


その…迷惑じゃ、無ければよろしくおねがいします。

(そう言うとぺこりと頭を下げて、優しい雰囲気の相手に少し心を許したような表情で顔をあげて)
[15] 佐助

2017年7月21日 02:01

>>14


よっしゃ、それじゃあ早速行こか!お嬢ちゃん!・・・乗りな

(話がまとまれば、いつまでもこんな地味地味とした場所にはおらずに早速移動しようと立ち上がっては、ふと、ボロボロ泣いあなたを見れば服装のこともあり、自分の上着を渡しては、再度、しゃがみ込むと背中に乗るように言っては)
[16] ななみ

2017年7月21日 02:04

>>15

…えっ、と。

(相手から上着を貰うと暖かさにぎゅっと上着を握りしめて 相手が目の前にしゃがむとどういう意味か分からずキョトンとして)
[17] 佐助

2017年7月21日 02:06

>>16


ん?おんぶやおんぶ、疲れとるやろ?乗りな

(待っていても背中に乗ってこないため、後ろを見るとどうやら分かっていなかったようで、背中に乗るように説明して、一応、表に出れば人目をあるため、上着で体を隠して、おんぶで家まで一緒に行こうという考えで)
[18] ななみ

2017年7月21日 02:09

>>17


あ、 失礼します。

(戸惑うもこれから主人になる人に逆らえないと相手の背中に乗り 不思議と恐怖心はないもぎゅっと相手の肩を掴んで)

[19] 佐助

2017年7月21日 02:13

>>18

よーし、じゃあ行くぞ!

(背中に乗ったのを確認すれば、落とさないようにしっかりと脚を支えて、すこし前かがみになって乗りやすくしては、歩き出し、できるだけ早く着くように早足になっていて、そのままどこにも寄らずに家まで行っては、幸運にも家はすぐ近くで、セキュリティつきの大きな家に住んでいる)
[20] ななみ

2017年7月21日 02:14

>>19

わぁ…大きなお家。

(そう呟いて相手の住んでいる家をまじまじと見つめて)