[ページ移動] [投稿]

悪魔を召喚したけど…

[42] ソウル 2017年9月29日 00:08
【上げときます】
[41] ソウル 2017年9月11日 19:52
【上げときます】
[40] ソウル 2017年9月7日 23:18
ミーナ、ありがとうな…えっとさその本当に好きにして良いか?///(好きにして良いと言われて一応確認を取る)
[39] ミーナ 2017年9月7日 22:58
>>37
…ありがと…といっておくね…

(貴方なりにきを使ってくれていることがわかっていたのでこちらも笑いながら貴方にだきつき好きにしていいと伝えて)
[38] ソウル 2017年9月7日 22:43
【上げときます】
[37] ソウル 2017年9月5日 04:13
ミーナ…ワリィ、結局不安になる事言って…でもな俺はミーナが好きだ、だからな不安なんてさせねぇよ。
だから、コレしか今は応えられない…(そのまま彼女の唇にキスを自分の想いただぶつけ、不安にさせない様に)
[36] リーナ 2017年9月5日 01:26
>>35
何度か顔見知りを搾り取られて亡くしてるからわかるよ。
けど、貴方となら私沈んじゃおうかなって…。

(赤くなりながらも何人か知っている人がサキュバスに搾り取られて死んだことをはなしだが悪魔の魅力とはなぜこんなにも甘美で期待が深まるのか、キスだけで貴方の虜になってしまったらしく出来ようが出来まいが沈んでしまいそうだと話し)
[35] ソウル 2017年9月5日 00:02
【33のメッセージでちょっと続き書いときます】
そう言えば女の悪魔でサキュバスって、言うのが居たな。
人間の男を惑わすのが得意な奴でさ、中には人間と結婚した奴も居るって聞いた事が有るんだ、俺は普通の悪魔とは、魂が違うからさ、まだ可能性は有るかな(ミーナを不安にさせないようにその可能性を口にする)
[34] ソウル 2017年9月4日 23:04
【上げときます】
[33] ソウル 2017年9月4日 19:37
さぁな、人間から悪魔に転生した異例の俺が居るんだ。
なんでこんな事を言うかって、言うと100年ぐらい前だったかな、なんとかのじいさんが【お前さんは、珍しい魂をしてるな】って、魂の前世を見たら若い人間らしくてさ、それ以外分からないんだ、まぁ、あれだ元は人間で悪魔だが宜しくな(ミーナの頭に手を置きポンポンと叩く)
[32] ミーナ 2017年9月4日 19:22
>>30
うん、大丈夫。
子供できるのかな?

(すこし赤くなりうなずいたあとてを握って照れ臭そうにしていたが悪魔とは子供ができるのかとおもい聞いてみて)
[31] ソウル 2017年9月4日 18:22
【上げときます】
[30] ソウル 2017年9月3日 23:48
【大丈夫ですよ】


ミーナ…可愛いな(そのまま抱き締め場に流され胸が高鳴り自分の気持ちを告げる)

あのさ、俺悪魔だけど、ミーナの事さ…好きになったみたいだ、キスが気持ち良くて胸が高鳴ってさ、主に恋する。
悪魔で良いか?(チラチラとミーナの顔を見る)
[29] ミーナ 2017年9月3日 23:38
>>27
ん…

(受け止めていると非常に安心しておりそのままおとなしくしていては目を閉じていて)

見落としていましたすみません!
[28] ソウル 2017年9月3日 21:44
【上げときます】
[27] ソウル 2017年9月3日 00:30
んっ…ミーナ(唇を合わせ指を絡める胸が熱くなる)
[26] ミーナ 2017年9月3日 00:25
>>25
んっ…。

(悪魔とは思えない優しい接し方に安心したのかぎゅっと手を握るものの抵抗はなく唇をあわせては目を閉じていて)
[25] ソウル 2017年9月3日 00:21
まだ、色々早いから押さえろ(服を着なおせる)
とりあえずだ…こっち向け…んっ(ミーナの顔に近づけゆっくりキスをする)
[24] ミーナ 2017年9月3日 00:15
>>23
魔力たまったらで大丈夫だけど練習…しとく…?

(赤くなりそのようにいいながらもゆっくりと上着を緩めて柔らかい谷間をすこし見せるような形の服装になり人差し指を軽く加え首をかしげていて)
[23] ソウル 2017年9月3日 00:13
ああ、もう(頭をかきややため息を吐いた)
そのさ、俺さ…キスもまだしたことないからさ…ゆっくりで良いか?(ミーナの顔を見て顔を赤くする)
[22] ミーナ 2017年9月3日 00:07
>>21
平気…だって貴方を失えば…私も死んじゃうし…こんな臆病者に彼氏なんてできないから…。

(死にたくないのもあるが貴方が辛いのもいやだと話し、彼氏いない歴年齢だとこちらと暴露したあげくそのまま見つめており)
[21] ソウル 2017年9月3日 00:01
は?‥……ハアァァァ?!(あんまりの驚愕の真実に驚き叫ぶ)

マジかよ、言っとくけど、俺は‥…恥ずかしいけど童貞だ、闘いばかりでな、魔界に彼女なんて居ないし‥…そもそも初めて会った奴だぞ、ミーナは平気か?(ミーナの顔を見て真剣に尋ねる)
[20] ミーナ 2017年9月2日 23:54
>>19
せ、性行による射精…。

(貴方が人型でよかったといえばもしかすると大型の悪魔や触手、そのたもろもろから吐き出さなければ行けなかったことを説明し真っ赤になりながらも貴方の近くに行き)
[19] ソウル 2017年9月2日 23:44
そうだよな、魔力が溜まり過ぎると俺全然ダメだからな

で、その方法は?(ミーナの顔を見て真顔で尋ねる)
[18] ミーナ 2017年9月2日 23:40
>>17
けど悪魔に必要な魔力排出口がこの世界にはない…それをどうするがだけど。
そのひとつだけ…ここでも発散する方法があるの…。

(悪魔には適度に魔力の排出をしなければならないのだが特殊な魔力排出口でしか発散することができず、この世界には存在しないため、魔力をためすぎるとからだが爆発してしまう危険性もあり途中から顔を真っ赤にしてそのようにいい)
[17] ソウル 2017年9月2日 23:34
どんな世界でも争いか…良いぜ俺はミーナを護る悪魔だミーナを護るよ!(右手を掲げ誓いを立てる)
[16] ミーナ 2017年9月2日 23:30
>>15
ここ、戦がさかんなの。
こっちからは仕掛けないけどもしかしたらどこからか仕掛けてくるかもしれない。

(こちらは戦闘をあまりしたくないが至るところで命がけの戦いが繰り広げられているらしく、魔術から近接までいろいろと人にもタイプがあり)
[15] ソウル 2017年9月2日 23:27
どういたしまして、それで俺を呼んだけど
これから、どうする?契約上は主の判断だけど、人を襲うとかは、主の命令とかな、俺はしないけどな…俺さ人間から転生した悪魔なんだ(思わず自分の事を口にしやや上を見上げる)
人間の頃の記憶は、無いが悪魔も悪く無いさ(やや笑って応える)
[14] ミーナ 2017年9月2日 23:21
>>13
っ…元気になった。
ありがとう。
(力が皆切るらしく起き上がればそのようにいいながら特にやることもないが貴方の優しさに笑顔を、みせてお礼をいい)
[13] ソウル 2017年9月2日 23:15
そうかい、にしても大したモンだ、俺を選ぶとは大した奴だよ、ちょっと待ってろ(右手に魔力を集中しミーナの生命力を活性化させる)
パスが通ってる、恩恵だ
[12] ミーナ 2017年9月2日 23:09
>>11
大丈夫、すこし寝れば楽になるとおもう…から。

(近くにいてくれる貴方の優しさを感じてはやれることと言われても思い付かないでいたが無意識に不安で手を握る形になっていて)
[11] ソウル 2017年9月2日 23:07
ったく、可愛い顔して無茶する奴だ、俺割りと上級クラスで結構死線を潜って来たからな(そう言って相手をお姫様抱っこしベット方に乗せる)
さてと、何か話して欲しい事とか有るか?俺の身の上話でも良いけどな(やや笑いながら顔を向ける)
[10] ミーナ 2017年9月2日 23:03
>>9
うん、その契約ありがと…。

私も頼れる主になるよう努力するね。
…あれ…?

(照れ臭そうに笑いながら刺青をみればすこし嬉しそうで貴方ほどの悪魔を呼び出したので力が入らなくなりその場に座り込んでしまい)
[9] ソウル 2017年9月2日 23:00
正直な、主様で・・・さてと始めるぜ(そう言うと紅い魔力が発生し円状の六芒星の魔法陣が展開し契約の言葉を発する)
我、紅き魂に誓う・・・汝の血と魂が尽きる時まで共に居る、この紅き悪魔ソウル・オブ・ブッラドの紅き魂は汝を護る・・・悪魔だ!(一瞬だけ元の姿に戻るが直ぐに普段の姿に戻る)

ふ~う、契約はこれで終わりこれでパスが通る様になるんだ俺の魔力とかそっちに流れてそっちの魔力がこっちに流れて来るって訳さ(そう言って右手を見せ紅い爪の刺青が刻まれ其方の手にも刻まれる)
[8] ミーナ 2017年9月2日 22:37
>>7
う、うん…!

(召喚師であるものの多少の魔法を心得ているらしく氷の棘を作れば指をすこし、傷つけ貴方の手に触れては迷いなく契約に応じることにして)
[7] ソウル 2017年9月2日 22:33
成る程、つまり俺は強いから選ばれた訳か・・・後そんなに泣くな取って食ったりしねぇよ(少しニヒルに笑うが、相手の泣きそうな顔を見て頭をかく)
兎も角俺の主って訳だな、んじゃ契約でもすか・・・取り合えず契約内容は悪魔の中でも色々有るが、じゃあ、少し指切って血だな軽い傷で良い
で、俺の右手に触れてくれこれで契約は出来る・・・まぁ、俺もラッキーだと思ってるぜ可愛い主と出会う切欠になったからな・・・(ニヤニヤと笑みを浮かべる)
[6] ミーナ 2017年9月2日 22:28
>>5
っ…ご、ごめんなさい…。
私召喚師で…強い召喚獣がほしかったから…。

(精密に作られており陣もオリジナルのものを使っている天才的な発送だが制御するための経験や、威厳が足りてないだけらしく怖くていまにも泣いてしまいそうで)
[5] ソウル 2017年9月2日 22:24
ああ、宜しく・・・しかし、アンタ見たいな人がね?(そう言ってミーナの顔を見る)
でさ、何で俺呼んだ訳?見るからに魔術師や黒魔法とかそう言う関連じゃねぇだろ?(そう言って辺りを見渡し何処か落ち着いた部屋で自分が呼び出された魔法陣を見る)
[4] ミーナ 2017年9月2日 22:21
>>3
よろしくお願いします。
えっと…こちらからはじめてもよろしいですか?
[3] ソウル 2017年9月2日 22:18
名前:ソウル
年齢200歳(外見年齢27)
性別男
性格無茶で喧嘩早い性格、誰かをまだ好きになった事は無く恋を知らない
容姿:黒のショートカットスタイル、右手に包帯を巻き普段自分の魔力を抑えてる、身長170cm
普段着黒のシャツとジーパン
魔力解放後、髪の毛は逆立ち黒の翼を伸ばし右手の肘に大きな棘を伸ばし右手は紅く染まる。
全身が黒く刺々しい姿になる。
備考:魔界では、負け無しの紅き魂を持つ【ブラッド・ソウル】と呼ばれたが間違って召還に応じ人間界にやって来て
先ず最初に言った言葉は【お前が俺の主・・・マジかよ】そう言って奇妙な出会いが始まった。


萎えは死にネタ SM

【参加希望です】
[2] ミーナ 2017年9月2日 21:30
上げます