表示設定を共有できる[みんなの表示設定]を実装しました。オススメの表示設定を絶賛募集中です。

R18乙女ゲームの悪役令嬢は恋愛フラグをへし折りたい。転生NL男性募集中

[クイックビュー(ベータ版)]
[1を表示] [昇順] [降順]
[投稿]

[1]悪役令嬢2022年7月30日 23:11

ご機嫌麗しゅう(ドレス掴みぺこり)
本日は現代OLが事故死をし、R18型乙女ゲームに異世界転生、あろうことか悪役令嬢の枠に嵌ってしまったが、まさかのヒロイン蚊帳の外&恋愛・R18イベントフラグまっしぐら…といった内容でお相手をしてくださる男性を募集させていただきますわ。
あくまでギャグコメでありラブコメ、強制R18イベント発生等なので、日常パートや18禁パートがところせましと多めですわね?

改めて募集タイプを載せさせていただきますわよ!
俺様系生徒会長(3年・次期国王の王子兼婚約者)、遊び人副会長(2年・悪役令嬢側公爵家幼馴染み)、クール系風紀委員長(3年・婚約者側護衛騎士)、色香漂う教師(保健医)、男気溢れる教師(担任)

完全オリジナルストーリーですので、学園生活をしながらもまぁ…口付けや触れる程度の強制イベントとかあれば……えぇ。


PF
名前・転生前/アイリス・ルーヴェルダ(前・小林沙也香)
年齢・学年/17歳、2年生
階級/公爵
容姿/ブロンドの髪は緩めの縦巻きロールにしており赤いリボンでハーフアップに、まつ毛は長く緩やかな上向きカールになっており瞳はアイスブルーのパッチリ二重。ややツリ目気味。身長164cm、体重52kg、胸囲F程で色白の肌。出るとこは出て締まるとこは締まっている。学園指定の白い制服を着用し、胸元は女子生徒のみリボン。スカートは長さが自由なのか膝までの長さで裾には白いレースをあしらっている。常にレースが着いた扇子を所持。
備考/公爵家の生まれ。他には兄が一人いるのだが兄妹仲も家族仲も良好。元々はゲーム作品内の悪役令嬢だったのだが、OL時代で事故死をしてしまいアイリスとして転生。彼女の立場を幼少期に理解しているために、破滅エンド回避のため傲慢な性格にはならないよう過ごしていたら誰からも愛される令嬢になった。故に悪役令嬢という肩書きが掠れつつあるのは本人のみぞ知る(←)。とはいえヒロインにではなく自分に何かしらのイベントが発生する度に何とかヒロインに流れるよう彼らから逃げている。

[4]悪役令嬢2022年8月3日 23:28

んん…募集しますわ

[3]悪役令嬢2022年8月2日 17:19

ふむ…近代科学がない時代での夏の過ごし方は、如何に涼しく出来るかの知恵の披露会にならざるおえないかと。
では、募集致しますわよ。

[2]悪役令嬢2022年8月2日 01:26

募集致しますわ

[1]悪役令嬢2022年7月30日 23:11

ご機嫌麗しゅう(ドレス掴みぺこり)
本日は現代OLが事故死をし、R18型乙女ゲームに異世界転生、あろうことか悪役令嬢の枠に嵌ってしまったが、まさかのヒロイン蚊帳の外&恋愛・R18イベントフラグまっしぐら…といった内容でお相手をしてくださる男性を募集させていただきますわ。
あくまでギャグコメでありラブコメ、強制R18イベント発生等なので、日常パートや18禁パートがところせましと多めですわね?

改めて募集タイプを載せさせていただきますわよ!
俺様系生徒会長(3年・次期国王の王子兼婚約者)、遊び人副会長(2年・悪役令嬢側公爵家幼馴染み)、クール系風紀委員長(3年・婚約者側護衛騎士)、色香漂う教師(保健医)、男気溢れる教師(担任)

完全オリジナルストーリーですので、学園生活をしながらもまぁ…口付けや触れる程度の強制イベントとかあれば……えぇ。


PF
名前・転生前/アイリス・ルーヴェルダ(前・小林沙也香)
年齢・学年/17歳、2年生
階級/公爵
容姿/ブロンドの髪は緩めの縦巻きロールにしており赤いリボンでハーフアップに、まつ毛は長く緩やかな上向きカールになっており瞳はアイスブルーのパッチリ二重。ややツリ目気味。身長164cm、体重52kg、胸囲F程で色白の肌。出るとこは出て締まるとこは締まっている。学園指定の白い制服を着用し、胸元は女子生徒のみリボン。スカートは長さが自由なのか膝までの長さで裾には白いレースをあしらっている。常にレースが着いた扇子を所持。
備考/公爵家の生まれ。他には兄が一人いるのだが兄妹仲も家族仲も良好。元々はゲーム作品内の悪役令嬢だったのだが、OL時代で事故死をしてしまいアイリスとして転生。彼女の立場を幼少期に理解しているために、破滅エンド回避のため傲慢な性格にはならないよう過ごしていたら誰からも愛される令嬢になった。故に悪役令嬢という肩書きが掠れつつあるのは本人のみぞ知る(←)。とはいえヒロインにではなく自分に何かしらのイベントが発生する度に何とかヒロインに流れるよう彼らから逃げている。